camilyを便利に使おう

3つの質問に答えて、
自分にあった記事リストにしよう

会員登録はいりません

  • 1
  • 2
  • 3

2016年06月17日

気にすればするほど長引いちゃう?幼児期の簡単おねしょ対策

提供元: nanapi [ナナピ] | 生活の知恵があつまる情報サイト

昼間はきちんとトイレに行けるのに、夜のおねしょは治らない…と悩んでいるお母さんも多いと思います。幼児期のおねしょは、まだ気にしなくても大丈夫な範囲です。しかし、お母さんからしてみれば、早くおねしょを卒業してほしい、と思ってしまいますよね。

そんなお母さんのために、今からできる簡単なおねしょ対策を紹介したいと思います。

水分摂取量

幼児期のおねしょについて、一番多い原因としては水分を多く摂っていることにあります。水分量が多くなると、どうしてもおねしょにつながってしまいます。しかし、水分を摂ることを制限してしまい、脱水症状になってしまっては、本末転倒です。注意してほしいのは、夕方から夜寝るまでの水分摂取量です。

最初のうちは、子供をしっかりと観察して、夕方から夜寝るまでどのくらいの水分を摂っているかを調べてみましょう。摂取量が多いかな、と感じたら少しずつ減らしていくように促してあげてください。

夕方からの水分を減らすので、朝、昼はしっかりと水分を摂るように注意しましょう。

昼間のトイレは自主的に

昼間のトイレはどのように行っていますか?自分から「トイレに行きたい」「おしっこが出る」と言ってから行っていますか?それとも、「そろそろトイレに行きなさい」とお母さんが促していますか?もし、お子さんがトイレに行きたいという前にお母さんがトイレを促していたとしたら、その行為もおねしょにつながっている可能性があります。

子供が「おしっこが出る」というということは、尿がこれ以上溜まらない状態まで我慢しているということです。しっかり尿を溜めておく習慣をつけることで、膀胱が成長して大きくなり、尿を溜めておくことができるようになるのです。子供が自主的にトイレに行きたいという前に、お母さんがトイレを促していたら、子供の膀胱がいつまでも成長しません。

子供がトイレに行きたいと言うまで、しっかりと待ってあげましょう。

神経質にならない

幼児期のおねしょは、あまり神経質になる必要はありません。神経質になりすぎて、夜中に起こしてトイレに連れて行くのは、実は逆におねしょを促進させていることになるのです。子供は夜しっかりと眠ることで、抗利尿ホルモンを分泌することができます。この抗利尿ホルモンというのが、夜中の尿の量を調節し、おねしょをしなくなるために必要不可欠なホルモンなのです。

夜中に子供を起こしてしまうと、睡眠のリズムが崩れてしまい、抗利尿ホルモンが十分に分泌されません。そうなると、なかなか夜中の尿の量を調節できないので、おねしょがいつまでたっても卒業できなくなってしまいます。夜はしっかりと寝させてあげることが、おねしょ卒業には必要なのです。

また、神経質になってしまうと、おねしょをしてしまった子供を怒ってしまうことがあるかもしれません。しかし、おねしょは無意識にしてしまうものなので、怒っても改善することはありません。お母さんが焦ってしまっても、良い結果にはなりませんので、「いつか卒業できる」と余裕を持って接してあげてください。

おねしょが頻繁に起こる場合には、寝るときだけ、紙おむつを履かせて寝ると、後片付けが楽になりますので、あまりイライラしなくなります。

紙おむつで寝たからといって、おねしょが長引いてしまうということは、ありませんので安心してください。

おわりに

幼児期の場合は、あまり気にすることはありません。徐々になくなっていくでしょう。

ただ、小学校に入学してからも、おねしょが卒業できないという場合を、「夜尿症」といい、治療や生活改善が必要な場合もありますので、一度専門の先生を受診してみましょう。

(image by イラストAC)

他の記事を読む

子育ての記事

    ©camily 働くママとパパの仕事と育児をもっと自由に