camilyを便利に使おう

3つの質問に答えて、
自分にあった記事リストにしよう

会員登録はいりません

  • 1
  • 2
  • 3

2016年07月18日

妻が夫に「もっとしてほしい」と望むこと4選 「●●ばかりをいじらないで……」

提供元: マイナビウーマン

妻が夫に「もっとしてほしい」と望むこと4選 「●●ばかりをいじらないで……」

結婚生活を続けている中で、夫に対して「もっとこうしてほしい」と思うことってありますよね。でも、なかなか言い出しにくいもの。今回は女性に、夫に「もっとしてほしい」と望むことについて本音を聞いてみました。

■家事に対しての要望

・「家事の分担。現在退職に向けての有休消化中だが、私が休みだからと家のことを全部するのが当たり前という考えを変えてほしい」(31歳/小売店/販売職・サービス系)

・「頼まなくても家事を率先してやってほしい」(36歳/その他/その他)

まず挙がったのは、家事に対する要望。家事を妻任せにせず、協力的な姿勢を見せてほしいという声がありました。また、

・「自分の分の片付けくらいしてほしい。タバコのゴミや、洗濯物をしまうなど"家事について文句は何も言わないからいいけど、共働きだから少しは手伝ってほしい」(31歳/その他/その他)

・「自分の身の回り事は自分でしてほしい。赤ん坊より手がかかるので困る。食べたものを置きっぱなし、脱いだものを脱ぎっぱなしを直してほしい」(35歳/その他/その他)

といったように、せめて自分のことぐらいは自分でしてほしいというコメントや、

・「やってくれるけど雑なのと、あとでやると言ってやらないことをなんとかしてほしい」(36歳/その他/その他)

・「ごみの分別や部屋のライトのスイッチの場所、家電の使い方をいい加減マスターしてほしい」(35歳/学校・教育関連/専門職)

といった、やってくれるのはいいけれどきちんとこなしてほしいという声もがりました。

■育児に関しての要望

・「もっと育児に参加してほしい。いちいち文句を言わないでほしい」(35歳/その他/その他)

・「ゲームをする時間で子どもと遊んだり絵本を読んでほしい」(34歳/その他/営業職)

・「子どもの勉強を見たり、遊んだりすること」(38歳/その他/その他)

・「仕事が忙しいのはわかるけど、休みの日ぐらいもう少し子どものこと見てください」(27歳/その他/その他)

このように、育児に関する要望も多く挙がりました。

・「イクメンぶるのはちょっといや。親なら当たり前だから」(35歳/通信/販売職・サービス系)

育児は2人でするものなのだから、育児に協力していることを当たり前だと認識してほしいという声もありました。

■きちんと会話をしてほしい

・「携帯ばかりいじらないで、もっと会話をしてほしい」(24歳/小売店/販売職・サービス系)

・「もっと話しかけてほしい。会話を楽しくする努力をしてほしい」(30歳/その他/その他)

・「あまり会話がないので、もっと自分のことを話してほしい」(31歳/学校・教育関連/秘書・アシスタント職)

・「話を聞いてほしい」(25歳/建設・土木/事務系専門職)

会話をきちんとしたいという声も多く挙がりました。望んでいる会話の内容は、楽しい話や夫の話を妻の話など、さまざま。また、

・「ご飯を何も言わずに食べないでほしい。おいしいのかおいしくないのかわからない」(32歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

という声も。

■具体的な要望

・「使った物は元の位置に戻してほしい。その一手間が楽になる」(24歳/その他/販売職・サービス系)

・「帰宅時間を連絡してほしい」(38歳/その他/その他)

・「洗濯物を裏返しで出さずにちゃんと直してほしい」(27歳/その他/その他)

このように、具体的なことを挙げる女性もいました。ささいなことのようでもありますが、毎日つみかさなると不満がつのることも。

■まとめ

妻が夫に望むことは、家事や育児、日常会話などさまざまなシーンの中にあるようです。しかし、自分の中でためこんでばかりいるのはストレスの原因にもなります。不満が爆発する前に、きちんと相手に伝えられたらいいですよね。

マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年7月8日~7月10日
調査人数:204人(22歳~39歳の女性)
※画像はイメージです

(フォルサ/池亀日名子)

他の記事を読む

生活の記事

    ©camily 働くママとパパの仕事と育児をもっと自由に