camilyを便利に使おう

3つの質問に答えて、
自分にあった記事リストにしよう

会員登録はいりません

  • 1
  • 2
  • 3

2016年05月10日

妊娠中の性行為はいつまでできる?行う頻度や注意点は?

提供元: cozreマガジン

妊娠中に性行為をしてもいいのか、と妊婦さんに尋ねられることがあります。答えはYesです。意外、と思った方もおられるでしょうか。

「絶対しちゃいけない」とガチガチに考える必要は全然ありませんよ。ただ、妊娠前と同じようにとはいきません。今回は、妊娠中の性行為について、気を付けてほしいことやいつまで大丈夫なのか、など気になるポイントをまとめました。

妊娠中性行為していいの?いつからいつまでできる?

妊娠初期の性行為

仲良し夫婦,妊娠中,性行為,いつまで 妊娠初期はつわりに悩まされる人も多く、性行為をする体力が残っていない人も多いです。なんともない時はしてかまいませんが、きつければ無理せずに体を休めるなど徐々に生活のすべてを「妊娠モード」に変えていく必要があります。

気持ちも不安定になりやすい時期ですが、パートナーにはきちんと言葉を尽くして気持ちを伝えましょう。

いつから性行為をしてOKかは、統一された基準はありません。胎児の心拍が確認できるくらいまでは性行為を控えるように、と指導している医師が多いのではないかなと思います。
妊娠初期にひいてしまった風邪の影響は?対処法と予防策も

妊娠中期の性行為

つわりがおちつき、他の時期に比べると性行為しやすい時期かと思います。妊娠初期はきつくて性欲がなかった人も、中期になると復活してきて性行為できるようになることがあります。

逆に胎動が感じられるようになると、そんな気分ではなくなってしまう人もいるでしょうが、体力や妊娠経過に問題がなければ、性行為をしてかまいません。
妊娠20週|赤ちゃんの大きさ、胎動、性別は?ママのお腹の出方や体調管理も

妊娠後期の性行為

お腹が大きくなりますので、仰向けになると血管が圧迫されて血圧が下がりやすくなります。

性行為はしてかまいませんが、横向きで行うなど工夫が必要な時期でしょう。時期的には特に制限はなく、臨月まで行ってかまいません。
妊娠後期の腹痛、原因と症状別対処法は?自宅で安静?病院へ行く?

妊娠中の性行為の頻度は?毎日でも平気?

どれくらいの頻度がいい?

ベッドで寝る夫婦,妊娠中,性行為,いつまで 妊娠中の性行為をどれくらいの頻度にすべきか、という決まりは特にありません。ですから毎日する意欲と体力があり、おなかが張ったりしないのであれば、してもかまいません。

もちろん頻繁にしなければならないわけでもないので、パートナーとよく話し合って、ふたりにとっていいペースを見つけてください。

毎日すると悪いことはある?

妊娠中は、妊娠していないときに比べて、子宮の出口の粘膜がやわらかく変化しており、刺激に弱くなっています。短時間の診察やエコーによる刺激でも出血してしまうことがありますので、性行為ならなおのことです。

また、性行為による刺激は流産や早産のきっかけになることがあります。毎日性行為をするということは、こういうリスクがあることもわかっておいてください。

出血した場合は性行為を避け、病院を受診してください。おなかが張ったり、破水した時も恥ずかしいかもしれませんが、とても大事なことなのですぐに受診してください。
妊娠初期の出血、少量なら大丈夫?原因と考えられるトラブルまとめ

妊娠中に性行為をする時の注意点

出血、おなかが張るときはしない

妊婦さんのお腹,妊娠中,性行為,いつまで 性行為が刺激になって、子宮が収縮しやすくなったり、破水する可能性があります。そのため、出血があるとき、おなかが張るときは性行為をしないようにしてください。

また妊娠中は子宮内が充血しており、性行為時に出血がみられる時がありますが、心配な時は恥ずかしがらずに必ず受診してください。

またおなかの冷えがおおなかの張りを起こすことがあります。性行為後はおなかを冷やさないようにしましょう。

「切迫流産」「切迫早産」「前置胎盤」と診断された場合はしない

もちろん今おなかが張っていなくても、医師から「切迫流産」「切迫早産」と言われていたり、張り止めの薬を飲んでいる場合もダメです。

また、「前置胎盤」といわれている方は行わないほうが無難でしょう。性行為の刺激で、子宮が収縮することにより、胎盤が剥がれかけるもしくは剥がれると警告出血という出血を起こす場合があります。

必ずコンドームを!

