camilyを便利に使おう

3つの質問に答えて、
自分にあった記事リストにしよう

会員登録はいりません

  • 1
  • 2
  • 3

2016年07月02日

ママ400人に大調査! 「結婚記念日にもらってうれしかった物」とは? 3位「ケーキ」

提供元: マイナビウーマン

ママ400人に大調査! 「結婚記念日にもらってうれしかった物」とは? 3位「ケーキ」

毎年1回訪れる結婚記念日。「結婚10周年のプレゼントはスイートテンダイヤ」なんて言葉もよく聞きますが、実際、ママたちは結婚記念日にどのようなプレゼントをもらっているのでしょうか? 今回は、結婚記念日にもらってうれしかった贈り物について聞いてみました。

■1位「アクセサリー」

・「お金持ちでもないので、安い指輪をずっとつけていたのですが、ごめんな。安い指輪をずっと付けさせてて……と指輪をプレゼントしてくれました」(35歳/その他/販売職・サービス系)

・「ネックレス。何年も誕生日忘れられてて、10年目で数年ぶりにケーキと記念品渡されてうれしかった」(36歳/その他/販売職・サービス系)

・「これデザインいいなぁ、とウインドー越しに眺めてつぶやいたピアスを、後日こっそり会社帰りに購入してて、忘れたころにプレゼントしてくれた!」(36歳/その他/その他)

・「直前に生まれた次男の誕生石がついたネックレス。きちんと、結婚記念日を覚えておいてくれたことと、子どものことも考えてくれてるということがわかってうれしかった」(37歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

もっともうれしいプレゼントは、指輪やネックレス、ピアスといったアクセサリーでした。「期待していなかったからびっくり」「忘れていると思っていた」といった声も多数。予期せぬ夫からのプレゼントにはテンションが上がりますよね。

■2位「花束」

・「バラの花束。花束を買うようなキャラじゃないので。1人で花屋に行って、買ったのを想像しただけでも恥ずかしかっただろうし、うれしかった」(32歳/金融・証券/事務系専門職)

・「花束。私の好きなひまわりだったので」(37歳/その他/その他)

・「花束。なかなかもらう機会がないので、特別な感じがしてうれしかった」(31歳/医療・福祉/専門職)

男性1人では、なかなか花屋さんに入りづらいもの。また、花束は持っていると目立つし、気恥ずかしいと感じる男性も多いのではないでしょうか。それでも記念日に妻のことを思って花束をプレゼントしてくれたという行動に、ママはうれしさを感じるようです。

■3位「ケーキ」

・「ケーキ。1番好きなのを覚えててくれたから」(34歳/食品・飲料/その他)

・「ケーキ。その時食べたい好きなケーキを一緒に買いに行く」(38歳/自営業・フリーランス/販売職・サービス系)

・「ケーキ。家族みんなで笑顔になれたから」(37歳/その他/その他)

やっぱり女性はスイーツが好き! 「毎年結婚記念日に食べる」「プレゼントはないけど、ケーキは食べる」という家庭は多いようです。自分だけではなく、みんなそろって食べてお祝いできる、というのも理由のひとつかもしれません。

■番外編 ●欲しかったものをプレゼント

・「これから一緒に育てよう、と言って観葉植物をもらった。まだ元気に成長している」(35歳/その他/その他)

・「欲しかったルクーゼのグラタン皿」(35歳/その他/その他)

・「子どもとおそろいのもの。自分だけよりうれしい」(33歳/機械・精密機器/営業職)

・「結婚10年目の結婚記念日に、私が欲しかった天体望遠鏡が届いた」(38歳/医療・福祉/事務系専門職)

子どもが生まれると、まずは子ども第一! 物欲をセーブして育児にがんばるママからは「欲しかったものをもらえてうれしかった」という声が挙がりました。子どものことも考えたプレゼントや、これからも一緒にいようというメッセージが感じられるプレゼントにグッときた、という声も。

●「愛情」が感じられるプレゼントもうれしい

・「フルコースの手作りディナー」(32歳/ホテル・旅行・アミューズメント/営業職)

・「物よりわすれないでいてくれるその気持ちが私はうれしいです」(33歳/その他/その他)

・「思い出の写真をアルバムにしたもの」(29歳/医療・福祉/専門職)

・「指輪ももらったが、"いつも子どもたちのこと、ありがとう。これからも仲良くいようね"の言葉がいちばんうれしかった」(36歳/学校・教育関連/専門職)

プレゼントは物だけではありません。食事の支度をしてくれたり、感謝の言葉をかけてくれたことが一番うれしかった、というコメントも多数。特別な日だからこそ、言葉や行動で示してくれるとうれしさは倍増ですよね。

●ブランド物や車

・「車」(38歳/その他/その他)

・「ヴィトンのバッグ。子どもが2人、3人と増えるたびに生活に余裕がなくなり今じゃ買いたくても買えやしないので」(36歳/その他/その他)

・「ディズニーランドへ2デイズの旅行。素敵なホテルに泊まった」(38歳/医療・福祉/その他)

記念日には、ちょっと豪華に旅行をする、ディナーを楽しむという人もちらほら。そのほか、ブランド品や車といった高価なものをプレゼントされた、というママもいました。

■まとめ

「ありがとうの言葉が一番」「欲しかったものをもらってうれしかった」など、ママによってうれしいと思うプレゼントはさまざま。どんな形であれ、育児に家事に仕事にと、毎日奮闘するママにとって、夫からのプレゼントはうれしいサプライズ! プレゼントをもらったら「ありがとう」のひとことも忘れずに言いたいものですね。

マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年6月7日~6月8日
調査人数:407人(22歳~34歳の女性)
※画像はイメージです

(フォルサ/松原圭子)

他の記事を読む

家族の記事

    ©camily 働くママとパパの仕事と育児をもっと自由に