camilyを便利に使おう

3つの質問に答えて、
自分にあった記事リストにしよう

会員登録はいりません

  • 1
  • 2
  • 3

2016年06月30日

乳がんは遺伝するってホント? 「乳がんの原因と予防」Q&A

提供元: マイナビウーマン

乳がんは遺伝するってホント? 「乳がんの原因と予防」Q&A

芸能人の方々の相次ぐ乳がんの発表に、改めて乳がんについて考えたという女性も多いのではないでしょうか。「がん」というとその恐ろしさばかりに目を向けられがちですが、まず大切なのは正しい知識を得ること。その上で、自分にできる予防をはじめられるといいですよね。そこで今回は、2016年6月20日に発行された、日本乳癌学会編『患者さんのための乳がん診療ガイドライン 2016年版』(金原出版)をもとに、発症リスクや遺伝性など気になる乳がんの原因・予防について、Q&A形式でまとめてみました。

■乳がんの原因と予防Q&A ◆乳がんは遺伝するってホント?

乳がんを発症した人の5~10%は、乳がんを発症しやすい体質、つまり遺伝性であると言われています。自分の親、子、姉妹の中に乳がん患者がいる女性はいない女性の2倍以上、また祖母、叔母、姪に乳がん患者がいる場合は1.5倍の発症リスクがあり、その人数が多ければ多いほどリスクは高まります。また、卵巣がんにかかった人が家系内にいる場合もリスクは高まると言われています。

◆妊娠・出産と乳がん発症の関係性は?

ホルモン受容体陽性(女性ホルモン受容体を持っているタイプのがん細胞)の乳がんに限ってみれば、出産経験のある女性より、ない女性のほうが2.2倍ほど乳がん発症リスクは高くなります。また、出産経験があっても初産年齢が高い女性では発症リスクが高く、低い女性では発症リスクが低いこともほぼ確実とされています。ただし、ホルモン受容体陰性(女性ホルモン受容体を持っていないタイプのがん細胞)の乳がんでは出産経験や初産年齢は関連がなく、また、必ずしも出産経験があるからといって乳がんにならないということではありません。

◆アルコールを飲みすぎると、乳がんになりやすくなるの?

日本人を対象とした研究では十分なデータがないため結論は出されていませんが、WCRF/AICR(※1)の報告によると、アルコール摂取量が増えるほど、乳がん発症のリスクは高まると言われています。また、飲む量については、1日あたり日本酒なら1合、ビールなら中ジョッキ1杯(500ml)、ワインならグラス2杯(200ml)程度ならリスク因子にならないという報告もありますが、飲む量が増えるに応じて発症リスクが高まるのは確実です。お酒は適度な量に抑えて楽しむのがいいでしょう。

※1……WCRF(World Cancer Research Fund)、AICR(American Institute for Cancer Research)

◆ストレスは乳がんのリスクを高めるの?

ストレスが乳がんの発症に与える影響についてはさまざまな研究が行われていますが、実はその結果は一致した見解ではありません。つまり、ストレスが発症リスクを高めるかどうかの結論は出ていないというのが現状です。また、性格との因果関係についても現段階では関連づけられておらず、「乳がんになりやすい性格」というものはないと言われています。

■まとめ

お酒を飲めば飲むほど乳がんの発症リスクが高まるなど、これまでの研究から確定的とされていることがある一方で、ストレスとの因果関係など、まだまだわからない部分も多く残る乳がん。お酒を控えるなどできる予防もありますが、それだけではなかなか発症を防ぐことはできないのが現状です。定期的な乳がん検診はもちろん、「いつもと何かがちがう」と異変にすぐに気がつけるよう、日ごろから自分の体の状態をしっかり把握しておくことが大切ですね。

(フォルサ/錦織寿恵)

『患者さんのための乳がん診療ガイドライン 2016年版』

医師たちが医療の現場で適切な判断を下せるよう作成された「乳がん診療ガイドライン」を、乳がん患者向けにまとめた1冊。乳がんの原因や予防などに関する素朴な疑問のほか、治療の考え方や流れ、再発・転移、療養上の問題、家族との接し方など、患者の目線でわかりやすく解説されている。

価格:2,300円(税別)
編者:日本乳癌学会
発行:金原出版

他の記事を読む

生活の記事

    ©camily 働くママとパパの仕事と育児をもっと自由に