camilyを便利に使おう

3つの質問に答えて、
自分にあった記事リストにしよう

会員登録はいりません

  • 1
  • 2
  • 3

2016年05月11日

生後11ヶ月の離乳食レシピ9選&量、時間、回数、味付けなどの進め方

提供元: cozreマガジン

もう少しで1歳、ミルクしか飲まなかった赤ちゃんが、今では色んな食べ物を食べるように成長しました。「ミルク量を飲む量が減ってきたから、栄養素バランスを考えて3回の食事をもっとちゃんとしないと!」とプレッシャーになってしまうパパママもいらっしゃるかもしれません。

そこで生後11ヶ月は何をどのくらい食べさせたら良いかなどの離乳食の進め方と併せて、簡単に調理できるレシピをいくつか紹介したいと思います。

赤ちゃんの成長状況

体の成長はゆるやかに。いよいよたっちの時期

親子のお散歩,生後11ヶ月,離乳食, 生後11ヶ月の赤ちゃんの平均的な身長は67.4cm~78.5cm、体重は7.02kg~10.82gくらいです。低月齢の頃と比べると成長の勢いは緩やかになっていきます。

動きの発達としては、ハイハイがスピードアップしたり、伝い歩きやつかまり立ちが上手になって、何歩か歩き出す子もでてきます。

また言葉への理解も高まり、パパやママとコミュニケーションを取ろうと身ぶり手ぶりも活発になります。睡眠時間は、夜にまとめて寝てくれるようになるので、3回食を決まった時間に与えるようにすると、朝、昼、夜のリズムづけにもつながります。

離乳食の進め方

量の目安 ・授乳量の目安 ・硬さの目安 ・おすすめ食材

食材,生後11ヶ月,離乳食, 【量の目安】
1回の食事で炭水化物、主に軟飯を80g~90gで子ども用茶碗に軽く1杯くらいです。野菜や果物は30g~40gくらい、タンパク質は肉15g、魚15g、豆腐45g、卵1/2個、乳製品80gからどれか1品となります。

【授乳量の目安】
離乳食のあとに欲しがる時は飲ませてあげましょう。卒乳の必要はありませんが、離乳食から栄養のほとんどを摂れるようになるのでスキンシップを重視して授乳しましょう。

【硬さの目安】
バナナくらいの歯茎でつぶせる硬さが目安です。

【おすすめの食材】
主食(炭水化物)は、米、食パン、うどん、スパゲッティなどがよいでしょう。野菜は、ほうれん草、にんじん、かぼちゃ、ブロッコリー、じゃがいも、きゃべつ、玉ねぎ、かぶ、白菜、さつまいも、トマト、とうもろこし、小松菜、大根、きゅうりなどがよいでしょう。

肉・魚(タンパク質)は、鶏ひき肉、牛ひき肉、赤身肉、レバー、カレイ、たら、さけ、さば、さんま、しらすなどがおすすめで、肉・魚以外でタンパク質を摂れる食品は、牛乳、プレーンヨーグルト、卵、豆腐、豆乳などです。

上記の他におすすめ食品はひじきです。初めて食べさせるもので、アレルギーの可能性があるものは少量からはじめていきましょう。

離乳食の注意点

味付け ・回数 ・手づかみ食べ・鉄分摂取を意識しよう

後期の離乳食一例,生後11ヶ月,離乳食, 【味付け】
まだ大人のような味付けは必要ありません。薄味を心がけて、市販の汁物だったら3倍に薄めたくらいが塩分0.5%で薄味の基準です。

【回数】
3回食が基本となります。朝、昼、夜の食べる時間を一定にしてあげるように心がけましょう。

【手づかみ食べ】
手でものをつかめるようになるので、この時期は積極的に手づかみ食べをさせましょう。そのため赤ちゃんが手でつまんで食べやすい食事を作ることもポイントになります。大きさや形を意識しましょう。

【鉄分を摂取させよう】
鉄分が不足して貧血になると、赤ちゃんの体の発達や、運動の発達に影響が出る可能性があるそうです。鉄分を多く含む食品(ひじき、ほうれん草、小松菜、レバー、赤身の魚や肉など)を取り入れるようにしましょう。