妊娠中の性行為には必ずコンドームをつけてください。「もう妊娠しているから必要ないのでは…?」と思うかもしれませんが、精液の中には子宮の収縮を促す物質が含まれています。

またクラミジアや淋菌などの性感染を防ぐためにも、コンドームはつけてください。産道が感染を起こすことも、切迫早産の原因や赤ちゃんを危険にさらすことになります。

妊娠中にコンドームをつけないまま性行為をしていて、かなり早い時期に破水したり、早産になったりする妊婦さんはいます。性行為後に陣痛がきてしまい、お産をした妊娠中期の妊婦さんの涙は忘れられません。

パートナーの想いに応えることは大事ですが、コンドームは絶対につけてもらってください。

乳首の刺激は避けて

乳首を刺激すると、「オキシトシン」というホルモンが出ます。これは母乳を作るホルモンであると同時に、子宮を収縮させる働きを持つホルモンでもあります。

陣痛が来たあとにうまくお産が進まないときは、陣痛を強めるために助産師さんが乳頭マッサージをすることもあるくらいです。

このとおり、乳首を刺激すると、よけいにおなかが張りやすくなります。妊娠中に性交渉をするときは乳首を刺激しないようにしてください。

挿入は浅めに、激しくしない

上でもお話ししたとおり、妊娠中の子宮の出口は刺激に弱く、出血しやすくなっています。また、強い刺激を与えると、子宮を収縮させ、切迫早産になりやすくなります。

そのため、妊娠前より挿入は浅くすること、激しくしないことなどを心に留めておいてください。「ゆっくり、優しく」です。また、なるべく短時間で切り上げるようにしましょう。

妊娠後期で仰向けの体勢が難しい時は横向きでの性行為が望ましいです。横向きで性行為を行うと、自然と挿入が浅く、ゆっくりになりますよ。

妊娠中の性行為のメリット、デメリット

メリット

ハートを持つ夫婦,妊娠中,性行為,いつまで 妊娠中、女性は母性に目覚めますが、男性は何も変わりません。お腹の赤ちゃんのことはもちろん一番大事ですが、パートナーとの関係を順調に保つことも、今後の育児やお互いの人生を考えるととても大事です。パートナーとの関係が安定すると、不安定になりがちな妊婦さんの気持ちも落ち着きます。

妊娠中のパートナーの浮気や、いわゆる産後クライシスを避けるためには、時々性行為をするのも必要なことでしょう。

女性はそういったことを抜きにして良好な関係が保てたら良いと考えがちです。もちろんそれはそれでとてもいいことなのですが、男性の体はそういう風にできていないのが実状ではないでしょうか。

デメリット

やはり刺激を与えることになるので、流産や早産の原因になることがあります。性行為をすることで突然破水することもあります。そういったことを防ぐために、無理をしないようにしましょう。

上に書いたことに注意して行い、おなかが張ってきたら中止したほうが良いです。

まとめ

妊娠中の性行為についてまとめました。全国の妊婦さんのパートナーには、「いたわりの心を持って性行為をしてください」とお願いしたいです。

妊婦さんが精神的にも肉体的にも、きつくないようにしてください。何度も言いますがゆっくり、優しく、が基本です。

妊婦さんも、自分のことだけでいっぱいいっぱいになってしまうのではなく、パートナーにも目を向けてあげてください。思っているだけでは伝わらないので、性行為についてもなるだけゆっくり話し合う時間を持てるといいのではないかと思います。

良好な夫婦関係を築いていけるといいですね。
他の記事を読む

妊娠・出産の記事

    ©camily 働くママとパパの仕事と育児をもっと自由に