camilyを便利に使おう

3つの質問に答えて、
自分にあった記事リストにしよう

会員登録はいりません

  • 1
  • 2
  • 3

2016年05月05日

【経産婦:出産体験談】高位破水から始まり帝王切開も…

提供元: cozreマガジン

経産婦といえど、二度目の出産の方がスムーズというわけにも行かないようです。1人目、2人目共に高位破水からお産が始まった「mamalily」さんの場合はどうでしょう。

今回は、経産婦である「mamalily」さんから頂いた体験談をまとめました。

妊娠から出産までの気になるあれこれ

妊娠の経緯・方法は?

自然妊娠

出産時の年齢は?

29歳

出産したときの妊娠週数は?

2人とも40週での出産でした。

妊娠時、上の子の年齢は?

2歳

2人の子どもの出産場所は?

1人目、あさの葉レディースクリニック(福岡県宗像市)

2人目、水光会総合病院(福岡県福津市)

いずれも関東からの里帰り出産。2人目は里帰り前に通っていた自治体の助成券が使用できる病院だったので、1人目とは違う病院を選びました。

出産方法は?

1人目は高位破水からの普通分娩でした。

2人目も同じく高位破水から始まりましたが、母体の大きさに対して赤ちゃんが大きかったので、なかなか出てこず、陣痛マックスでしばらく頑張りましたが、その後緊急帝王切開となりました。

里帰り出産をした?

1人目も2人目も、自宅のある関東には頼れる身内もおらず、夫も仕事が忙しいので、2人とも里帰りでの出産となりました。

夫の立会いも憧れではありましたが、産後の肥立ちや上の子の世話を思うと、実家に帰って出産して良かったと思います。
里帰り出産の方、必見!出産準備とスケジュールを解説

分娩はどうだった?

陣痛がきてから入院までの経緯は?

朝起きた時に、破水したようにナプキンが濡れていました。その日が健診だったこともあり、入院道具を持って妹の運転する車で病院へ向かいました。破水は完全なものではなかったので、ナプキンを新しいものにかえて、濡れたナプキンは破水かどうか検査してもらうためにビニールに入れて持参しました。

上の子は、病院へ送ってもらう際に一緒でしたが、そのまま妹と実家に帰って行き、1人で出産に挑みました。

実家では母が午前で終わる仕事なので、妹と母が交代で1人目の子の面倒を見てもらいました。その後、23時頃に陣痛が強くなりましたが、帝王切開の可能性が出てきたので、寝ている上の子は母に見てもらい、深夜に妹につき添いとして病院に来てもらいました。

出産の入院準備!焦らないように準備したい必要なものリスト一覧

入院から分娩までの時間は?

1人目→20時間、2人目→9時間

入院から出産までの経緯は?

1人目も2人目も、母体の大きさ(私は低身長)に対して、赤ちゃんが大きめだったので38週でそれぞれ誘発を行いましたが、居心地が良かったのか出産には至りませんでした。

その後、自然陣痛を待ち、予定日を過ぎたあたりに2人とも高位破水から始まりました。1人目の破水は、ポン!とお腹が破裂するような感覚の後に破水を実感しましたが、2人目は朝起きた時にナプキンが濡れていたので、はっきり破水したとはわかりにくかったです。

その後入院してすぐに自然陣痛が付きましたが、陣痛マックスになるまでは、やはり上の子より早い時間で間隔が縮まりました。

しかし、2人目の子は4000gに近い予想体重だったので、なかなか出てきませんでした。1人目を3500gで産んだので、先生もギリギリまで経膣分娩を試みましたが、陣痛マックスから3時間後に緊急帝王切開となりました。

全身麻酔だったので、生まれた瞬間に会うことは出来ませんでしたが、その後会えた時には、ああ.この子だったんだね…とやっと会えたという喜びが湧き上がってきました。
陣痛ってどんなもの?痛み、間隔、兆候、対策を徹底解説!

旦那様の出産立ち合いは?

遠方での里帰りだったので、立会いは行えませんでした。
出産の立ち会いをする夫は少数派?実情を知りたい!|専門家の見解

上のお子様の出産立会いは?