おすすめ簡単レシピ|朝食編

【1】手づかみ離乳食☆サンドイッチ

手づかみ離乳食☆サンドイッチ,生後11ヶ月,離乳食, チーズとしらすでタンパク質を摂れるサンドウィッチです。形をたまに変えてクッキー型で抜いたりすると、目新しく興味を持ってくれるかもしれないのでワンパターンになったら食器を変えたり変化をつけてあげましょう。

■材料
6枚切食パン 1枚
スライスチーズ 適量
しらす 適量
青のり(あれば) 適量

■作り方
1、食パンの耳をとって、半分の薄さに切ります。
2、1に塩抜きしたしらすとスライスチーズ、青のりを乗せます。
3、サンドして食べやすい大きさに切って完成です。

【2】簡単♪離乳食後期〜 海苔巻(恵方巻)

簡単♪離乳食後期〜 海苔巻(恵方巻),生後11ヶ月,離乳食, ふつうの白いご飯より、海苔巻きするとなぜかよく食べてくれるという子どもも多いようです。サケがないときは、ツナやしらすでも代用できます。

時間があるときは、錦糸卵をプラスしたりするとさらにおいしそうになります。赤ちゃん向け恵方巻にもアレンジ可能です。

■材料
軟飯 80g
きゅうり 1/3本
サケ(ほぐし身) 適量
海苔 1枚

■作り方
1、きゅうりを海苔巻き用に細く切ります。
2、海苔に軟飯をしいて、サケを乗せた上にきゅうりをのせます。
3、細く巻いて一口サイズに切り分ければ完成です。

【3】簡単妊婦おやつ☆きなこバナナヨーグルト

簡単妊婦おやつ☆きなこバナナヨーグルト,生後11ヶ月,離乳食, 忙しい朝、ロールパンとあと何かもう1品というときやおやつにもおすすめの簡単メニューです。赤ちゃんのお通じにもいいバナナとヨーグルトに、きなこで植物性タンパク質もプラスしました。

もちろん、きなこがなくても大丈夫ですし、くだものの種類を変えて楽しむことができます。

■材料
プレーンヨーグルト 80g
バナナ 20g
きなこ 小さじ1/2

■作り方
1、バナナを刻みます。
2、プレーンヨーグルトにバナナを混ぜます。
3、2にきなこをトッピングして完成です。

おすすめ簡単レシピ|昼食編

【1】簡単!レンジでスパニッシュオムレツ

簡単!レンジでスパニッシュオムレツ,生後11ヶ月,離乳食, 袋入りミックス野菜を使うことでさらに時短になります。ミックス野菜ない場合はご自宅なるキャベツやにんじんなどを刻んで使いましょう。

色んな野菜を1回に摂れるスパニッシュオムレツです。

■材料
卵 1個
ミックス野菜 30g(キャベツやもやし、にんじん、しめじなどが入っているもの)
ほうれん草 20g
マヨネーズ 少々
牛乳 大さじ1
コンソメ 少々

■作り方
1、牛乳、卵、マヨネーズ、コンソメを混ぜて卵液を作ります。
2、すべての野菜を刻んで1と混ぜます。
3、油を引いたフライパンで2を弱火でじっくりと、両面火が通るまで焼きます。

【2】トマトシチュー

トマトシチュー,生後11ヶ月,離乳食, まとめて作って、冷凍しておけばパスタソースにも使えます。水を入れずに作りとトマト煮のように仕上がるので、スープで食べたいときは水を多く、煮込みたいときは水を少なくして調理して下さい。

■材料
無塩カットトマト缶 100g
じゃがいも 30g
にんじん 30g
鶏ひき肉 30g
玉ねぎ 30g
コンソメ 少々

■作り方
1、野菜を刻みます。
2、水100ccとコンソメですべての材料を煮込みます。
3、野菜がほどよく煮えたら完成です。

【3】離乳食完了期☆カレーおやき♪

離乳食完了期☆カレーおやき♪,生後11ヶ月,離乳食, 離乳食用のレトルトカレーのアレンジメニューです。離乳食用に冷凍しているカレーがあればそれも利用できます。おやきにすることで、カレーをまわりを汚さず食べることができるので外出先での食事にも使えて便利です。

