camilyを便利に使おう

3つの質問に答えて、
自分にあった記事リストにしよう

会員登録はいりません

  • 1
  • 2
  • 3

2016年06月10日

世にも壮絶な「出産」エピソード4選 「陣痛がつらすぎて旦那の●●を……」

提供元: マイナビウーマン

世にも壮絶な「出産」エピソード4選 「陣痛がつらすぎて旦那の●●を……」

「案ずるより産むがやすし」とはいうものの、これから結婚や妊娠を考えている女性にとって、出産が どんなものか気になりますよね。出産を経験したママたちの、そのリアルな声を集めました。

■長い陣痛に耐え抜いての出産

・「陣痛がまる2日あり、つらすぎて旦那のネックレスを引きちぎってしまいました」(38歳/医療・福祉/専 門職)

・「陣痛から29時間で、なかなか出てこず意識がとびそうになった。出産後あちこちにあざができていた」(30歳/そ の他/その他)

・「自然に陣痛が来ず、14時ごろから促進剤を入れても微弱で夕方に。点滴を中断して翌日に。先生や看護師さんが馬乗りになって押し出しても出てこず、17時にやっと出てきたけど、ぐったりしてた」(39歳/食 品・飲料/その他)

何十時間も壮絶な痛みに耐え続ける経験なんて、出産以外にまずなさそうですよね。そんな痛み を経験したら、よほどのことがない限り動じなくなりそうです。よく言われる「母強し」の理由は出産から始まる のかもしれません。

■陣痛、誘発剤、帝王切開のフルコース

・「検診の時に羊水が少なくなっていると言われ産院から総合病院へ転院。翌日陣痛促進剤を打って出産、もし赤ちゃんが苦しくなったら帝王切開もできるように翌朝から絶飲食という話だった。よるはモニターの音でなかなか眠れず、陣痛とおしるしが。促進剤なしに陣痛が来たのでそのまま出産に。痛くて叫んで喉が渇いても飲めずにきつかった。昼前に誕生したが赤ちゃんが気胸でNICUに」 (32歳/その他/その他)

・「切迫流産、切迫早産で入院。陣痛誘発剤で陣痛を起こし半日以上、陣痛に耐えたけど、 子どもが下りない。母子ともに危険ということで、緊急帝王切開。陣痛マックスでの手術の説明、同意書にサインは 地獄だった」(39歳/その他/その他)

・「予定帝王切開なのに、手術当日の早朝破水し、朝の5時から病院へ。手術の予定は夜の7時だったので、そこからひたすら待つしかできなかったこと。途中で陣痛も始まり、陣痛の痛みもお 腹を切った痛みも両方経験した」(31歳/学校・教育関連/専門職)

自然分娩を希望していても、状況によっては急遽帝王切開になることも。陣痛の辛さも味わい、帝王切開の痛みも感じ、まさに満身創痍な出産もあるんですよね 。本当、赤ちゃんもママもよくがんばりました!

■むしろ早すぎて焦る!

・「産むとき、10分以内に娘を産んだ!速かった!」(36歳情報・ITその他)

・「生理痛の痛みがひどいのでギリギリまで我慢してしまい病院についてすぐうまれたので、2人の娘とも、誰も立ち会えなかった。特に1人目は助産師も準備が間に合わず、なんの調節もなく一 人で踏ん張って出したので傷が大きかった」(32歳/その他/その他)

・「3人目、陣痛があっという間に進み、病院に 滑り込みセーフ。着いて、分娩台に直行し、30分で出産。バタバタでした」(37歳/医療・福祉/専門職)

予想外の 展開の早さに焦ったという声もチラホラ。特に2人目、3人目ともなるとお産も早く進むのかもしれません。間に合 わず自宅や車中でやむなく出産という話も聞いたことがありますが、想像しただけでパニックになりそうです。

■ 旦那が……

・「里帰り出産でした。自宅から実家までは高速で3時間。夜中に陣痛の感覚が狭まり、病院へ向かいました。 初産だし、と思って病院ついてすぐに夫に連絡したら、急いで向かう夫は速度違反で真夜中高速で警察に捕まりました」(27歳/その他/その他)

速度違反で捕まってしまった旦那さんは、その後、出産に間に合ったのでしょうか。 気になります・・

■まとめ

出産を経て思うのは、「100%絶対安全な出産はない」ということ。命を懸けて命を産むということなんだと実感しますよね。とはいえ必要以上の心配はストレスのもと。助産師さんやお医者さんに助けてもらいながら、赤ちゃんと自分の力を信じて出産に臨んでくださいね。

マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年5 月24日~5月27日
調査人数:405人(22歳~39歳の女性)
※画像はイメージです

(フォルサ/錦織寿恵)

他の記事を読む

家族の記事

    ©camily 働くママとパパの仕事と育児をもっと自由に