camilyを便利に使おう

3つの質問に答えて、
自分にあった記事リストにしよう

会員登録はいりません

  • 1
  • 2
  • 3

2016年07月01日

抱き合えば赤ちゃんができるの? 子どものころ、妊娠・出産について不思議に思っていたこと4つ

提供元: マイナビウーマン

抱き合えば赤ちゃんができるの? 子どものころ、妊娠・出産について不思議に思っていたこと4つ

妊娠・出産のしくみがよくわからなかった幼いころは、妹や弟、近所に幼い子どもが生まれる度に「どこから赤ちゃんが?」と不思議になりましたよね。そこで働く女性に「子どものとき、妊娠・出産について不思議に思っていたこと」を聞いてみました。

<妊娠・出産について不思議に思っていたこと> ■赤ちゃんはどうやっておなかに入ってくるのか

・「小さいおなかの中に、どうして赤ちゃんが入れるのか。人の中に人が入っているのが不思議でした」(33歳/人材派遣・人材紹介/販売職・サービス系)

・「子どもはどこからおなかの中に入るのか、と思っていた」(34歳/医療・福祉/専門職)

・「どうしてお母さんのおなかの中で赤ちゃんが生きられるのかということ」(27歳/その他/秘書・アシスタント職)

子どものころによく聞かされた「赤ちゃんはコウノトリが運んでくるんだよ」という話。ただ運んできたはいいものの、そこから母親のおなかにどうやって入り、どうやってそこで生き延びるのか、謎が深まるばかりだったかもしれませんね。

■赤ちゃんはどうやって生まれるのか

・「どうやって生まれてくるのかがわからなかった。赤ちゃんが伸縮し、ポンっとおしりから出てくるのかと思っていた」(30歳/情報・IT/事務系専門職)

・「どのようにして子どもが生まれるのかわからなかった、ある日急にポンと子どもが出てくるのかと思ったことがある(笑)」(30歳/団体・公益法人・官公庁/その他)

・「結婚をすると自動的に子どもが生まれてくるものだと思っていた」(29歳/その他/秘書・アシスタント職)

赤ちゃんがやってくることはもちろん、「どうやって生まれてくるのか」も子どもにとって謎のひとつ。「ポンと生まれる派」や「自動で誕生する派」など、いろいろな想像をしていた人も多いよう。ここを突っ込まれて困った親も多そう?

■赤ちゃんはキスかハグでできる

・「どうしたら子どもができるのか知りたかった。キスしたらできると思っていたので」(27歳/アパレル・繊維/秘書・アシスタント職)

・「『どうやって赤ちゃんができるの?』と思っていた。抱き合うとできると説明されたが、それなら誰とでも簡単にできると思って謎でたまらなかったから」(32歳/小売店/販売職・サービス系)

赤ちゃんができる経緯を、少し突っ込んで内容を知ることができた子どもも、やはり「キスやハグから先」は教えてもらえなかったよう。そのため謎が余計に深まったという人もいました。確かにこれでは、誰とでも子どもができてしまいますよね。

■赤ちゃんを産むとき、痛くないの?

・「産むとき痛いらしいのに、世のお母さんたちはなんで子どもを産みたいと思えるんだろうと不思議に思っていました」(33歳/医療・福祉/専門職)

・「おなかがあんなに大きくなるので痛くないのかと思ってた」(28歳/金融・証券/販売職・サービス系)

赤ちゃんを産むと痛いのに、なぜ女性は子どもを産みたいと思うのか。おなかがふくらんでもなぜ痛くないのか。これは大人になってからも思うことが多い、「妊娠の不思議」ですよね。なかなか子どもに答えにくい問題かもしれません。

<まとめ>

大人になった今でもわからないことの多い、妊娠や命が生まれることの不思議。子どもならなおさら興味が湧き、謎なことばかりかもしれませんね。自分に子どもが生まれたとき、これをうまく説明できるか……、みなさんは自信がありますか?

(ファナティック)

※画像はイメージです

マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年5月27日~2016年5月31日
調査人数:131人(22~34歳の働く女性)

他の記事を読む

妊娠・出産の記事

    ©camily 働くママとパパの仕事と育児をもっと自由に