camilyを便利に使おう

3つの質問に答えて、
自分にあった記事リストにしよう

会員登録はいりません

  • 1
  • 2
  • 3

2016年09月02日

結婚したいのに結婚できない女の特徴とは? 婚活成功の鍵は「結婚生活」のイメージを変えること!

提供元: マイナビウーマン

結婚したいのに結婚できない女の特徴とは? 婚活成功の鍵は「結婚生活」のイメージを変えること!

「結婚したいから婚活も一生懸命やっている。だけどなかなか成果が上がらない…」と悩んでいる人は多いでしょう。しかし、「自分は他人に比べてどれだけがんばっているか?」となると、比較したことはないという人がほとんどではないでしょうか?

婚活のがんばりは主観的なものなので、自分では一生懸命やっているつもりでも、実はまだまだ足りなかったり、過去の経験や結婚に対するイメージが原因で、積極的になれなかったりする場合があります。 そこで、婚活に積極的になれない人の原因と、その解消法をご紹介します。まずは、結婚できない女性の特徴を見ていきましょう。

 

結婚できない理由No.1は婚活不足?

仕事でもスポーツでも、何かを本気で達成したいと思ったら、それ相応の労力と時間が必要であることに異論を挟む人はいないでしょう。もちろんそれは、婚活でも同じことです。「婚活しているのになかなか結婚できない!」という場合、最初に見直したいのは、実際にどんな活動をどれぐらい行っているのかということです。

「仕事が忙しい」「友達に知られるのは恥ずかしい」など、さまざまな言い訳が頭に浮かびますが、一度ぐっとこらえて、実際にどれぐらい活動したかを整理してみましょう。本気で婚活をしている人は、次のようなことを同時に行っています。これができていない「婚活不足」の人が、結婚できない女性の特徴といえるのかもしれません。

・友達に婚活中であることを話す
婚活は、まず素敵な出会いがなければ先に進めません。ですから、最初にすべきことは、周りの友人や知人に婚活中であることを話し、紹介されやすい環境を作っておくことといえるでしょう。
周りに婚活していることを秘密にしておくと、いい人がいても紹介してくれるチャンスを捨てることになってしまいます。

・婚活アプリやサイトに登録する
出会い方のチャンネルを増やすという点では、婚活アプリやサイトも押さえておきたいところです。
「婚活会社は費用がかかるから難しい…」という人でも、気楽に利用することができます。

・男友達に合コンをお願いする
これも出会いのきっかけを増やす作戦の一環です。
合コンには、幹事と同じタイプの男性が来ることが多いので、幹事が違う複数の合コンに参加することで、さまざまな人と出会うことができます。

・人の集まるイベントに参加する
ホームパーティーや、さまざまな友人グループとの合同バーベキューなど、知り合いが少しいて、多くの知らない人が集まるようなイベントには積極的に参加するのがおすすめです。
知り合いがいることで輪に入っていく取っ掛かりをつかめますし、出会いの輪を広げるきっかけになります。

 

・いつまでに結婚したいのか期限を設定する
結婚したい期限というゴールが定まると、そこから逆算することで「○○までに付き合う人を探す」など、中間目標も決まってきます。そうすると、今やらなければいけないことも明確になりますので、モチベーションアップにつながります。

・恋人を探しているあいだは多くの人とデートをする
多くの男性の中から選んだ、たった1人の恋人を愛するのは素敵なことですが、選ぶ段階では遠慮はいりません。 さまざまな男性とデートをして、自分に合った1人を探しましょう。

・自分から声をかけてみる
とても素敵な人なら、何も相手から声をかけられるのを待つ必要はありません。 目を合わせてにっこり微笑むだけでも、出会いのきっかけになる場合があります。

・自己分析をする
出会いの数は少なくないのにうまくいかない場合、一度活動を振り返り、求める男性像や自分の取ってきた行動をチェックしてみることも大事なことです。

「自分は結婚に向いてない」と思っていませんか?

