camilyを便利に使おう

3つの質問に答えて、
自分にあった記事リストにしよう

会員登録はいりません

  • 1
  • 2
  • 3

2016年10月08日

バルーン出産ってどんなもの?時間、費用、痛み、メリット・デメリット

提供元: cozreマガジン

予定日を大きく過ぎても産気づかない場合、陣痛・出産を促す為にバルーンと呼ばれる風船のような形の器具を使うことがあります。また、無痛分娩時にもバルーンを使って分娩につなげていく場合があります。

「バルーンを入れるのは痛い」という感想を耳にされたことがある方もいらっしゃるかもしれませんが、実際のところ痛みはどうなのでしょうか。

また、分娩所要時間や費用、メリット・デメリットも気になるところですよね。今回は、バルーン出産について詳しく説明します。

バルーン出産って?

子宮口を広げ陣痛・出産を促す

風船の写真,バルーン,出産, 出産予定日を過ぎてもなかなかお産が始まらなかったり、出産予定日を決めて分娩を行ったりする場合、人工的に陣痛を起こして分娩につなげていきます。こうした分娩方法を誘発分娩といいます。

バルーンとは誘発分娩で行われる処置の1つで、正式にはメトロイリンテルといい、メトロと略していわれることもあります。子宮口を開く器具で、風船のようなかたちをしています。バルーンには何種類かサイズがあり、子宮口の開き具合によって使い分けられます。

なお、バルーンの他には、以下のような方法が誘発分娩に用いられ、子宮口の開き具合や陣痛の様子などをみながら、どのような処置を行うか決めていきます。

ただ、バルーンを使うには、子宮口が2cm開いている、臍帯下垂(子宮口と赤ちゃんの間にへその緒が下がってきてしまうこと)ではない、などの条件を満たしていなければなりません。

そのため、子宮口は少し開いていても陣痛が弱くてお産がなかなか進まない場合などに使われることが多いようです。

また、逆子の場合などにも使われます。子宮口が十分に開いていないとへその緒が圧迫されて赤ちゃんが酸欠になる恐れがありますので、バルーンを使って子宮口をしっかりと開かせるのです。

・卵膜剥離

赤ちゃんを包んでいる卵膜を子宮から少し剥がすことです。この刺激によって、子宮口が開いたり陣痛が促進されたりします。

・ラミナリア

乾燥した海藻でできた棒のような器具です。子宮頸管に入れ、子宮頸管からの分泌液で膨張させて子宮口を開いていきます。

・陣痛促進剤

点滴をする妊婦のイメージ,バルーン,出産, 陣痛を促進するお薬で、プロスタグランジン(飲み薬や点滴)とオキシトシン(点滴のみ)があります。プロスタグランジンには子宮口をやわらかくする働きがありますので、お産が始まる傾向がない場合に特に有効です。

様子をみながら、少量ずつ使っていきます。飲み薬の場合は、1時間に1錠ずつ飲んでいきます。点滴の場合は、20~30分を目安に少しずつ量を増やしていきます。

バルーンだけで陣痛を起こす場合もあれば、陣痛促進剤がなかなか効かないときにバルーンを使う場合もあります。また、子宮口が4~5cm開いてバルーンが外れても陣痛がこない場合は、陣痛促進剤を使うことがあります。

無痛分娩で使用するケースも

分娩時に麻酔を使って痛みを和らげる無痛分娩でも、バルーンを使用することがあります。というのも、陣痛がきてから無痛分娩の準備をしていては間に合わないことがあるからです。

そのため、出産予定日を決めて出産する計画分娩を行う場合は、バルーンを使って分娩につなげていくのです。この場合も子宮口の開き具合や陣痛の様子によっては、バルーンの他に陣痛促進剤を使うこともあります。

バルーン出産の手順

バースデーカードの写真,バルーン,出産, まずは、子宮口が2cm以上開いているか、臍帯下垂ではないか、の確認を行います。これらの条件を満たしていれば、バルーンが使用できます。

なお、バルーン使用中はモニタリングを行い、妊婦さんや赤ちゃんの様子を常にチェックしながらお産を進めていきます。

バルーンはしぼんだ状態で子宮腔内に入れます。挿入自体は1分ほどで終わります。その後、様子をみながらバルーンの中に徐々に滅菌蒸留水を注入していきます。

バルーンを入れると子宮内圧が上がります。バルーンに滅菌蒸留水を入れるとバルーンが膨らみます。これらによって子宮筋が刺激されて、陣痛が起こったり促進されたりします。

また、子宮筋を刺激するとプロスタグランジンというホルモンが分泌されます。これによっても陣痛が起こったり促進されたり、子宮口もやわらかくなります。

こうして子宮口が4~5cmほどに開いていくと、バルーンは自然に外れます。この頃には陣痛がきていることが多いです。その場合は、そのまま子宮口が全開になるのを待ち、分娩となります。

ただし、陣痛がこなかったり弱かったりする場合は、陣痛促進剤を使用します。それでもお産が進まず、赤ちゃんの状態から必要だと判断された場合は、帝王切開になることもあります。
陣痛促進剤、使う?使わない?効果や費用、出産への影響

痛みは?出血は?

