camilyを便利に使おう

3つの質問に答えて、
自分にあった記事リストにしよう

会員登録はいりません

  • 1
  • 2
  • 3

2016年07月07日

恥ずっ! 子どものころ、「妊娠について無知だったな」と思うこと8選

提供元: マイナビウーマン

恥ずっ! 子どものころ、「妊娠について無知だったな」と思うこと8選

幼少期、「赤ちゃんはどうやってできるの?」と素朴な疑問を親にぶつけた人もいるのではないでしょうか。無知であるがゆえ聞いたことでも、今となっては返答に戸惑っていた親の気持ちがわかりますよね。そんな今回は、社会人女性のみなさんに「子どものころ、無知だった妊娠のあれこれ」について、こっそり聞いてみました。

■子どもはポンポン産めると思ってた

・「妊娠は大変なことをあまりよくわかってなかった。簡単に『子どもが●人ほしい』なんて言っていたことあるから」(27歳/その他/秘書・アシスタント職)

・「『100人産みたい!』とか言ってたこと。単純に無理」(33歳/不動産/専門職)

妊娠や出産がいかに大変なことなのかを知った今となれば、そんなにたくさん産めるわけない! と突っ込みたくなりますね。当時は単純に、たくさんの子どもに囲まれてにぎやかな生活を送りたいと思っていたのかもしれませんね。

■誰かが言っていた迷信

・「赤ちゃんはコウノトリが連れてきてくれると思っていたこと」(29歳/小売店/販売職・サービス系)

・「子どもはひとりでできるものだと思っていた。授業でそうでないことを知ってショックを受けた」(33歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

妊娠の過程は、大人が子どもに言いたくないと感じることもあるため、謎の迷信を返答として使うこともあります。コウノトリの話を聞いても、ほとんどの人はその理屈がわからず、コウノトリがどんな鳥なのかさえも理解していなかったかもしれませんよね。

■夫婦は子どもがいて当たり前?

・「結婚したら自動的に子どもができると思っていた。アニメなどだと、自然と子どもができていたから」(27歳/情報・IT/事務系専門職)

・「妊娠したら必ず子どもが産める」(25歳/農林・水産/その他)

結婚と妊娠はイコールだと勘違いしていた女性たちも。妊娠について無知だったこともありますが、結婚がどういうものなのかもわかっていなかった人も多いのかもしれませんね。

■子どもってどこから出てくるの?

・「小さいころはお腹を切って生まれてくると思い込んでいた」(25歳/食品・飲料/専門職)

・「どこから産まれてくるかわからなかった。体の仕組みをわかってなかったから」(30歳/情報・IT/その他)

お腹を切るという意味では帝王切開という出産方法もあります。しかし、一般的にはひとりの人間が、母親の股から生まれてくるということを知ったときは衝撃的でしたよね。

<まとめ>

あの発言を取り消したい! と、当時を思い出しながら読んだ人も多いのではないでしょうか。ですが人はどこかの段階で、妊娠に対する正しい知識を身に着けるものです。将来、自分の子どもに妊娠について聞かれたら、あなたはどう答えますか?

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年5月20日~2016年5月27日
調査人数:156人(22~34歳の女性)

他の記事を読む

妊娠・出産の記事

    ©camily 働くママとパパの仕事と育児をもっと自由に