camilyを便利に使おう

3つの質問に答えて、
自分にあった記事リストにしよう

会員登録はいりません

  • 1
  • 2
  • 3

2016年06月02日

絵本ランキング Vol.10「編集部おすすめ! 男の子が大好きな乗り物絵本」

提供元: ウーマンエキサイト

クラシックなミニカーと旅

© jeffy1139 - Fotolia.com


いつの時代も子どもたちに愛され続ける「はたらく乗り物」。電車や工事車両などシリーズ化された乗り物絵本は本屋さんでも大人気! たくさんの種類があるので「どれを選べばいいの?」と悩んでしまうママもいますよね。
そこで、編集部イチオシの「男の子が大好きな乗り物絵本」をご紹介! 見たことのない、わくわくする景色を楽しめるものや、生活を便利にする、はたらく車たちのリアルな描写など、存分に乗り物が楽しめる絵本を厳選してお届けします。

■おでかけ版 新幹線のたび with English
おでかけ版 新幹線のたび with English

作・絵:コマヤスカン/出版社:講談社
「おでかけ版 新幹線のたび with English」(絵本ナビ紹介ページ)

青森から鹿児島まで、はるかちゃんとお父さんの日本縦断の旅にお供できる1冊。まるで新幹線の車窓風景のように、地形や山々、湖、半島などが解説付きで楽しめます。旅行が難しいときには旅行した気分になれますし、子連れ旅行のガイドブックにもおすすめです!

■しんかんせんでいこう 日本列島 北から南へ
しんかんせんでいこう 日本列島 北から南へ

作・絵:間瀬 なおかた/出版社:ひさかたチャイルド
「しんかんせんでいこう 日本列島 北から南へ」(絵本ナビ紹介ページ)

北海道から九州までつながった新幹線! この絵本では、はじめから読むと北海道→九州、おわりから読むと九州→北海道と、どちらから読んでもつながるように書かれており、出発地の異なる2通りの新幹線の旅を楽しむことができます。新幹線だけでなく、各地の在来線や私鉄まで細かく描かれている、電車好きにはたまらない絵本です。

■どうろこうじのくるま
どうろこうじのくるま

作・絵:こわせ もりやす/出版社:偕成社
「どうろこうじのくるま」(絵本ナビ紹介ページ)

はたらく車好きの子どもにとって、車には「まえ」「うしろ」「よこ」と、それぞれ違った魅力があるようです。アームの先についた「バゲット」や「うんてんせき」「ナンバープレート」など役割の説明もあり、正確に描かれた車体がとてもクールでかっこいい! と、ママたちからも高い評価を得ているようです。
 
 

■くうこうで はたらくくるま
くうこうで はたらくくるま

作・絵:こもり まこと/出版社:教育画劇
「くうこうで はたらくくるま」(絵本ナビ紹介ページ)

飛行場には飛行機だけでなく、給油車にトーイングカー、空港バスなど、たくさんのはたらく車がいます。こうしたはたらく車のサポートがあってこそ、飛行機も安全に飛び立つことができるんだ、と学ぶことができますね。パイロットを目指すお子さんにもぴったりです!

■おやすみ、はたらくくるまたち
おやすみ、はたらくくるまたち

文:シェリー・ダスキー・リンカー/絵:トム・リヒテンヘルド/訳:福本 友美子/出版社:ひさかたチャイルド
「おやすみ、はたらくくるまたち」(絵本ナビ紹介ページ)

乗り物好きな子どもを興奮させることなく眠りへと誘う「おやすみ絵本」。昼間は元気に働く車も、日が沈むころには仕事を終え、お気に入りのぬいぐるみを抱っこして、布団をかけてスヤスヤ…。「僕(私)と同じように車たちも眠るんだ!」と驚く子どもに、ほっこりさせられるかも。優しいタッチのイラストと、眠りにつこうとする車たちの様子に自然と眠気をさそわれる… そんな1冊となっています。


今回ご紹介した乗り物が登場する絵本には、子どもの好奇心を刺激する内容がたくさん盛り込まれています。好きなものを楽しみながら、自然と知識が身につくのは親としても喜ばしいことですよね。細かな部分がわかりやすいように描写を繊細にしたり、あらゆる角度からの表情をとらえてみたり、絵本を読んだ後で乗り物が「もっと好きになる」お子さんも少なくないはず! 乗り物好きになる最初の絵本にもおすすめです。

データ協力:絵本ナビ
 
 
 
(ウーマンエキサイト編集部)
他の記事を読む

子育ての記事

    ©camily 働くママとパパの仕事と育児をもっと自由に