camilyを便利に使おう

3つの質問に答えて、
自分にあった記事リストにしよう

会員登録はいりません

  • 1
  • 2
  • 3

2016年05月22日

永遠に働きます!? 結婚相手は「主夫でもアリ」だと思う女性は10%!

提供元: マイナビウーマン

永遠に働きます!? 結婚相手は「主夫でもアリ」だと思う女性は10%!

夫が外で働いて妻は家庭を守る、夫婦で共働きするという選択以外に、妻が働いて夫は家事をするという「主夫」というスタイルで結婚生活を送っている夫婦もいますよね。最初からそうだったのか、自然とそうなったのかは別としてこういう夫婦のあり方について、みなさんはどう思いますか? 今回は結婚相手が「主夫」になることについての本音を聞いてみました。

Q.結婚相手は主夫でもいいと思ったことは?

「ある」……10.0%

「ない」……90.0%

結婚相手が主夫になることに否定的な意見が多いようですね。では、主夫でもいいという女性からそう思う理由を聞いてみましょう。

■仕事を続けたいから

・「自分が仕事が好きなので、続けたいから」(33歳/医療・福祉/専門職)

・「子どもが産めればいい。私が働きます」(30歳/団体・公益法人・官公庁/秘書・アシスタント職)

・「自分がフリーランスのライターで働くことが好きなので、子どもを産んでしまえば全然OK」(33歳/マスコミ・広告/クリエイティブ職)

自分でも生活できるだけの収入があるという女性は、主夫という選択も自然に受け入れられるようです。仕事にやりがいを感じていて、結婚後も変わらず続けていきたいと思っているのなら、家事を任せられる夫がいたほうが好都合ということなのでしょうね。

次に、主夫は嫌だという女性の意見も聞いてみました。

■男性は外で働いてほしい

・「男の人には稼ぐというプライドを持っていてほしいから」(27歳/建設・土木/事務系専門職)

・「男性で主婦って、まわりの目が痛そう」(28歳/金融・証券/営業職)

・「私が主婦したいため。男は外で働いてきてほしい」(30歳/情報・IT/その他)

男性が主夫をしていると周囲からも奇異な目で見られるし、男性には自分が稼いで家族を養うというプライドを持ってほしいという女性も。確かに、男性がずっと家にいるだけで妙なうわさをされることもありそうなので、それを聞かされるだけもストレスになりそうです。

■収入面が不安

・「自分だけの収入で暮らして行くのは不安。子どもを持つことも難しくなると思う」(25歳/食品・飲料/専門職)

・「女性は出産子育てで働けない時期があるから、働いていない夫は難しい」(34歳/医療・福祉/専門職)

・「子どもの養育費等も考えるから」(28歳/印刷・紙パルプ/クリエイティブ職)

一般的に女性と男性を比べると男性のほうが給料が高いもの。夫が主夫になってしまうと自分の収入では暮らしていけないので、現実的に無理だと思う女性も多いようです。ましてや子どもが生まれたときのことを考えると、主夫という選択は厳しいですよね。

■まとめ

女性の収入がどのくらいなのか、妊娠を考えているのかなどでも、「主夫」という選択が可能かどうかが変わってきますよね。でも「相手も主夫になりたい意思があるなら、別にそれでもいい」(26歳/医療・福祉/専門職)というように、相手が望むのなら話し合う余地もあるという女性や「一緒に働いて、一緒に家事を助け合うのがいい。自分も稼ぎが多いわけじゃないので」(29歳/医療・福祉/専門職)家計も家事も同じように負担し合いたいという女性もいるようです。大事なのは夫婦のどちらもが納得できるスタイルを選ぶということでしょうね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年4月12日~4月21日
調査人数:157人(22歳~34歳の女性)

他の記事を読む

生活の記事

    ©camily 働くママとパパの仕事と育児をもっと自由に