camilyを便利に使おう

3つの質問に答えて、
自分にあった記事リストにしよう

会員登録はいりません

  • 1
  • 2
  • 3

2016年08月13日

愛だけじゃムリ! 「結婚にはやっぱりお金が大事」だと感じたエピソード9

提供元: マイナビウーマン

愛だけじゃムリ! 「結婚にはやっぱりお金が大事」だと感じたエピソード9

みなさんは「結婚にはお金が大事」という考えについてどう思いますか? お金がすべてではない、お金がないと何もできないなど意見が分かれるところでしょうが、いろいろと考えて「やっぱりお金が大事」と実感したという女性もいるようです。今回は「結婚にはお金が大事だ」と感じた瞬間について女性たちに聞いてみましょう。

■お金が原因で別れたカップルを見たとき

・「良家に嫁いだ友人だが旦那の事業が失敗。金の切れ目が縁の切れ目になった」(31歳/金融・証券/秘書・アシスタント職)

・「女性のほうが稼ぎがよかったカップルが結婚直前に破談になり、原因ははやり男性の稼ぎが少ないことだと聞いたので、お金も大事だなと思った」(28歳/ソフトウェア/技術職)

いわゆる玉の輿に乗ったのかと思った友人がお金が原因で離婚したり、ラブラブに見えたカップルが女性のほうが稼ぎがよくて別れたり……。どんなに幸せそうに見えても「金の切れ目が縁の切れ目」になると改めて感じた女性もいるようです。男性だけがお金を稼ぐ責任を負っているわけではないにしても、お金がなくなるといろいろと面倒なことも多そうですよね。

■新生活にかかる費用を具体的に計算したとき

・「子どもが生まれたときの出費を考えたとき」(27歳/学校・教育関連/秘書・アシスタント職)

・「一緒に暮らすための家具代を計算したとき」(31歳/医療・福祉/専門職)

・「結婚式の値段を聞いたとき。友人がしみじみお金は貯めといたほうがいいよ~と言っていたので」(28歳/建設・土木/技術職)

・「私の先輩が彼氏と同棲をしていたときに、『同棲すると家賃は半分にできるけど、食費や光熱費は2倍かかる』と言っていたことがあり、結婚して子どもを持つことも考えたら、お金はいくらあっても足りないなぁと思った」(32歳/生保・損保/営業職)

結婚式や新居の費用を具体的に考えたとき「やっぱりお金がないとダメだ」と思った女性もいるようです。妊娠や出産で自分が働けなくなったときの生活費、子どもの教育にかかる費用など結婚後は大きなお金が出ていくことも少なくないので、貯金がないと不安にもなりますよね。

■結婚後に苦労している友だちを見たとき

・「友だちが、毎日働きづめで、旦那の稼ぎが少ないから子作りする気力もないと言っているから」(34歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「友だちが借金で苦労している話を聞いたとき」(29歳/情報・IT/秘書・アシスタント職)

・「友だちがお金がない人と結婚して、仕事して大変そうだったので、お金が大切だなと思った」(27歳/アパレル・繊維/秘書・アシスタント職)

先に結婚した友人を見ていて、お金がないと苦労すると実感した人もいるようです。子どもがほしくても生活だけで精一杯、独身のときよりも疲れた顔をしていると友人の姿を見ると「きちんと貯金をしてから結婚しよう」と改めて思い直す人も多いかもしれませんね。

■まとめ

結婚はお金がすべてではないけれど、お金がないと苦労することも多い。結婚についてじっくり考えたり、既婚の友人の生活を見たりすると愛だけではどうにもならないこともあると実感するようですね。結婚相手にお金があったとしてもそれで結婚生活が安泰というわけにもいかないとなると、しっかりと貯金をしておくことも大事。将来を考えて計画的に貯金しておくのは、自分のためになるはずですよね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年7月14日~7月19日
調査人数:118人(22歳~34歳の社会人女性)

他の記事を読む

生活の記事

    ©camily 働くママとパパの仕事と育児をもっと自由に