camilyを便利に使おう

3つの質問に答えて、
自分にあった記事リストにしよう

会員登録はいりません

  • 1
  • 2
  • 3

2016年06月07日

幸せじゃないの? 約4人に1人の女性が妊娠にマイナスイメージを持つ理由

提供元: マイナビウーマン

幸せじゃないの? 約4人に1人の女性が妊娠にマイナスイメージを持つ理由

年齢を重ねるにつれて、妊娠を身近なこととして捉えるようになるもの。しかし、リアルに考えるからこそ、いいことだけではないマイナスなイメージを抱くこともありますよね。そこで今回は、働く女性のみなさんに、妊娠は自分にとってプラスイメージもしくはマイナスイメージのどちらなのか、本音を聞いてみました。

Q.妊娠はあなたにとってプラスイメージですか? マイナスイメージですか?

「プラスイメージ」……68.8%
「マイナスイメージ」……31.2%

妊娠することは、自分にとってプラスイメージだと考える人は7割近くいました。しかし、一方でマイナスイメージとして捉える女性も一定数いる様子。では、それぞれの意見を聞いてみましょう。

<「プラスイメージ」と回答した人の意見> ■新しい命を授ることは奇跡

・「新しい命を授かるということは本当にすごいことだと思うから」(30歳/機械・精密機器/事務系専門職)

・「命を授かることは奇跡だから。素晴らしいと思う」(33歳/医療・福祉/専門職)

・「赤ちゃんができるというのは、喜ぶべきことだし、希望したからといって必ずできるものではないから」(23歳/金融・証券/事務系専門職)

新しく命を授かるということは、それだけですべてがプラスに考えられそうですよね。お腹の中に新しい命がいると考えると、とても幸せな気持ちになるものです。

■家族が増える喜び

・「新しい家族が増えるから」(24歳/医療・福祉/専門職)

・「家族が増えて、責任感もだけど、幸せも増えるから」(28歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「家族が増えるのは幸せなことだから」(26歳/商社・卸/事務系専門職)

赤ちゃんができることで、新しい家族がひとり増えることは、とてもうれしいことですよね。責任感の分だけ、幸せを感じることもできそうです。

<「マイナスイメージ」と回答した人の意見> ■制限が増える

・「自分の時間がなくなるので」(25歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

・「いろんなことが制限される。体調・体型の変化。その後控える出産・育児の不安」(31歳/学校・教育関連/秘書・アシスタント職)

・「体調も、生活も、すべてが変わっていくため」(22歳/不動産/専門職)

妊娠をすると、いつもと体調も異なってくるため、これまでどおりの生活をするのは難しくなってきます。自然と自分に使う時間も制限されてくるため、覚悟ができていない場合はストレスもたまってしまうかもしれませんね。

■つらそう

・「つわりや陣痛がつらそうだから」(29歳/電力・ガス・石油/秘書・アシスタント職)

・「喜びもあるが、つわりがひどい友人を見て大変そうだなと思った」(25歳/食品・飲料/専門職)

・「身体に負担だし、精神的にも不安定になりそうだから」(27歳/情報・IT/事務系専門職)

妊娠はつわりや出産など、女性にとって痛みやつらさを伴うことも多いものです。まだ経験したことのない女性だと、そんなつらい思いはしたくないと、心のどこかで思ってしまうのも当然かもしれませんね。

<まとめ>

妊娠に対するイメージは、人それぞれ異なりますが、幸せなだけでは乗り越えられない部分もありますし、かといってつらいだけの日々ということでもありませんよね。いろいろな毎日の出来事を乗り越えていくことで、出産を迎えることができるようになるのかもしれません。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年5月6日〜2016年5月10日
調査人数:157人(22〜34歳の女性)

他の記事を読む

妊娠・出産の記事

    ©camily 働くママとパパの仕事と育児をもっと自由に