camilyを便利に使おう

3つの質問に答えて、
自分にあった記事リストにしよう

会員登録はいりません

  • 1
  • 2
  • 3

2016年05月21日

いつか子どもを産みたいから! 将来の妊娠のために気をつけている食習慣3つ

提供元: マイナビウーマン

いつか子どもを産みたいから! 将来の妊娠のために気をつけている食習慣3つ

妊娠しやすい体には、普段の食生活に気を使うことも重要です。将来、子どもがほしい人は、日ごろから妊娠を意識した体作りを心がけたいもの。そこで今回は働く女性たちに、妊娠のために気をつけている食習慣について聞いてみました。

<将来の妊娠のために気をつけている食習慣> ■バランスのいい食事を

・「どんな食品も摂りすぎ注意。脂、塩分、糖分など。バランスよく食べるように気をつけている」(25歳/食品・飲料/専門職)

・「レバーや牛肉とビタミンで鉄分を摂取するようにしている」(25歳/マスコミ・広告/営業職)

・「緑黄色野菜を多めに摂る」(27歳/建設・土木/事務系専門職)

・「3食食べて暴飲暴食をしない、和食中心、食べる時間帯を一定にすることを心がけています」(29歳/医薬品・化粧品/秘書・アシスタント職)

食生活が悪いと、健康にもよくありません。バランスのいい食事を心がけ、体が常にエネルギーで満ちている状態を作りたいですね。

■体を冷やさない

・「夏でも体を冷やすような食べ物は控えるようにしている」(28歳/ソフトウェア/技術職)

・「体を冷やさないように生姜を多く摂る」(29歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

・「あたたかい食べ物や飲み物を摂るように日ごろから心がけている」(32歳/不動産/専門職)

・「生姜など体をあたためる食材を食べるようにしている」(34歳/学校・教育関連/事務系専門職)

体を冷やしてしまうと、婦人科系の病気なってしまうことも。子宮の病気になれば、不妊の可能性も高まってしまうので気をつけたいですね。

■添加物、着色料は避ける

・「着色料の多い海外のお菓子は食べないようにしている」(32歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

・「自分が食べるものは何からできていて、どんな添加剤が使われているのかを確認する癖をつけてる」(32歳/自動車関連/技術職)

・「ジャンクフードは一切食べないこと」(29歳/機械・精密機器/技術職)

・「ジャンクフードを定期的に食べる習慣をなくすこと」(29歳/印刷・紙パルプ/クリエイティブ職)

ジャンクフードなどには添加物が含まれています。体にいいとされていないものは、なるべく避けたいですね。

<まとめ>

妊娠しやすい体を作るためには、日ごろの食生活を正すことも必要そうです。乱れた食生活をしているという人は、この機会に自分の食生活を見直し、将来の妊娠のための体作りをはじめてみるのもいいかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年4月12日~4月18日
調査人数:123人(22歳~34歳の女性)

他の記事を読む

妊娠・出産の記事

    ©camily 働くママとパパの仕事と育児をもっと自由に