camilyを便利に使おう

3つの質問に答えて、
自分にあった記事リストにしよう

会員登録はいりません

  • 1
  • 2
  • 3

2016年09月13日

「小1の壁」って何?親と子どもに降りかかる小学校入学後の問題

提供元: nanapi [ナナピ] | 生活の知恵があつまる情報サイト

おめでたい小学校入学を過ぎると、次に親の課題となるのが「小1の壁」。やっと小学生になってほっと一息、かと思いきや、実は小1の壁に悩まされてしまいます。

小学生の子どもを持つ親が直面する小1の壁について、ご紹介します。

小1の壁って何?

小1の壁というのは、子どもが小学生になると、母親が仕事を続けるのが難しくなって、共働きだった家庭も退職する人が増える、ということから生まれたワードです。共働き家庭の多くが、同じタイミングでつまづいてしまいます。

小学校に上がるまでは、保育園に預けて働いていたものです。長くて19時ごろまでは、保育園で預かってもらえましたよね。中にはもっと遅くまで預かってくれる保育園もあります。仕事が遅くなっても保育園があるから安心…と思っていましたが、小学校になるとそれが変わってしまうのです。

小1になると学校が終わったら学童で預かってもらうことになるのですが、保育園よりも預かってもらえる時間は短くなり、長くても18時や19時で閉まってしまいます。

また、母親の働く環境も変わる場合が多いです。子どもが小さなころは時短勤務が認められたり、周りが気を遣ってくれて子どもを優先できるのですが、小学生になるとそういうわけにはいきません。時短勤務も難しくなったり、周りも「もう小学生になったのだから」と見る目が変わる職場も多いです。

子どもの帰宅時間は早くなっても、親の帰宅時間は遅くなる…という矛盾が生じます。これがまさに、小1の壁、なのです。

保育園より手がかかる?

子どもは成長して手がかからなくなるものですが、実は保育園より小学校のほうが、手がかかります。子ども自身にかかるというよりも、小学校に行くためにはあれこれ準備も必要で、子どもをサポートしてあげなくてはいけないことが増えるのです。さらに保護者会などもありますし、平日にどうしても学校行事が…となってくると、仕事を続けにくくなりますよね。

子どもは成長しているはずなのに、保育園より手がかかってしまうのです。

子どものストレスに注意

親の苦労ばかりを小1の壁と言いますが、子どもの感じているストレスにも注意してあげてください。親が仕事をしていると、学校が終わってから親が帰ってくるまで、どこで何をしていればいいの?という問題が子どもにのしかかります。

小学校に通うようになって、勉強もしなくてはいけないですよね。環境の変化に戸惑っているのは、親だけではありません。小学生といっても、6年生と1年生ではまったく違います。

親がイライラしてしまいやすい小1の壁ですが、子どももストレスを抱えていることに気づいて、親がフォローしてあげてください。特に小1の夏休みまでは注意深く見る必要があります。

世の中に広がる、小1の壁対策

小1の壁について、問題は世の中でも広がっています。そのため、問題を解決するために様々な対策が始まりつつあります。放課後の充実を重要として、学童保育での預かり時間を延長するなど、保育園と同じように長く預かれるような対策は、自治体ごとではありますが始まっています。

また、時間を延長するだけではなく、学童保育の内容の充実も図っている自治体が増えています。具体的には人との関係性を学ぶ、相手を思いやる気持ちを持つ、基本的な生活能力を高める、というような内容です。内容が充実することで、子どもにとって社会性が身について成長する場所にもなります。

親ができることって?

小1の壁に負けないよう、親ができることも考えてみましょう。「とにかく忙しい…」これこそが親を悩ませる最大の問題です。でも仕事をしている以上忙しくバタバタしてしまうのは仕方がありません。余裕がない…時間がない…子どもに手をかけている時間がない…と自分ばかり焦っていませんか?

でも、自分だけでやることはないのです。子どもと協力してできることはありませんか?何でも自分でやろうとせずに、時には子ども本人に任せる、頼るというのも大事な親の務めです。

親が全部やってくれる環境だと、子どもは自分で何もしなくなりますよね。でも、親から頼まれれば、ちゃんとやってくれる子どもがほとんどです。特に小1の頃などは、親に頼まれごとをするのが好きな子どもも多いでしょう。

一緒に乗り越える、という気持ちを持って、小1の壁を乗り越えましょう。

(image by 写真AC)

他の記事を読む

子育ての記事

    ©camily 働くママとパパの仕事と育児をもっと自由に