camilyを便利に使おう

3つの質問に答えて、
自分にあった記事リストにしよう

会員登録はいりません

  • 1
  • 2
  • 3

2016年06月20日

旦那に“忘れられてショックだったこと”べスト5

提供元: マイナビウーマン

旦那に“忘れられてショックだったこと”べスト5

夫婦だからこそ分かち合いたい2人の思い出や記念日。自分はしっかりと覚えているのに、夫の方は忘れている……なんて事、ありませんか? 今回は、アンケート結果をもとにした夫に忘れられてショックだった思い出やイベント、記念日についての女性の本音をご紹介します。

■誕生日

・「私の誕生日を忘れて、休日なのに仕事を入れた」(39歳/その他/その他)

・「3年続けて誕生日を忘れられた」(35歳/その他/その他)

・「子どもの誕生日を間違えた」(29歳/その他/販売職・サービス系)

誕生日を忘れられてショックだったという女性の声は、多く挙がりました。ただ忘れられただけでなく、予定を入れられたり、一度に限らず何年も連続で忘れられたケースも。また、妻の誕生日以外にも子どもの誕生日を把握していなかった夫のエピソードもいくつか挙がりました。

■結婚記念日

・「結婚記念日は一度も祝ったことないです」(36歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

・「10年目の結婚記念を忘れられた(31歳/金融・証券/営業職)

誕生日同様に、結婚記念日を忘れられたという声も多く見られました。

■子どもメインのイベント

・「子どもの運動会、卒入学式。事前に言っても忘れて、ギリギリで予定を調整してる」(34歳/その他/その他)

・「クリスマスにサンタクロースになるの忘れて朝、息子のプレゼントがなかった」(24歳/その他/その他)

・「妊娠した日や出産の当日のことをあまり覚えていない」(25歳/学校・教育関連/その他)

子どもがメインとなる行事やイベントを忘れられたという声も。忘れられたことにショックですが、子どものガッカリした顔を見るのはつらいものですよね。また、出産は女性にとっては命がけのことで忘れられない思い出。夫にも、覚えていてほしいものですよね。

■交際中の思い出

・「付き合っていた時の思い出を割と忘れている」(31歳/医療・福祉/専門職)

・「付き合っていた頃、ここに来たねと話すと覚えていないようで、ちがう人じゃない?と言われたこと」(30歳/その他/その他)

・「付き合い始めのデートのことを覚えて無かった時」(30歳/その他/クリエイティブ職)

結婚する前の思い出は新鮮さがあり、思い返すことで初心に戻れたりしますよね。しかし、夫の方は忘れていて思い出を共感できないというパターンもあるようです。

■罪悪感もすっかり忘却!

・「ホワイトデーに、義母や母にはお返しをしたのに(私が手配)私へのお返しを忘れられた」(35歳/その他/その他)

・「浮気した罪悪感」(34歳/その他/その他)

ホワイトデーを忘れられたというエピソードもいくつか見られました。その他、いい思い出だけではなく夫の失態について挙げる人も。何事もなかったかのように振る舞われると、ショックと共に怒りを覚えることも。

■まとめ

つい忘れてしまうことに悪気はないとわかっていても、やっぱりモヤっとしてしまうもの。時には、自分から積極的に切り出すことも大切なのかもしれませんね。

マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年6月7日~6月8日
調査人数:407人(22歳~34歳の女性)
※画像はイメージです

(フォルサ/池亀日名子)

他の記事を読む

家族の記事

    ©camily 働くママとパパの仕事と育児をもっと自由に