「結婚したいのは本当だけど、いまいち婚活へのモチベーションが上がらない…」という人もいるでしょう。理由はいろいろと考えられますが、「自分は結婚に向いていないのでは?」と思ってしまい、自信が持てないことが原因である場合が多いようです。これについて、詳しく紹介します。

理想の妻はどんな女性?

結婚しやすい女性、つまり男性に「理想の妻」や「理想の嫁」とされる女性とは、どのような人なのでしょうか?もちろん、個人の好みによる違いはありますが、一般的には次のような特徴が挙げられます。

<男性から見た理想の妻の特徴>

・明るい笑顔を絶やさず、考え方がポジティブ
・いっしょにいてリラックスできる
・子供好きで料理上手。いっしょに温かい家庭を作っていけそう
・金銭感覚が近く、安心して家計を任せられる
・男のプライドを理解して男性を立ててくれる。あなたならできると褒めてくれる
・自立していて、いざというときは頼りがいがある
・男性に依存しておらず、束縛しない
・思いやりにあふれ、迷ったときは背中を押し、間違っていたらしかってくれる
・清潔感がある、女性らしい外観である

 

このリストを見て、「こんなに条件が多いなんてとても無理」と思ってしまう人もいるかもしれませんが、これはあくまで一般的な男性の理想を並べたものです。実際には、これがすべて完璧にできるような女性はほとんどいません。男性によっては「料理や家事が苦手でも問題ない!」という人もいれば、「後ろで支えてくれるよりは、いっしょに事業を作っていける女性がいい」という人もいますので、すべての条件を満たさなければいけないわけではありません。

「あてはまらないから結婚に向かない」と決め付けてしまうのではなく、直すべきポイントを見定めて、修正していくための目標の1つとして考えるのがおすすめです。

幸せな結婚生活のイメージを持とう

 

もう1つ、結婚に積極的になれない理由として、周りに「理想的な結婚をしている人がいない」といった理由で、結婚にいいイメージが持てない場合があります。そんな場合、どんなに「結婚したい!」と思っていても、無意識のうちに行動にストップがかかってしまうのも無理はありません。結婚生活に対していいイメージを持つためには、次の3つのことが役立ちます。

 

・幸せな結婚をしている友人と付き合う
「類は友を呼ぶ」という言葉がありますが、人は同じような傾向・同じような考えを持つ者同士で集まりがちです。それは居心地のいい集まりですが、結婚にいいイメージを持ち、幸せな結婚をしたいと望むなら、「いい出会いがなくてねー」と言い合うような女子会には参加しないほうがいいでしょう。 その代わりに、素敵な恋愛をしている人、幸せな結婚をしている友達と多くの時間を過ごすようにして、考え方や行動の違いを感じることをおすすめします。

・ネガティブなイメージの根源を明確にする
結婚に対するネガティブイメージの原因として最も多いのは、両親の結婚生活がどちらかの一方的な我慢の上に成り立っていたり、うまくいっていなかったりするような場合です。例えば、父親の母親に対するモラハラ(言葉や態度で精神的に傷付けたり、支配したりするハラスメント)が原因だとわかれば、父親とは正反対のタイプの男性と付き合ってみることもできます。 同じようなタイプの男性と付き合い、毎回同じような終わり方をしてしまうというような場合にも、この方法が役に立ちます。

・頭の中に具体的な結婚のイメージを描いてみる
友人の結婚式の写真や式場のパンフレット、花嫁の写真などを集め、頭の中に具体的な結婚のイメージを描いてみるのも良い方法です。 毎日リラックスした気持ちで眺め、自分を写真の中の登場人物に置き換えて、具体的に想像してみましょう。

【まとめ】

結婚は誰に強制されるものでもありませんので、その分、自分のモチベーションが大切です。「結婚しなきゃ!」という焦りが先行していて、実は本心ではそんなに結婚したいと思っていないということもあります。自分の心とよく向き合ってみてください。

他の記事を読む

生活の記事

    ©camily 働くママとパパの仕事と育児をもっと自由に