camilyを便利に使おう

3つの質問に答えて、
自分にあった記事リストにしよう

会員登録はいりません

  • 1
  • 2
  • 3

2016年08月11日

長く彼に愛されたいから! 女性が目指す「理想の妻」3選

提供元: マイナビウーマン

長く彼に愛されたいから! 女性が目指す「理想の妻」3選

結婚したらこんな妻になりたいという「理想の妻像」ってありますよね。夫の一番の理解者でありたい、いい奥さんと呼ばれたいなど、いろいろな妻の姿が浮かぶと思いますが、女性たちが目指しているのはどんな妻なのでしょうか。今回は、結婚後はこうありたいと思う「理想の妻」のイメージについて女性たちに聞いてみました。

■仕事も家事もそつなくこなす妻

・「料理をささっと作れること。レパートリーがたくさんあること」(32歳/建設・土木/事務系専門職)

・「料理も洗濯も掃除も旦那が気持ちよく過ごせるための家を作りたい。彼には外でがんばって家では癒されてほしいから」(33歳/小売店/販売職・サービス系)

・「家事も仕事もバランスよくこなし、休日は自由に過ごす。妻としての役割を果たしつつ、休日にはきちんと息抜きしたいから」(27歳/情報・IT/事務系専門職)

共働きでも家事に手を抜かず、仕事も家事もバランスよくこなす。時間に追われて余裕をなくしてしまうことなく、自分の時間はきちんと作りながらも夫のために居心地のいい家庭を作りたいと思っている女性も。おいしい料理を作って彼の帰りを待つというのは、自分にとっても幸せな時間になりそうですね。

■夫をサポートする献身的な妻

・「仕事の大変さを理解できる、協力的な奥さんでありたい。それには社会人経験をして、仕事と日常生活を二人で支えあえる間柄でありたい」(32歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

・「旦那さんには仕事にしっかり打ち込んでもらい、けど、悩みごとやストレスが溜まっていたら、いち早く気付いて癒してあげられる」(28歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「内助の功で夫を支える。折角夫婦になったならお互いに支え合ってがんばりたいと思うから」(33歳/不動産/専門職)

夫を陰でそっと支えてあげられる妻になりたいという女性もいるようです。仕事で疲れているときに夫が「帰りたい」と思える場所になること、自分の存在が彼にとっての癒しになること。お互いに支え合いながら、一緒に成長していけるというのは素敵な夫婦像でもありますよね。

■いつもニコニコしている明るい妻

・「自分のお母さんみたいな、いつも笑っている妻」(30歳/機械・精密機器/事務系専門職)

・「ヒステリックに怒らない、いつもどっしり構えていられる妻。明るい家庭になりそうだから」(34歳/小売店/販売職・サービス系)

・「旦那を立てていつもニコニコしている妻。旦那が帰ってきたいと思える家庭になると思うから」(28歳/ソフトウェア/技術職)

顔を見るだけで夫が幸せな気分になってくれるような、明るい妻でいたいという女性も。子どもができたときには理想のお母さん、夫にとってはやさしい妻。自分がいつもニコニコとしていることで、家族が楽しく暮らせるような家庭を作ることができればいいですよね。

■まとめ

結婚して自分の家庭を持ったら、理想的な妻でいたい。家族のために尽くしながら自分自身も幸せを感じられるような家庭を作れる妻にあこがれるという女性は多いようですね。好きな人と一緒に暮らせるからといって、決して楽なことだけではない結婚生活。でも、結婚することで得られる幸せや満足感があればこそ、家族を支える存在でいたいと思えるようです。みなさんは、結婚したらどんな妻になりたいと思っていますか?

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年7月14日~7月19日
調査人数:118人(22歳~34歳の社会人女性)

他の記事を読む

家族の記事

    ©camily 働くママとパパの仕事と育児をもっと自由に