camilyを便利に使おう

3つの質問に答えて、
自分にあった記事リストにしよう

会員登録はいりません

  • 1
  • 2
  • 3

2016年05月11日

話題の「フィンテック」って何? もっとスマートにお金を管理する方法

提供元: マイナビウーマン

話題の「フィンテック」って何? もっとスマートにお金を管理する方法 ■今回のお悩み

今回の相談者:あぶたさん

「貯金は500万円ほどあるが、どこまで貯めれば心理的に安心できるのか基準がつかないので、ただ節約している状態です。また気持ちのよいお金の使い方もわからないので、とりあえず1,000万円の貯金をめざしています。目下の悩みは、お金の流れを目に見えるような形にしていないことです。スマートに管理する方法はあるでしょうか?」

■お金の手軽な管理方法とは

編集部 漠然とした将来への不安から、ただなんとなくお金を貯めているというあぶたさん。500万円ほど貯蓄はありますが、目に見える形で管理していないことを反省しているようです。今すぐにできる、お金の手軽な管理方法はありますか?

風呂内亜矢(以下、風呂内) まず、ネットでもいいので定期的に通帳を見ることが大切です。またあぶたさんは銀行口座がひとつだけとのことですが、これでは頻繁な出し入れが発生しますから、実際にいくら“貯蓄”できているのか不透明です。できれば貯蓄用口座を別につくるなど口座の使い分けをしましょう。そうすれば貯蓄額がはっきりしますし、よほどのことがない限り、そこから引き出さないと決めておけば、もっと貯蓄がしやすくなります。

編集部 その通りですね。また彼女はお金の流れを目に見えるようにしていないことにも悩んでいますが……。

風呂内 それなら、「家計簿アプリ」がおすすめです。今は銀行口座やクレジットカードをはじめ、携帯電話料金、ポイントサービスなどと連携し、自動で家計簿を作成してくれるアプリが充実しています。さらに現金での支出管理も、レシートを撮影すれば項目や店舗などが家計簿へ反映されたりもするんですよ。有名なのは、最大利用者数を誇る「zaim(ザイム)」、金融機関対応数No.1の「マネーフォワード」、レシートを手入力でデータ化してくれる「Dr.Wallet(ドクターウォレット)」などですね。このようにITを駆使した金融サービスは、最近は「フィンテック」と呼ばれ、お金の未来を変えると注目されています。

●お金の手軽な管理方法

・定期的に通帳を見る

・貯蓄用口座を作り、貯蓄額をはっきりさせる

・家計簿アプリを使ってカンタンに家計管理する

■フィンテックって何?

編集部 フィンテック! たしかに近年、新聞や雑誌などでその言葉をよく見かけますが、正直なところ、具体的にどんなものなのか、よくわかりません。そもそもフィンテックって何ですか?

風呂内 フィンテックは、金融(ファイナンス)と技術(テクノロジー)を組み合わせた造語で、スマートフォンや人工知能、ビッグデータなどを活用した新しい金融サービスの総称です。先ほど例に挙げた家計簿アプリのほかに、個人向けの便利な決済サービスがどんどん導入されています。

編集部 個人向けの決済サービス? 具体的にどんなものですか?

風呂内 代表的なのが、「Coiney(コイニー)」や「楽天スマートペイ」です。従来、店舗がクレジットカード決済を導入しようとすると専用の機械を購入して設置するなど高額の費用がかかり、小さな個人商店では難しい側面がありました。しかし、フィンテックにより、クレジット払いOKのお店が増えてきています。

最近では、LINEが提供している送金・決済サービス「LINE Pay(ラインペイ)」も注目されています。加盟店で決済したり、LINEの友だちへ送金や割り勘が気軽にできるんです。今年3月からは、JCB加盟店で利用できるカードの発行もスタートし、ますます便利に。ポイント還元率が2%なのも魅力です。

編集部 LINEの友だち同士で送金や割り勘ができるのは助かります。仲よしグループで利用していれば、飲み会や誰かへのお祝いをひとりが立て替えたときにすぐに決済できるってことですもんね。

