camilyを便利に使おう

3つの質問に答えて、
自分にあった記事リストにしよう

会員登録はいりません

  • 1
  • 2
  • 3

2016年06月16日

うちの旦那じゃなくてよかった! 「全然うらやましくない他人の旦那」5選

提供元: マイナビウーマン

うちの旦那じゃなくてよかった! 「全然うらやましくない他人の旦那」5選

結婚してから、よその旦那さんを見て自分の夫とを比較してしまったことありませんか? 「となりの芝は青い」という言葉のようなこともあるかもしれませんが、その逆もしかり。今回は、女性に聞いた「うちの夫じゃなくて良かった!」と思ってしまった他人の旦那さんのエピソードをご紹介します。

■子どもとのかかわりが……

・「おむつも替えたことない、お風呂も入れたことがない」(33歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

・「子育てが大変なのに飲みに行ったりする」(35歳/その他/その他)

・「子どもの機嫌のいい時のみかわいがる」(25歳/その他/その他)

育児はほとんど妻任せにしていたり、育児の大変さを理解しようとしない夫の話を聞くと、自分の夫は育児に協力的で良かったと思うようです。また、

・「子どもの誕生日に飲みに行き、朝まで帰ってこない」(25歳/その他/販売職・サービス系)

・「子どもたちの行事に一切参加しない」(33歳/医療・福祉/その他)

・「1年生になったばかりの子どもの運動会よりバイク仲間とのツーリングに行った話を聞いた時」(36歳/その他/販売職・サービス系)

といったように子どもの行事やイベントに参加しないことについても挙げられました。そのほかにも、

・「子どもの前でタバコを吸う」(24歳/その他/その他)

・「子どもがお父さんを嫌っている」(34歳/情報・IT/技術職)

という声も。

■女性問題を抱えている

・「出会い系サイトで遊んでいた」(33歳/電力・ガス・石油/事務系専門職)

・「夜勤の仕事と嘘をついて、女性と会ったり泊まったりしていた」(31歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

・「奥さんとの子どもではない子がよそに何人もいる」(31歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

・「W不倫をして相手の女性を妊娠させた」(33歳/その他/その他)

浮気をしたり異性にだらしない夫の話を聞いて「うちにはそんなことがなくて良かった」と思ったという声も少なくありません。また、女性問題とは少しちがうものの、

・「アイドルのおっかけをしている」(37歳/不動産/その他)

といったようなエピソードも。

■家族とのかかわりが薄い

・「家庭をかえりみない仕事人間」(39歳/その他/その他)

・「出張が多くて家にいない日が多い」(27歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

・「多趣味すぎて日替わりでいろんな趣味をこなすためほとんど家にいない」(35歳/その他/その他)

・「奥さんに興味がなくスキンシップもない」(37歳/その他/その他)

夫があまり家にいないということを挙げる女性も少なくありません。

■妻に優しくできない

・「作った食事を全部捨てる」(32歳/その他/その他)

・「暴力をふるう」(33歳/その他/その他)

・「束縛がひどい」(31歳/その他/その他)

・「亭主関白で小言を言う」(35歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

このような、いわゆる「モラハラ」と呼ばれる行為を挙げる女性も。

■経済面で苦労をかける

・「ギャンブルをする」(38歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

・「専業主婦を認めず、働かせようとする」(39歳/その他/その他)

・「後先考えず仕事をやめた」(34歳/その他/その他)

・「お金の管理が厳しくて、好きなものが買えない」(38歳/その他/その他)

経済面の苦労として特に多く挙がったのは、ギャンブルや趣味にお金をつぎ込むといった浪費癖や、共働きを強要したり無職でいるなど妻の収入をあてにする行為でした。逆に、お金にきっちりしすぎる夫について挙げる女性もいました。

■まとめ

よその旦那さんの良くない部分を見ることは、なかなか複雑なものですよね。しかし、これまで気づかなかった自分の夫のいい部分を知るきっかけになるかもしれませんね。

マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年6月7日~6月8日
調査人数:407人(22歳~34歳の女性)
※画像はイメージです

(フォルサ/池亀日名子)

他の記事を読む

家族の記事

    ©camily 働くママとパパの仕事と育児をもっと自由に