camilyを便利に使おう

3つの質問に答えて、
自分にあった記事リストにしよう

会員登録はいりません

  • 1
  • 2
  • 3

2016年04月30日

働く女子の意識調査! 現在の状況は「お金も時間もない……39.6%」

提供元: マイナビウーマン

働く女子の意識調査! 現在の状況は「お金も時間もない……39.6%」

増税により出費が増加した一方で、各業界の人手不足の深刻化、サービス残業や有休消化率の低さなど、職場環境が改善されない企業も多く、まだまだ問題が山積みになっている昨今の日本ですが、実際のところどの程度まで影響が出ているのでしょう? 今回は、働く女性のみなさんを対象に自身の「お金」と「時間」について、調査をおこないました。

Q.現在、次の中のどの状況がもっとも当てはまりますか?

・お金はあるけど、時間がない……17.9%
・お金はないけど、時間はある……30.5%
・お金も時間もある……12%
・お金も時間もない……39.6%

アンケート結果を見るとわかる通り、「お金も時間もない」「お金はないけど、時間はある」……と、「お金がない」と考えている女性だけならば、全体の約7割もいるようです。それぞれの詳しいコメントをまとめましたので、見ていきましょう。

■お金はあるけど、時間がない

・「共働き・子育て中で毎日バタバタしている。でも共働きだからお金には余裕がある」(30歳/機械・精密機器/事務系専門職)

・「仕事が忙しすぎて遊びに行ったり、飲みに行く時間がない」(27歳/建設・土木/事務系専門職)

・「結婚して仕事と家事で毎日が終わってしまうので、必要最低限しかお金を使わなくなった」(31歳/建設・土木/事務系専門職)

・「仕事が忙しくて平日を有意義に使えない。それで疲れて土日もお家にいることが多いので、時間が足りないと思う」(26歳/医薬品・化粧品/技術職)

こちらでは、仕事が忙しすぎてお金はあるが、自由な時間がない、という意見が大多数でした。暮らしに困窮はせずとも、自由な時間がとれない……残念ながら、お金が「ある」だけでは解決しないことは多々あるので、困ったものです。

■お金はないけど、時間はある

・「稼ぎが少ない職に就いているから」(34歳/電機/秘書・アシスタント職)

・「給料が少ないから。今までにあまり貯金をしていなかったから。今の仕事は特に残業がなく、土日祝できちんと休みがとれるから」(27歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

・「パートでお給料が安いけど働く時間が短いので自分の時間はそこそこ持ててる、いいのか悪いのか微妙」(34歳/小売店/販売職・サービス系)

・「産休中だから時間はあるけどお金はない」(25歳/農林・水産/その他)

職場で休日をきちんともらえているが、給与がイマイチ、という意見を一番多くいただきました。また、実際の給与と出費のギャップがある場合も。お休みがまったくないと精神的に疲弊してしまいますが、お金がないのもすごく困ってしまいますよね。

■お金も時間もある

・「貯金をがんばったおかげでお金に苦労していない。また仕事もあまり忙しくないので時間的余裕もあるから」(29歳/機械・精密機器/技術職)

・「不動産投資をしているから」(24歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「自宅勤務可能の職場なので基本家で仕事していることが多いです。仕事も外資系の一流企業です。今の状況が恵まれすぎてて逆にちょっと怖いです」(31歳/情報・IT/営業職)

一番理想的な状態! きっと今までの努力の成果の現れですね。不動産・外資系は稼げることで有名です。しかし、う、うらやましい……。

■お金も時間もない

・「給料上がらないし、給料安いし、税金高いし、物価は上がるし、仕事が忙しくて時間もない」(29歳/ソフトウェア/技術職)

・「家賃が高いため、お金がかかる。時間は、自分のために使う時間がない」(30歳/情報・IT/事務系専門職)

・「子どもが進級するので、制服やいろんなものを買ったのもあるし、仕事もしていて家事育児で時間があまりない」(34歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

・「給料が安い業界で働いている。仕事は多い」(33歳/その他/クリエイティブ職)

お金にも時間にも余裕のない、もっとも困る状況……。ただ、今回一番コメント数が多かったことも含め、この状況に共感できる人が多くいるであろうことが、日本の今が厳しいことを暗示していますね。

■まとめ

日々を暮らしていくためにお金は必要必須です。でも、暮らしを実りのある豊かなものにしようと考えたとき、時間というのはかけがえのないものとなります。どちらも欠けては健全な生活を送れませんよね。「お金」と「時間」のバランスについて「仕事」と「職場環境」を考えたときに、自分たちに何ができるか、何を取捨選択していくのか……今一度、見つめ直すときにきているのかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2016年4月にWebアンケート。有効回答数167件(22歳~34歳の働く女性)

他の記事を読む

生活の記事

    ©camily 働くママとパパの仕事と育児をもっと自由に