camilyを便利に使おう

3つの質問に答えて、
自分にあった記事リストにしよう

会員登録はいりません

  • 1
  • 2
  • 3

2016年09月26日

簡単ハロウィン! かわいさ倍増のコツは消しゴムはんこで決まり

提供元: ウーマンエキサイト


子どものハロウィンの衣装は決まったけど「ちょっとオリジナリティに欠けるかも…」。そんな思いを抱いているママは簡単な一手間で上級者のハロウィンをたのしみませんか? インスタグラムで人気のhitogarajpさんに、消しゴムはんこで簡単にできるハロウィンの楽しみ方を教えてもらいました。

フェイスペイントで個性を演出! 時短で楽しめるから嬉しい♪
一見難しそうなフェイスペイントも、消しゴムはんこにして押してしまえば筆で一から絵を書く必要もなく簡単。なかなかじっとしてくれない子どもに施すにも、手こずることもありません。ハロウィンらしいかぼちゃはもちろん、衣装に関連性のあるはんこを作ればより本格的になります。



消しゴムはんこでフェイスペイントを楽しむときのポイントは
・肌に押すので、あまり面の広くない絵柄、複雑でない絵柄にすること
・押すときはスタンプが滑るので、一度目立たない場所に試し押しすること
・押す前は肌の油分や汚れをしっかり落とすこと
この3つだけ。

押した際にムラができてしまったら、ちょっとだけ筆で手直しをすればよりきれいな仕上がりに。写真のカボチャの場合、目や口の抜けている部分を筆で黒く塗りつぶせばさらに本格的になります。

無地の紙コップやコースターもペタペタ押せばハロウィン仕様に
ホームパーティや友達にあげるお菓子のラッピングにも消しゴムはんこがぴったり。紙袋だけではなく、スタンプを押した紙コップにお菓子を詰めればかわいいプレゼントの出来上がりです。



また、スタンプを押したペーパーコースターに紐を通して紙袋やペーパーボックスなどに付ければ、ラッピングもプロ顔負けです。

いかがでしたか? 消しゴムはんこと聞いて「工作は得意じゃないからちょっと…」と思った人もいるかもしれません。しかし、ハロウィンはおばけの目や魔女の帽子など簡単な絵柄で楽しめるので、実は初心者にもおおすすめ。今年のハロウィンは消しゴムはんこを作って親子で楽しんでみてはいかがでしょうか。

(ウーマンエキサイト編集部)
他の記事を読む

あそびの記事

    ©camily 働くママとパパの仕事と育児をもっと自由に