camilyを便利に使おう

3つの質問に答えて、
自分にあった記事リストにしよう

会員登録はいりません

  • 1
  • 2
  • 3

2016年06月02日

壮絶! 妊婦たちの「便秘」エピソード15 「ビニール手袋をしてお尻の……」

提供元: マイナビウーマン

壮絶! 妊婦たちの「便秘」エピソード15 「ビニール手袋をしてお尻の……」

妊娠中の悩みでよく聞くのが「便秘」について。妊娠を機に便秘になったという人もいれば、ますますひどくなったという人もいます。そこで今回はプレママさんたちの壮絶「便秘」エピソードを集めました。

■2~3日出ないのは当たり前

・「2週間ぐらいでなかったら、その反動で今度は下痢に!もっと早く受診してくださいとお医者さまに言われてしまいました」(35歳/その他/その他)

・「もともと便秘気味で、2~3日出ないのは当たり前でしたが、10日分をため込むことになった時には、さすがに焦りました。仕事もあったので、トイレに行きたいタイミングで行けなかったのも拍車をかける原因だったんでしょうね」(37歳/人材派遣・人材紹介/経営・コンサルタント系)

・「妊娠前は本当に快便だったが妊娠後1週間でないこともあった。排便後との体重の差が1.5キロあった」(25歳/医療・福祉/販売職・サービス系)

排便後に体重マイナス1.5キロということは、1.5キロもの便がおなかにしっかり詰まっていたということですよね。妊娠時期によっては赤ちゃんよりも重たかったかも。出たときの開放感は例えようもないほどだったはず。

■踏ん張りすぎて

・「30分きばってきぜつをした」(27歳/金融・証券/事務系専門職)

・「冬だったので、便座のあったか機能使っていました。毎日1~2時間を数回トイレで過ごしていたら、お尻がやけど?みたいになって便座の跡がついてしまい、出産から2年たった今も残っています」(36歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

・「便秘で数日出なかったため、便がかたくなり、ふんばっていたらいぼ痔になった」(31歳/機械・精密機器/事務系専門職)

・「妊娠中は大丈夫でしたが、出産後の便秘がすごかったです。切痔がなかなかなおらず、出血の量もひどかったので人生初めて肛門科にかかることに…。恥ずかしすぎて死にそうでした…」(30歳/金融・証券/営業職)

・「最初の妊娠のときは便秘がひどすぎて出たときに下痢に…出血までしてしまい不正出血かと思い病院に駆け込み入院してまわりを慌てさせました(苦笑)」(32歳/その他/その他)


気絶、出血、いぼ痔、切れ痔……どれも便秘が発端とはいえ壮絶です。普段なら少しくらいの出血なら「切れ痔かな?」なんて思う程度でも、妊娠中となると話は別。大慌てで病院へ! なんて気持ちはよくわかります。また、「赤ちゃんが出てきてしまいそうで怖くて気張れなかった」という声も。それこそ恐怖ですよね。

■便秘のときの対応策は?

・「もともと、慢性便秘だったのがさらに便秘症になり、病院から処方された下剤で5キロ痩せた」(36歳/その他/その他)

・「妊娠初期はとくにひどく、怖くて踏ん張れないためおなかが張りすぎてつらかった。1週間くらい便秘が続き、トイレに行って出そうになるが堅くて肛門で止まってしまうので、ビニール手袋をしてほじっていた」(32歳/その他/その他)

・「妊娠前は、快便だったが、妊娠で便秘に、おなかのマッサージや、薬を出してもらったので飲んだり、水分を多くとったりしてリズムをつけていた」(31歳/医療・福祉/専門職)

・「もともと便秘でしたが、妊娠中さらにひどくなりましたが、あんまり踏ん張りすぎると赤ちゃんが出てきてしまいそうで、ヨーグルトやゴボウ茶を飲んで自然に出る様がんばりました」(31歳/その他/その他)

まずはヨーグルトなどの食事で便秘対策をしているという声も多かったです。でも、あまりにひどいようなら無理せず病院に相談を。便秘に悩む妊婦さんも多いので、産婦人科の先生なら手慣れた様子でお薬を処方してくれるはず。

■逆に妊娠&出産で快便に!

・「逆に妊娠前はかなりの便秘だったけど妊娠してから快便になった」(36歳/医療・福祉/専門職)

・「高校生になった頃から何年も便秘がずーっと続いて毎日大変だったのに、妊娠中毎日1日4回もスッキリ出ていた。妊娠中は便秘になると聞いていたから、かなり不思議だった」(39歳/その他/その他)

・「妊娠中ひどい便秘でしたが、帝王切開で腸がととのえられて便利が治った」(35歳/その他/その他)

妊娠を機に便秘になってしまう人がいる一方で、妊娠してからや出産後になぜか便秘体質が改善されたという人もいました。体質がガラッと変わってしまうほど、妊娠・出産は女性の体に大きな影響を与えるということですよね。

■まとめ

妊娠中におなかが強く張ったり痛くなったりすると、「赤ちゃんに何かあったのかも」と心配になりますよね。便秘がちな場合、「便秘のせいだったら恥ずかしい」なんて病院に行くのをためらってしまいそうですが、何もなければあとで笑い話にすればいいこと。赤ちゃんのためにも自分のためにもここは割り切りが肝心かも。恥ずかしがらずに病院の先生に早めに相談しておくと安心ですね。

(錦織寿恵/フォルサ)

マイナビウーマン調べ 調査日時:2016年5月24日~5月27日 調査人数:405人(22歳~39歳の女性) ※画像はイメージです
他の記事を読む

妊娠・出産の記事

    ©camily 働くママとパパの仕事と育児をもっと自由に