camilyを便利に使おう

3つの質問に答えて、
自分にあった記事リストにしよう

会員登録はいりません

  • 1
  • 2
  • 3

2016年06月17日

旦那が“高給”取りなら、家事育児を手伝わなくてもOK? ⇒YES○%

提供元: マイナビウーマン

旦那が“高給”取りなら、家事育児を手伝わなくてもOK? ⇒YES○%

家庭を営む中、夫婦は仕事、家事、育児をそれぞれ分担しながらこなしていくもの。分担方法は各家庭によってさまざまですが、女性にとってはどのような形が理想なのでしょうか? 今回、女性を対象に、給料がいい夫と家事・育児を手伝ってくれる夫のどちらがいいか、究極の質問をしてみました。

Q.つぎのうちどっちの旦那さんがいいですか?

・給料はいいが家事・育児をまったく手伝わない……38.6%
・給料は低いが家事・育児を手伝ってくれる……61.35%

■高給とりなら家事・育児は手伝わなくてOK ●お金はあった方がいい!

・「自分も買い物を思いっきりしてストレス発散したい」(40歳以上/その他/その他)

・「お金があれば、どこかで息抜きできるから」(37歳/金融・証券/営業職)

・「お金があれば働かなくていいから」(35歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

・「お金のけんかが一番いやだから」(39歳/その他/その他)

・「子育てが大変な時期は短いから長い目で見ると給料が高い方がよい」(38歳/建設・土木/技術職)

家事や育児を1人で負担することになっても、お金があればストレス発散ができるという意見もありました。夫婦げんかは金銭的なことがきっかけで発展するというケースもあるため、お金はあったほうがいい、というコメントも。子育て中の短い期間のことを負担するぐらいなら多く稼いできてくれた方がいいという意見もありました。

●給料の良くない夫は嫌だ

・「給料が低い=努力が足りないということ」(35歳/学校・教育関連/秘書・アシスタント職)

・「給料低かったら威厳もないし心の余裕もなくなる」(30歳/医療・福祉/専門職)

・「男は、稼いでくるのが仕事!それ以外はわたしが支えます」(36歳/その他/その他)

生活うんぬん以前に、男であり父親ならばそれなりに稼げるものであってほしい、という声。給料が低いのは努力が足りないからだというシビアな意見もありました。

●家事育児の協力をあてにしていない

・「給料が高い分、仕事をがんばってくれているから家事育児は自分がする分には許せる」(36歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

・「家の手伝いは子どもにしてもらえる」(37歳/その他/その他)

・「意見がちがったり口出されるよりは自由にやらせてくれて経済的に不安を感じないほうがよい」(31歳/医療・福祉/専門職)

・「手伝ってもらうのはうれしいが、やり方がちがうとやり直しが必要となり二度手間だから」(38歳/医療・福祉/事務系専門職)

お金があった方がいいというよりは、家事・育児は自分でやりたいという意見も挙がりました。手伝いも思う通りにしてもらえなかったら二度手間でかえって非効率になってしまうので介入されない方が有り難いようです。

●家事・育児の負担軽減はお金で!

・「お金があれば、託児所などサービスを受けたりできるから」(31歳/その他/その他)

・「給料が良ければ家事育児を他者に依頼することも可能だから、不満も少ないと思う」(33歳/医療・福祉/専門職)

お金があれば、家事・育児の負担が大きくなっても、プロにお金を支払って頼めばいいと考えるママもいるようです。

●子どものために

・「お金がないと子どもに不自由させてしまう」(30歳/医療・福祉/専門職)

・「子どものことにお金がかかるのでお金は必要。育児は割り切って1人でやる」(36歳/その他/その他)

・「子どもの将来を考えたら稼ぎいいに超したことない。
家事や育児を手伝ってもらえるのは有り難いが、それだけでは大学に行かせられない」(33歳/その他/その他)

育児にはお金がかかるもの。子どもに金銭的に不自由な思いをさせないためには、お金があった方がいいという声も多く寄せられました。

■家事・育児を手伝ってくれるなら給料が低くてもOK ●家事・育児にはサポートが必要

・「子どもに無関心よりもお金がない方がいい。2人の子どもだから一緒に面倒をみてほしい」(24歳/その他/その他)

・「家事育児は仕事とちがって24時間ある為」(35歳/小売店/販売職・サービス系)

・「育児も家事も1人で抱え込むのは体力的にも精神的にも本当に大変だから」(34歳/その他/その他)

子どもが小さいうちは24時間、家事に育児にとフル稼働となる場合も。1人で負担するのは大変だから、サポートしてほしいという声が多く挙がりました。

●家族として……

・「子どもにとって父、母の代わりはいないし、家族の時間を共有したい」(26歳/小売店/販売職・サービス系)

・「贅沢できなくてもあたたかい家庭がいい」(29歳/その他/その他)

・「給料がよくてもまったく何も手伝ってくれないとコミュニケーションが取れない気がする、
貧乏でも、手伝ってくれるとうれしいし、仲良くなれそう」(35歳/小売店/販売職・サービス系)

・「家族に思いやりや愛情を注げない夫は人間としても駄目だと思う」(30歳/その他/その他)

・「家事育児をしない人は子どもが1人増えたようだってよく聞くから、大人なのに恥ずかしいと思う」(37歳/その他/その他)

お互い家族に目を向けて、温かい家庭を築きたいという声が多く挙がりました。そのほか、家庭を顧みない男性に対して厳しい意見をする女性も。

●子どもへの影響

・「お金だけでは愛情を注げないと思うし、子どもの成長には両親がかかわるほうがいいと思うので」(38歳/その他/その他)

・「家で手伝ってくれる方が子どもに2人でいるところを見せてあげられる」(32歳/その他/その他)

・「育児は母親だけじゃなく父親も参加して父親の愛情もたくさんうけてほしいから」(28歳/その他/その他)

子どもには父親とも多く触れ合ってほしいという意見を挙げた女性も多いです。

●お金がなくてもどうにかなる

・「給与が低ければ妻が協力して、その分家事も協力すればお互いに支え合えるから」(31歳/医療・福祉/専門職)

・「家事育児に協力してくれれば私も働いて家計に協力する」(29歳/その他/その他)

給料が低くてお金がないなら自分も働いて家計を支える! という人が多く見られました。

●先のことを考えると……

・「仕事ばかりで家庭のことをやってくれないと老後もきっとすべてをやらないといけなくなるから」(38歳/その他/その他)

・「子育てに参加しない夫とは夫婦関係が成立しないだろうし将来的にうまくやっていけないと思う」(28歳/医療・福祉/専門職)

・「金銭的不安よりも肉体的精神的疲労のほうが後々響くから」(31歳/その他/その他)

・「生活レベルは低いほうが後々よい」(36歳/その他/事務系専門職)

将来のことを考えると、給料が低いことよりも家事・育児に不介入であることの方がデメリットが大きそう……と考えている人もいました。

■まとめ

考え方は、その人の価値観や普段の生活環境などでさまざま。自分とは異なる意見でも、別の視点からの考え方があったりして興味深いですよね。皆さんは、選ぶとしたらどちらがいいですか?

マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年6月7日~6月8日
調査人数:407人(22歳~34歳の女性)
※画像はイメージです

(フォルサ/池亀日名子)

他の記事を読む

子育ての記事

    ©camily 働くママとパパの仕事と育児をもっと自由に