●フィンテックとは

・金融(ファイナンス)と技術(テクノロジー)を組み合わせた造語

・スマートフォンや人工知能、ビッグデータなどを活用した新しい金融サービスの総称

●フィンテックの代表的なサービス

・家計簿アプリ……「zaim(ザイム)」、「マネーフォワード」、「Dr.Wallet(ドクターウォレット)」など

・個人向けの決済サービス……「Coiney(コイニー)」「楽天スマートペイ」など

・送金・決済サービス……「LINE Pay(ラインペイ)」など

★あぶたさんプロフィール

金融・証券関連企業で、事務系専門職として働く、社会人5年目の29歳。東京都在住で、ひとり暮らしをしている。手取り年収約450万円、手取り月収約27万円。定額の貯蓄はしていないが、毎月7万6,000円ほど黒字になるため、その分を貯蓄に回しており、現在の自分名義の貯蓄額は約500万円ある。ただし、銀行口座はひとつしか持っておらず、なんとなく貯まっている状態のため、頻繁に手をつけてしまっている。こだわり出費は、旅行に行く際の航空券をエコノミーからグレードアップすること。

(ヨダヒロコ)

■フィンテックで私たちの生活はどう変わる?

編集部 お話を聞いていると、フィンテックってすごく便利なサービスだと感じるのですが、実際フィンテックによって私たちの生活はどう変わっていきますか?

風呂内 やはり一番のメリットは、利便性でしょうね。例えば家計簿アプリで考えると、記録する時間や手間が圧倒的に省けます。決済サービスについても、どんなお店でも利用することができるようになれば、現金を持ち歩くことなくカード1枚で生活することも可能に。わざわざお財布を取り出して小銭を数えなくてもよくなりますし、カード払いはすべて履歴が残りますから、家計簿をつける手間もなくなります。個人的には、キャッシュレス社会になることで、手が小銭くさくならないのはけっこううれしいかもしれません(笑)。

編集部 たしかに(笑)

風呂内 一方で、自分の口座・カード情報をITで連携させるという意味ではセキュリティーの心配も。各社ともしっかり手は打っていますが、暗証番号をまめに変えるとか、サービスごとに変えるなど、私たち使い手もセキュリティーリテラシーを高める必要がありそうです。またカード決済も、効率的にポイントが貯まるカードを選定したり、貯まったポイントはしっかり使い切るなど、うまく使うことを意識したいですね。

編集部 なるほど。

●フィンテックのメリット

・時間や手間が圧倒的に省ける

・現金を持ち歩かずに生活できる

●フィンテックの注意点

・暗証番号をまめに変えたり、サービスごとに変えるなど、セキュリティーリテラシーを高める必要がある

■あぶたさんの家計簿チェック

編集部 ちなみにあぶたさんは、どれだけ貯蓄をしても安心できず、気持ちのよいお金の使い方がわからないという悩みもあるようです。それを解消できるようなアドバイスがあればぜひ教えてください。

風呂内 安心できないのは、将来いくらお金が必要かのシミュレーションができていなからだと思います。今は、家族情報や結婚・出産などのライフイベント、老後の展望などを選んでいくと将来いくら必要か提示されるシミュレーションアプリなども豊富ですので、そういったものを利用してはいかがでしょう。また自分にとってお金をかける価値があるものの優先順位をつけてみることも大切です。その上で、貯蓄用口座を、老後まで手をつけない用と自分がお金をかけたいと思うものに使う用に分けておけば、気持ちよく使えるはずです。

編集部 あぶたさんの場合は、航空券のアップグレード用貯蓄ですね! では最後に、家計簿チェックもお願いします。

風呂内 都内でひとり暮らしをしながら、月平均7万6,000円も貯蓄できているのは優秀です。所得が高いので、交際費2万円も妥当でしょう。ただ使途不明金が1万円もあるのは気になります。それこそ家計簿アプリを活用して、使途不明金0をめざしましょう。何に使っているのかわからないお金がなくなれば、使い方の見直しもできますし、それによって今以上に貯蓄できる可能性もありますよ。

◆今回のおさらい

家計簿アプリでスマートに管理。さらに貯蓄用口座を作れば、出費も気持ちよく!

今注目されている「フィンテック」のひとつ、銀行口座やクレジットカードなどと連携した家計簿アプリを利用すれば、記録する手間が省け、お金の管理がスマートに実現します。また、あぶたさんの場合は、銀行口座を生活用口座と貯蓄用口座に分けるようにして、今どれくらい貯蓄ができているのか、一目でわかるようにしましょう。さらに貯蓄用口座も、老後のための貯蓄と、ちょっと贅沢をしたいときに使うための貯蓄に分けると◎。そうすれば、後者を使う際には罪悪感を持たずに気持ちよくお金を使えるでしょう。

(ヨダヒロコ/六識)

他の記事を読む

生活の記事

    ©camily 働くママとパパの仕事と育児をもっと自由に