camilyを便利に使おう

3つの質問に答えて、
自分にあった記事リストにしよう

会員登録はいりません

  • 1
  • 2
  • 3

2016年09月27日

【男の本音】結婚したら「バリバリ正社員」VS「パート」VS「専業主婦」、どの女子と一番結婚したい?

提供元: マイナビウーマン

【男の本音】結婚したら「バリバリ正社員」VS「パート」VS「専業主婦」、どの女子と一番結婚したい?

彼氏の収入次第、というところかもしれませんが、できれば結婚したら「奥さんにはこんな働き方(専業主婦)をしてほしい!」なんて理想が男性にはあったりするのでしょうか? 社会人男性に結婚後、奥さんの理想の働き方について聞いてみました。

Q.男性に質問です。「結婚してからもバリバリ正社員希望」と「結婚したらパート希望」と「結婚したら専業主婦希望」、どの女子と一番結婚したいですか?

結婚してからもバリバリ正社員希望 53.8%
結婚したらパート希望 29.9%
結婚したら専業主婦希望 16.3%

今回のアンケートでは、なんと半数以上の男性が奥さんに「正社員を希望」していることが判明! 2人で正社員でバリバリ働けたら、懐にも余裕ができて確かに安泰ですよね。なぜそれを選んだのか、それぞれの理由を聞いてみましょう。

■自分の収入だけで生活するのは難しいから、正社員希望

・「1馬力では生活が苦しくなるため、つらくなければ仕事を継続してほしい」(32歳/団体・公益法人・官公庁/その他)

・「今のご時勢、共働きじゃないとやって行けそうにないのと、お互い働いてどちらかが離職しても大丈夫な様にしたいから」(34歳/運輸・倉庫/その他)

・「好きな仕事なら続けてもらっていいと思う。これからも不景気は続くだろうし、共働きじゃないときついこともたくさんある」(34歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

夫の収入だけで生活していくのが難しいのはもちろんですが「終身雇用制が当てにできないから、奥さんにも安定した仕事をしてほしい……」と考える男性も多いよう。どちらかがもしリストラに遭っても、どちらかが生き残ることができればなんとかなりそう!?

■共働きなら、老後の資産もしっかり貯められる

・「共働きして資産を大きくして、老後はゆったりと過ごしたいから」(34歳/自動車関連/技術職)

・「家庭の収入が上がり、余裕のある生活ができるから。子どもにもお金をかけてあげられる」(32歳/団体・公益法人・官公庁/専門職)

また共働きならお互いに本腰を入れて稼げるため、子どものための教育資金や老後のための資産もしっかり貯められそうですよね。毎日の生活にゆとりもできて、安心して暮らせそう。やっぱり夫婦共働きが、これからの時代の「スタンダード」かもしれません。

■パートで無理なく働き、家計を支えてほしい

・「自分の職種だと、残業当たり前なので家事分担がこなせない。夫婦二人ならいいが子どもも考えると、バリバリ正社員だと奥さんに負担がかかってしまう」(31歳/ソフトウェア/技術職)

・「仕事は経済的にもしてもらいたいけど、彼女の手料理を毎日食べたいから」(25歳/情報・IT/販売職・サービス系)

・「バリバリの仕事女子だとすれ違いが多そうだけど家に入ってしまうと女子力が低下しそう」(32歳/医療・福祉/専門職)

ただ夫婦二人でガッツリ働くとなると、家事や育児がおろそかになりそうで少し怖いですよね。無理なく夫婦2人で家庭を切り盛りしていくなら「奥さんがパート」が一番無難でしょうか。その代わり旦那さんにはしっかり働いてもらわないと!?

■自分が家計を支えるから、奥さんは専業主婦で!

・「なるべく子どもと一緒の時間を持ってほしい。ある程度大きくなったら働いても良いと思う」(31歳/医療・福祉/専門職)

・「昔も今も、専業主婦ってそそられる。家に帰ってきて、料理ができているのを見ると幸せを感じる」(27歳/小売店/販売職・サービス系)

これが現実にできる夫婦は少ないかもしれませんが、「奥さんに専業主婦でいてほしい」という憧れを持つ男性も。いつも帰ったらおいしい料理が用意してあり、子どもへのケアも細かいところまで手が届きそうで、確かに憧れる家庭の形ではありますよね。

夫婦にも家庭にもいろんな形があり、どれがベストなのかは時代によって変わりますが今最も男性から支持されているのは「夫婦正社員でガッツリ稼ぐ」というあり方のよう。仕事が好きな女性にとってこれは朗報ですが、そうでない女性には厳しい時代……かもしれません。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ(2015年12月にWebアンケート。有効回答数405件。22歳〜39歳の社会人男性)

他の記事を読む

仕事の記事

    ©camily 働くママとパパの仕事と育児をもっと自由に