camilyを便利に使おう

3つの質問に答えて、
自分にあった記事リストにしよう

会員登録はいりません

  • 1
  • 2
  • 3

2016年05月21日

ダメ、恥ずかしいの! 約2人1人の女性が立ち会い出産を拒否するワケとは

提供元: マイナビウーマン

ダメ、恥ずかしいの! 約2人1人の女性が立ち会い出産を拒否するワケとは

「出産をするなら、夫に立ち会ってもらいたいかどうか」という議論はよく聞きますが、出産は女性の人生経験の中でも一、二を争うハードな経験。こんなシーンをパートナーに見られるのは複雑な気もしますよね。働く女性の本音は? そこで今回は、こんな質問をしてみました。

Q.出産をする際、パートナーに立ち会ってもらいたいと思いますか?

はい……43.2%
いいえ……56.8%

今回のアンケートでは、若干「立ち会ってほしくない」という女性が多かったものの、その差はあまりないという結果に。立ち会ってほしい気もすれば、見られたくないという気持ちもあり、女性としては複雑? それぞれ、どうしてそう思ったのか聞いてみましょう。

<「立ち会ってほしい」と回答した人の意見> ■赤ちゃんを一番に抱いてほしい

・「必死な姿はあまり見られたくないけど、一番に抱き上げてほしいから」(29歳/ホテル・旅行・アミューズメント/営業職)

・「生命の誕生を見てほしいし、赤ちゃんの一番最初の姿を見てほしい。父親として自覚を持ってもらえそうなので」(31歳/情報・IT/営業職)

・「一緒に乗り越えたいし、感動を共有したいから」(27歳/電機/その他)

「赤ちゃんが生まれる瞬間の感動」は、立ち会い出産でしか味わえないもの。また、その感動を味わえば生涯いい父親にもなってもらえそう。必死な姿は見られたくなくても、この大切な瞬間だけは2人で一緒にいたいですよね。

■出産中のサポートをしてほしい

・「水取ってとか、そこ押してとか、わがままを気兼ねなく言えそうなので。お医者様などには気を遣うので」(33歳/商社・卸/営業職)

・「感動を分かち合いたいのと、サポートしてほしい」(33歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

出産は長丁場になることもあるため、その間は誰かのサポートが必要になるもの。こういうときは「気軽になんでも頼める存在」であるパートナーにそばにいてほしいですよね。両親もいいけれど、一番気兼ねなくわがままを言いやすいのはやっぱり「夫」かもしれませんね。

<「立ち会わないでほしい」と回答した人の意見> ■苦しむ姿は見られたくないので、立ち会わないでいい

・「我を忘れて苦しんでいる姿を見られるのが恥ずかしいので、立ち会ってほしくない」(34歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

・「痛みで何を言うかわからないので、立ち会いはあまりしてもらいたくないです」(33歳/医療・福祉/専門職)

・「だいぶ暴れそうな気がするので」(31歳/その他/クリエイティブ職)

一方で、出産シーンは見るに堪えない激しいシーンも多いため、夫には見られたくない……という女性も。のたうちまわる自分の姿が激しすぎると、パートナーに驚かれてしまいそうでちょっと心配ですよね。

■そばにいると集中できなさそう

・「たぶんオロオロする姿を見てイライラするから」(30歳/生保・損保/技術職)

・「パートナーに気を遣って出産に集中できなさそうだから」(33歳/機械・精密機器/技術職)

また夫がそばにいると出産に集中できないため、立ち会わないでほしいという女性もいました。出産は自分との戦いでもあるため、なるべく心配ごとや気遣いごとは取り除いて挑みたいですよね。ひとりのほうががんばれる、という女性もいるようです。

<まとめ>

夫に立ち会ってもらいたいかどうかの意見はさまざま。「母子とも安全に、無事に出産が終わること」をまずは一番に考えて、立ち会ってもらうかどうか決めるといいのかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像はイメージです。

※マイナビウーマン調べ。
調査日時:2016年4月13日~2016年4月22日
調査人数:155人(22~34歳の女性)

他の記事を読む

妊娠・出産の記事

    ©camily 働くママとパパの仕事と育児をもっと自由に