camilyを便利に使おう

3つの質問に答えて、
自分にあった記事リストにしよう

会員登録はいりません

  • 1
  • 2
  • 3

2016年05月07日

子どもと観るテレビアニメは、こうすれば親子のコミュニケーションツールになる

提供元: Conobie

7a99a715f98c7dfdd567fcf832e00aaa78fb39fb m

まずは御礼

あきおパパです。
以前書いた記事がFacebookでのシェアなどもしていただき
多くの方に見ていただくことができました!
ありがとうございます!!初めての方は見ていただけると幸いです。

私はゲームやアニメが大好きなのですが、ゲームに関してはとても良い物語があったので
私は学校の教科書くらい役立った「アニメ」について書きたいと思います。

皆さん、アニメってどんな印象でしたか??

最近では海外で日本のアニメ、マンガが一つの産業として成り立っています。
皆さんはアニメに対してどんな印象をもってますか?

「ニュースの方が学べることが多いはず」
「時間の無駄」
などネガティブな印象も多いかと思います。

私の小学校や中学校時、家ではアニメやマンガをが出るとなんとクイズ番組が開始されます。

我が家では、アニメはいつもクイズ番組になる

時間は19時の晩ごはん
いつも通りアニメを見ながらの食卓。

アニメ「虎穴に入らずんば虎子を得ずだ!」

父「対義語は?」

姉「危ない橋も一度は渡れ〜」

父「お母さん、合ってる?」

母「(国語辞典を手に)合ってる」

私「マジかよ。回答速すぎでしょ 笑」

別の番組では

アニメ「「舞台はイタリア!」」

母「イタリアの首都は?」

私、姉「ローマ!」

父「同時だね 笑」

回答者は家族、出題者も家族、ネタ提供はアニメから。

こんな食卓が我が家の日常でした。

母は当時高校の世界史や日本史の教師をしており

「〜舞台は京都」となれば、そこから色々な問題がでます。

どんなものも考え方一つで教材になる

小さい頃からの日常だったのですが、他の家庭の夜ご飯におじゃまさせてもらった時に
アニメが放送された時に、我が家は他とちょっと違うのかもしれないと子どもながらに思ってしまいましたが(笑)。

アニメに対してネガティブな意見も多いですが、好奇心旺盛な今の僕があるのは
なんでも教材にしてしまう両親の存在が大きいと思っています。

皆さんもアニメを見た時に実践してみてください。

他の記事を読む

あそびの記事

    ©camily 働くママとパパの仕事と育児をもっと自由に