camilyを便利に使おう

3つの質問に答えて、
自分にあった記事リストにしよう

会員登録はいりません

  • 1
  • 2
  • 3

2016年10月10日

グルメな人形町で子連れでランチ!個室のあるお店の紹介|東京都

提供元: cozreマガジン

東京都中央区にある人形町駅は、地下鉄日比谷線と浅草線が乗り入れています。水天宮駅からも程近いので歩いて行くことができますよ。

江戸時代から安産や子授けの神様として有名な水天宮が近いので、妊婦さんや無事出産したファミリーでおでかけになる方も多いでしょう。また、飲食店や老舗店舗が多くある甘酒横丁などもあるので、子連れでのおでかけにおすすめです。

人形町界隈には、子連れで行っても安心な、個室やお座敷があるお店、おいしい鳥料理が一押しの和食のお店、老舗の名店などたくさんあります。今回はご家族でぜひ行っていただきたい、おすすめのランチを4店紹介します。

【1】中国料理 桂花苑|中央区日本橋

ランチタイムは乳児からOK!

中国料理 桂花苑のランチセット,人形町,グルメ, 最初にご紹介する「中国料理 桂花苑」は、ロイヤルパークホテル内にある中国料理レストランです。ディナータイムは小学生からとなりますが、ランチタイムは乳児からOKで、離乳食を持ち込むこともできます。

また、水天宮近くのホテルということもあり、子連れ向けの設備が完備しています。授乳室やベビーベッド、おむつ交換スペースもありますので、赤ちゃん連れでも安心して食事を楽しむことができます。

ランチセットは3,500円(税抜)からと、ホテルのレストランならではの価格ですが、新鮮な食材と高度な調理技術で仕上げた広東料理は絶品です。

個室は料金がかかりますが、さらにお食事を優雅に楽しくしてくれます。家族での会食はもちろん、ママ友との特別ランチにもおすすめです。

【2】炭火焼鳥 日本橋 逢鳥|中央区日本橋

家のように寛げる古民家居酒屋!

炭火焼鳥 日本橋 逢鳥の個室,人形町,グルメ, 次にご紹介するのは、古民家を改築した「炭火焼鳥 日本橋 逢鳥」です。1階部分はカウンター席になりますが、2階部分は全室お座敷の個室です。畳と障子が、まるで家にいるようなくつろぎを与えてくれます。

掘りごたつではないのも、ハイハイできる赤ちゃんには安全なのでうれしいポイントです。ランチタイムは子ども向けのメニューもありますが、やはり味わってほしいのは自慢の鳥料理です。

子どもが大好きな唐揚げはカリカリでジューシー、親子丼はふわふわでディナータイムでも人気です。人形町駅からは歩いて7分ほどかかりますが、浜町駅からは歩いて1分です。

【3】Pizza&Bistro ジュンジーノ|中央区日本橋

人形町駅から歩いて1分のおしゃれダイニング!

Pizza&Bistro ジュンジーノの個室,人形町,グルメ, 人形町駅から歩いてすぐのところにある「Pizza&Bistro ジュンジーノ」も、子連れランチにおすすめです。まるでフランスの片田舎の家のような空間は、ママ友たちとの女子会にぴったりです。

アンティークなインテリアが素敵な個室は特に人気なので、希望する場合は早めの予約が必要です。ランチタイムは週替わりのパスタ、そしてランチ限定の牛タンシチューがあります。

土日のみの特別メニューや、パンのおかわりサービスもあります。子ども向けのメニューはありませんので取り分けになりますが、赤ちゃんが一緒の場合は離乳食の持ち込みOKです。

【4】萬福楼|中央区日本橋

提携駐車場があるので車でも大丈夫!

萬福楼のメニュー,人形町,グルメ, 最後にご紹介するのは、本格中華料理の「萬福楼」です。「萬福楼」は、もちもちした自家製の小籠包をはじめとした本格的な中華をリーズナブルに味わえる、宴会などでも人気のお店です。

ランチタイムは、680円からたくさんのメニューがあります。子ども向けのメニューはありませんが、かに玉やチャーハン、ワンタンといった子どもが大好きなメニューも豊富に揃っています。

子ども用の椅子や食器もあり、ベビーカーの入店も可能です。また、有料になりますが、提携の駐車場があるのも子連れにはうれしいポイントです。

個室は10名まで利用できるテーブル席と、30~40名対応の掘りごたつ席があります。

まとめ

お子さまと一緒のランチは、親子ともにゆっくり楽しみたいですよね。今回ご紹介した人形町のお店でしたら、ベビーカーで入れたり、お座敷があったりと、寛ぐことができて安心です。

人形町散策や、水天宮へのお参りついでのランチに、ぜひご家族行ってみてはいかがでしょうか。
銀座で子連れランチ!個室もあり赤ちゃん、子どもといける4店|東京都 有楽町で子連れランチ!個室やお子様メニューがあるお店4選|東京都
他の記事を読む

あそびの記事

    ©camily 働くママとパパの仕事と育児をもっと自由に