どんな痛み?タイミングは?

風船の写真2,バルーン,出産, 子宮口が2cm以上開いた状態で挿入しますので、挿入時はそれほど痛みを感じることはないようです。また、バルーンを入れてしまうと痛みは感じないといわれています。

ただ、バルーンを入れている間、圧迫感や違和感があったという方は多いようです。一方で陣痛が始まっている場合などは、バルーンを使っていることにすら気付かなかったという方も少なくないようです。

子宮口が開いてくると、バルーンは自然に外れます。体外に出てくることもあれば、そのまま子宮の中にとどまっていることもあります。どちらにしても、外れる時は痛みがほとんどありません。バルーンが子宮の中にとどまっている場合は、バルーンが外れたことに気がつかない方も多いようです。

出血を伴うことも

バルーンを入れた後に出血がみられることがあります。出血は少量であることが多いですが、体内に傷がついたときなどは大量にみられる場合もあります。量が多くて不安なときは看護師さんに伝えましょう。
出産時の異常出血|いつ起きる?どのくらい?その原因や症状 

時間について

時計の写真,バルーン,出産, 個人差もありますので、バルーンを入れてから陣痛がくるまでの時間や、子宮口が開いていくペースはバラバラのようです。

ただ、バルーンを入れてから24時間以内には産まれることが多いです。また、経産婦さんの方が初産婦さんよりも早くお産が進む傾向があります。

費用について メリット・デメリット、リスクは?

保険は適用される?

費用イメージ,バルーン,出産, 誘発分娩は保険適用されませんので、費用がかかります。なお、バルーンを挿入する場合は入院が必要となることもありますので、その場合は入院日数が1日長くなります。そのため、バルーン出産を行うと、自然分娩と比べて数万円ほど高くなるようです。

メリット

カレンダーの写真,バルーン,出産, 誘発分娩は、自然分娩と比べて分娩にかかる時間が短いといわれています。そのため、妊婦さんはもちろん赤ちゃんにとっても比較的体への負担が軽いです。また分娩にかかる時間が短いと、そのぶん出血量も少なく抑えられるというメリットもあります。

また計画出産の場合は、出産予定日が決まっていますので、陣痛がきてから急いで病院へ向かう、ということはありません。そのため、病院以外で破水してしまったり、病院に着く前に産まれたり、といったことを防ぐことができます。


デメリット・リスク

注意のイメージ,バルーン,出産, ・胎位の変化
バルーンによって赤ちゃんの頭が押し上げられてしまい、赤ちゃんの位置や体勢が変わってしまうことがあります。これによって出産が困難になったり、赤ちゃんより先にへその緒が出てしまって赤ちゃんが酸欠状態になったりすることがあります。

・頸管裂傷・子宮破裂
バルーンを入れる時に体内に傷がついてしまったり、バルーンを入れることで子宮の内圧が急に上がったりします。これにより、頸管裂傷や子宮破裂などのリスクが高まります。

・細菌感染
バルーン挿入時に細菌に感染する可能性があります。ただ、挿入前に抗生物質が処方されることもあります。

・分娩に長時間かかることも
バルーンは強制的に陣痛を起こします。そのため、産道が開く準備ができていないうちに使ってしまうと、出産できるようになるまで長時間痛みを我慢しなければならない場合があります。

・費用
分娩にかかる費用は、自然分娩と比べて高くなります。
2人目出産にバルーンを使用。陣痛や分娩時間、費用は?【出産体験談:経産婦】

まとめ

妊婦さんによっては、予定日を過ぎてもなかなか産気づかなかったり、分娩に長時間かかってしまうこともあります。バルーン出産というと何となく怖いイメージをもたれるかもしれませんが、妊婦さんや赤ちゃんをサポートしてくれるお助けアイテムです。

予定日から大きく遅れた場合や、陣痛がなかなかつかない時の場合に備えて、バルーン出産について事前に知っておくと、リラックスして出産に臨めるでしょう。(文章作成:米奉行)
出産の入院準備!焦らないように準備したい必要なものリスト一覧 前駆陣痛と本陣痛の違いとは|痛みの強さや間隔、見分け方は? 妊娠後期の腹痛、原因と症状別対処法は?自宅で安静?病院へ行く?
他の記事を読む

妊娠・出産の記事

    ©camily 働くママとパパの仕事と育児をもっと自由に