camilyを便利に使おう

3つの質問に答えて、
自分にあった記事リストにしよう

会員登録はいりません

  • 1
  • 2
  • 3

2016年07月08日

何もしないで!? 出産中、パートナーにお願いしたいこと4つ

提供元: マイナビウーマン

何もしないで!? 出産中、パートナーにお願いしたいこと4つ

出産の苦しさを乗り越えるためにはパートナーの力を借りたいもの。ただ実際にどんなことをすれば女性の助けになるのか、男性にはわからないことも多いですよね。そこで「出産中、パートナーにしてもらいたいこと」を働く女性に聞いてみました。

■汗を拭いたり、水を飲ませたりしてほしい

・「汗を拭いてほしい。それすらもできないと思うから」(28歳/ソフトウェア/技術職)

・「腰をさすってくれたり、汗を拭いてれたり、できることでいいから支えてほしい」(30歳/医療・福祉/事務系専門職)

・「水を飲ませてくれること。汗だくで水がほしくなるから」(28歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

出産中は痛みと苦しみに耐え抜くので精いっぱい。そのため出産中は汗を拭いたり、水を飲ませたりなど身の回りの世話をしてほしいと考える女性が多いよう。また分娩中は汗びっしょりになり体が冷えやすいため、こまめに汗を拭いてくれると助かりそうですよね。

■そばにいて励ましてほしい

・「一緒にいきんでくれる。協力してくれていることが伝わるから」(29歳/電力・ガス・石油/秘書・アシスタント職)

・「手を握って見守っていてほしい。ほかにできることもないと思うから」(27歳/情報・IT/事務系専門職)

・「励ましてほしい。痛みに耐えるだけでいっぱいいっぱいだから」(31歳/金融・証券/専門職)

出産では今まで経験したことのない痛みに襲われるため、パートナーの励ましがあるとうれしいですよね。陣痛の長さは人それぞれですが、もし自分が長かった場合のことを考えると、パートナーの助けがないと耐えきれるか不安!?

■逆に何もしないでほしい

・「ほっといてもらう、いざというときだけ病院など連れて行ってもらえる程度の距離にいてほしい」(28歳/金属・鉄鋼・化学/営業職)

・「そばにいないでほしい。苦しんでる汚い顔を見られたくないから」(31歳/金融・証券/事務系専門職)

一方でパートナーがそばにいると出産に集中できないため、何もしないでほしいという女性もいました。出産の介助はプロの手や実の両親にお任せして、そっと見守るのもパートナーの仕事!? 女性がパートナーに求めることは、人それぞれかもしれません。

■家事をやっておいてほしい

・「家事や掃除など家のこと全般。仕事との両立で大変だと思うけど、やってほしいです」(31歳/情報・IT/営業職)

・「すべての用事を聞いてほしい」(32歳/情報・IT/秘書・アシスタント職)

出産前後は身の回りのことが思うようにできないため、最低限やってほしいのが家事。また買い物にも行きづらくなるため、必要なものを買いに行ってくれたり、用意してくれたりするのも助かりそうですよね。

<まとめ>

パートナーは何もしなくてもいい、という女性もいますが、それでもやはり出産前後は「すべてがいつも通り」とはいかないもの。ぜひ女性が何を必要としていて、どんな助けがいるのかは前もって確認し、「ベストなサポート体制」を準備しておいてほしいですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年5月10日~2016年5月18日
調査人数:182人(22~34歳の女性)

他の記事を読む

妊娠・出産の記事

    ©camily 働くママとパパの仕事と育児をもっと自由に