camilyを便利に使おう

3つの質問に答えて、
自分にあった記事リストにしよう

会員登録はいりません

  • 1
  • 2
  • 3

2016年07月10日

ぶっちゃけ旦那はATMでーす! 「こんな旦那でもいてくれてよかったと感じる」エピソード6

提供元: マイナビウーマン

ぶっちゃけ旦那はATMでーす! 「こんな旦那でもいてくれてよかったと感じる」エピソード6

一緒に暮らし始めるようになると、パートナーに対し、恋愛のときめきや感謝の気持ちは薄くなっていくことも多いのではないでしょうか? いてくれることが当たり前で、ついついぞんざいに扱ってしまう、なんていう人もいるのでは? 今回は既婚女性を対象に「こんな旦那でもいてくれてよかったと感じるエピソード」について聞いてみました。

■子育てに協力してくれる

・「出産のとき、隣にいて応援してくれた時」(27歳/その他/その他)

・「子どもが病気のとき」(36歳/機械・精密機器/秘書・アシスタント職)

・「子どもを授かれたこと」(34歳/その他/販売職・サービス系)

・「子どものためにPTAでがんばってくれているとき」(39歳/農林・水産/その他)

多かったのは、「子育てへの協力」に対しての感謝の気持ちでした。つらい出産時に常にそばについていてくれたことや、子どもが病気のときにしっかりサポートしてくれたとき、しみじみといてくれてよかった、と感じるようです。

■ピンチのとき

・「地震のとき心強かった」(32歳/食品・飲料/営業職)

・「体調を崩した時にいろいろと世話をやいてくれるところ」(31歳/医療・福祉/専門職)

・「つらい時に支えになってくれたとき」(34歳/その他/その他)

・「悲しいことがあった時に1人で泣いていたら、悲しみを共感してくれた」(28歳/医療・福祉/専門職)

「風邪ひいて体調最悪……。でも食事作らなきゃ、子どもの世話しなきゃ……」そんな時に、サッと家事を手伝ってくれたり、子どもの相手をしてくれるとありがたいですよね。そのほか、災害時にそばにいてくれて心強かったこと、つらいときや悲しいときに、そばで支えてくれていたことに感謝するコメントも多くありました。

■こんな時に助かった!

・「家の中の壊れたものを修理してくれる」(35歳/その他/その他)

・「ゴキブリが出たとき」(38歳/その他/その他)

・「セールスとか勧誘をハッキリ断ってくれる」(32歳/情報・IT/事務系専門職)

・「パソコンや料理の知識など私の知らないことを細かく知っているので助かる」(31歳/その他/販売職・サービス系)

機械のトラブルや苦手な虫の登場など、家の中のちょっとした困りごとを解決してくれる姿に、ありがたい!と感じるという声も。そのほか、「車を運転してくれる」「荷物運び」「レジャーなどの場所取り」などの時を挙げる人もいました。

■愛情を感じられるとき

・「子どもや自分のことを一番に考えてくれる」(30歳/その他/販売職・サービス系)

・「どんなに疲れて帰ってきても家のことを手伝ってくれる」(32歳/医療・福祉/専門職)

・「一切愛情表現がない夫ですが、私の誕生日にケーキを予約して、残業せずに帰って来てくれた時」(34歳/医療・福祉/事務系専門職)

子どもや自分に対する愛情や思いやりを感じられる時に、しみじみ「この人を選んでよかった」と感じる妻も多いようです。言葉で愛情を表現するのは苦手なパートナーが行動で示してくれると、不器用ながらも愛情が伝わりますよね。

■いつでも感謝してる

・「こんな旦那って思ったことない。常にいてくれてよかったと思ってますよ」(39歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)

・「こんな旦那ではない。居てくれることが感謝です。旦那が居ない人生はありえない」(36歳/自動車関連/事務系事務職)

・「居てくれてよかったではなく、居なきゃダメです」(39歳/医療・福祉/専門職)

中には、「質問の『こんな旦那』という表現は失礼です!」というコメントもありました。常に感謝している、いてくれないと困る、いてくれると安心する、と、全面的にパートナーに信頼を寄せている回答も多数。良好な関係ぶりがうかがえます。

■現実的な意見も

・「仕事をして生活費を稼いできてくれるところ」(38歳/電力・ガス・石油/その他)

・「毎日ご飯が食べれてすごせているから」(30歳/その他/その他)

・「経済力がある」(33歳/その他/その他)

・「ローン組んでくれた」(32歳/自動車関連/営業職)

結婚生活を続けていく上で、「お金」はとても大事。中には現実的ですが、パートナーがお金を稼いでくることに感謝、という人もいました。

■まとめ

今回のアンケートでは「いてくれてよかったと思うエピソードはない」という意見はほんのわずか。多くが、パートナーがいて助かった! と具体的なエピソードを回答してくれました。「いつも感謝」「いてくれてありがとう」と常々パートナーをに感謝しているという妻の声も多数。お互いに助け合いながら、これからもよきパートナーでありたいものですね。

マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年6月21日~6月28日
調査人数:407人(22歳~39歳の女性)
※画像はイメージです

(フォルサ/松原圭子)

他の記事を読む

家族の記事

    ©camily 働くママとパパの仕事と育児をもっと自由に