camilyを便利に使おう

3つの質問に答えて、
自分にあった記事リストにしよう

会員登録はいりません

  • 1
  • 2
  • 3

2016年07月23日

Vol.4 小学校受験を決意したら最初にすること

提供元: ウーマンエキサイト

●連載の目次はこちらから●


© kumashacho - Fotolia.com


幼児教育研究所柊会(ひいらぎかい)代表の浅木真里さんは、「受験をするかどうかを決めるのはご家庭ですが、その判断をできる限り後悔のないものにしていただくために、小学校受験のメリットとデメリットを事前にお伝えしています」と言う。メリットとデメリットをしっかり把握した上で、小学校受験を決意したら最初にすべきことについてお話を伺った。

■志望校により選抜形式が違う
志望校をどこにするか? これは、小学校受験を思い立った時点で、最初に考えていただきたいことです」(浅木さん)

小学校受験は、学校によって入試の選抜方式が違う。選抜方式と入試傾向を知ることにより子どもにかかる負担を軽減することができるからだ。


名門小学校受験 合格する「家族力」(浅井真里著/エール出版社)より抜粋



■志望校の選抜形式にそった対策を立てる
たとえば、慶応幼稚舎を第一志望にするのであれば、行動観察と絵画制作に特に力を入れ、余力を巧緻性(こうちせい:第2回<※リンク貼る>を参照)と運動、知識補充を目的とする簡単なペーパー対策にまわす。暁星小学校が第一志望なのであれば、まずはペーパー(分量、速さに対応できるレベルまで)を徹底的に仕上げ、その後、行動観察、制作、運動に取り組む。

このように効率良く対策を立てることで、子どもへの負担を軽減できる。「志望校の選抜形式にそった対策を取りつつ、様々な実体験をさせ、場をわきまえられるお子様にしてあげることが合格への近道になります」(浅木さん)
 

■志望校が決まらない場合はペーパー対策から
とは言え、なかなか志望校が決まらない場合もあるだろう。

「そんな時は、ペーパー対策から始めましょう。以前に比べ、多くの学校でペーパーテストのウェイトが低くなりました。けれども、ペーパー対策をしておくと併願校を選びやすくなります。また、入試直前の志望校変更が可能になります」(浅木さん)

いよいよ小学校受験対策が始動した。
次回は、「小学校受験における、もっとも大切な対策とは?」です。

今回取材を受けてくださった浅木真里さんの著書
名門小学校受験 合格する「家族力」(浅木真理・著/エール出版社)』
小学校受験 合格する「家族力」 (YELL books)書影

(本体1,500円+税)



●浅木真里
浅木真里さん
1981年、東京都生まれ。関西学院大学総合政策学部卒業。灘、ラ・サールなどの難関中学、医学部受験指導を行う学習塾の設立に携わる。名古屋在住時より、慶応幼稚舎、早実、雙葉、暁星小学校などの難関校への圧倒的な指導力の高さから指導依頼が絶えず、東京で小学受験指導を行う。その後、幼少期の母子関係の重要性を痛感し、幼児教育研究所柊会を文京区に設立。

(楢戸ひかる)
他の記事を読む

子育ての記事

    ©camily 働くママとパパの仕事と育児をもっと自由に