■材料
軟飯 80g
離乳食用レトルトカレー 大さじ2
乾燥パセリ(あれば) 適量

■作り方
1、軟飯とカレーを混ぜ合わせます。
2、ラップに1をしいて薄くのばします。
3、1口大に切り分けます。
4、油を引いたフライパンで3をこんがりと両面焼きます。
5、乾燥パセリをトッピングして完成です。

おすすめ簡単レシピ|夕食編

【1】サツマイモの豚肉巻き

サツマイモの豚肉巻き,生後11ヶ月,離乳食, しゃぶしゃぶ用のお肉ならやわらかく、脂身も少ないので離乳食向きです。メインデッシュの手づかみメニューはハンバーグかおやきが定番ですが、こんな調理方法あるのでマンネリ化してきたときは別の調理方法もお試しください。

■材料
さつまいも 30g
しゃぶしゃぶ用豚肉 2枚
いんげん 1本

■作り方
1、さつまいもを3cmくらいに切ります。
2、いんげんを細く切ります。
3、さつまいもといんげんを豚肉で巻きます。
4、さつまいもに火が通るまで茹でます。

【2】離乳食 キャベツとしらすの和風パスタ☆

離乳食 キャベツとしらすの和風パスタ☆,生後11ヶ月,離乳食, 夕飯にスパゲッティを作るときに、おすすめのメニューです。大きな鍋に赤ちゃんの分をざるに入れて茹でればひとつの鍋で調理できるので簡単です。

■材料
スパゲッティー乾麺 30g
しらす 15g(塩抜きしたもの)
キャベツ 30g
出汁 適量
醤油 少量
きざみ海苔 適量

■作り方
1、お湯を沸騰させます。
2、刻んだキャベツを1にいれます。
3、スパゲッティを食べやすい大きさにに折って1にいれます。
4、やわらかくなったら水気切り、油を引いたフライパンで醤油とだしで炒めます。
5、お皿盛り付け、きざみ海苔を乗せて完成です。

【3】絶品離乳食☆とろ~りナスとマグロのうま煮

絶品離乳食☆とろ~りナスとマグロのうま煮,生後11ヶ月,離乳食, 今日は野菜不足かも・・・?というときにもってこいの、野菜の品目がいっぱいのお魚メニューです。かれいや白身の魚でもおいしいですが、鉄分補給にはマグロなど赤身の魚が良いです。

■材料
刺身用まぐろ 3切
なす 20g
しいたけ 5g
にんじん 15g
玉ねぎ 20g
サトイモ 小1個(あれば)
和風だし
水溶き片栗粉 適量
醤油 少量

■作り方
1、なすは刻んだら水につけアクの抜きます。
2、野菜をすべて刻みます。
3、水溶き片栗粉とマグロ以外の材料をすべて入れて煮ます。
4、マグロは湯通しして、細かくほぐしながら3にいれてさらに煮ます。
5、最後に水溶き片栗粉を入れてとろみをつけて完成です。

まとめ

1回の食事できちっとすべての栄養素を全部摂ることは難しいですが、1日の中でだいたい食べることができれば、十分です。さらにいえば、もし今日は栄養バランスが悪かったな、という日があっても3日間で帳尻を合わせる、くらい気楽な気持ちでトライしてみましょう。

離乳食の内容も低年齢の頃と比べ大人の食事に近づいてきて、少し億劫になっているママもいるかもしれませんが、毎日のことなので気負わず楽しんでいきましょう。

ママが風邪などで体調を崩したときや疲れた時は無理せず、ベビーフードも上手く活用して乗り切りましょうね。

「食べることって楽しいな」「食べないとおなかが空いてかなしくなっちゃうな」と赤ちゃんがわかってくれるような姿勢でママも一緒に食事を楽しめたらうれしいですね。
他の記事を読む

子育ての記事

    ©camily 働くママとパパの仕事と育児をもっと自由に