陣痛がマックスになり家族を呼んだ時間が、深夜だったので上の子は寝ていたため、立会いは妹に頼み、上の子はそのまま寝かせて実家で母に見てもらうことになりました。

かなりイヤイヤ期真っ盛りでヤンチャな時期だったので、立会いしてもかなり落ち着きがなかったと思われるので、無理に立会いをしなくて良かったと思っています。

結果的には帝王切開だったので立会いどころではなかったのと、生まれた赤ちゃんが全身麻酔によって眠って出てきたので、新生児仮死と診断されNICUのある違う病院へ救急搬送されたため、上の子との対面は4日後となりました。

赤ちゃんとの対面は不安もありましたが、いざ会ってみるとはじめての兄妹の存在にうれしそうでしたので、安心しました。

出産後はどうだった?

出産後の入院生活は?

総合病院の女性病棟で大部屋、個室とありましたが個室を選んで入院しました。帝王切開だったのと、生まれた子が別病院に救急搬送でしたので、産後4日目から母子同室となりました。

産院ではなく総合病院なので、出産以外で入院されている方もいらしたので、上の子の訪問もありましたから、個室にして正解でした。

助産師さんや看護師さんの対応は良かったです。

帝王切開だったので入院日数は7日間で一時金以外の手出しは赤ちゃんの保育機器代などで10万ほどでした。私にかかった費用としては2、3万だったと思います。

面会は平日は午後のみ、土日は午前から面会がありました。個室でしたが狭かったので、友達や親戚などは面会用の広いホール?のような所で会うことが多かったです。

出産後の上の子の様子は?

まだ未就園児でした。落ち着きがない時期だったので赤ちゃんをどんな風に受け入れるのか心配でした。産後4日目に赤ちゃんに初めて会いましたが、これがお腹にいた赤ちゃんということは理解したようで、とてもうれしそうに抱っこしていました。

入院中の面会は、隔日で母に連れて来てもらいました。産婦人科があるとはいえ、一般の方の入院もあるので、毎日だと他の患者さんに迷惑がかかると思い、なるべく短時間で面会を済ませました。

赤ちゃん返りらしいものは見られませんでしたが、やはりまだ2歳半だったのでヤキモチは妬いていたようです。

たまに赤ちゃんの手を噛んだりして泣かせたりしていました。

哺乳瓶を使ってミルクを飲んでみたりはしていました。でも、美味しくなかったらしいのですぐにやめていました。笑

経産婦ならではのエピソードは?

陣痛が進む時間は、上の子より格段に早かったです。なので、その分痛みは本当に強烈で、上の子の時は黙って耐えれた痛みも、今回はそれが出来ずに、痛い!痛い!と叫んでしまいました。

産後はすぐに母乳が出始めたので、NICUに入院している赤ちゃんのために、母乳を絞りまくっていました。
産後2日目には120mlぐらいは絞れていました。

後陣痛は帝王切開の傷の方が気になっていたのもあり、思ったより痛くなかったです。ただ、やはり授乳している時にシクシクお腹が痛むのは上の子の時には無かったなぁと思いました。

1人目は自然分娩で2人目が帝王切開だったため、同じ経緯ではありませんでしたが、その分両方の大変さを実感できたので良かったです。

帝王切開は3日目になるとかなり楽になり、4日目にはスタスタ歩けるようになっていました。

悪露は産後1ヶ月まであり、産後2ヶ月目で生理が再開しました。上の子の時も産後4ヶ月で生理再開だったので、私は完母でも生理が早いようです。

出産後の上の子への接し方の変化は?

大らかに上の子優先で接するようにと頭では分かっていましたが、実際は産後のガルガル期の矛先が上の子となってしまいました。

赤ちゃんが、よく飲みよく寝る子だったのに対して、手間がかかる2歳半…。イヤイヤ期のイライラも重なって、上の子の態度ややらかすことにいちいちイライラしていました。

ただ、実家に里帰りしていたので、家族が上の子の相手をたくさんしてくれたので助かりました。

私がガルガルしていることに対して、上の子はケロっとはしており、赤ちゃん返りもほとんどありませんでしたが、その代わりバァバにべったり!という感じになりました。

下の子の手を噛んだりなどは、ちょくちょくありましたが、基本的には赤ちゃんをかわいがってくれていました。
赤ちゃんがえりの症状と対処する方法とは?

まとめ

以上、「mamalily」さんの出産体験談でした。出産を経験されている方のお話を参考にして、出産への不安を解消できるといいですね。
他の記事を読む

妊娠・出産の記事

    ©camily 働くママとパパの仕事と育児をもっと自由に