camilyを便利に使おう

3つの質問に答えて、
自分にあった記事リストにしよう

会員登録はいりません

  • 1
  • 2
  • 3

2016年07月08日

保活って何をどうすればいい? ~先輩ワーママの保活体験記

提供元: laxic

保活って何をどうすればいい? ~先輩ワーママの保活体験記

保活を始めるベストタイミングってあるの?


妊娠前から「4月~6月に産まれれば、0歳児クラスに入るタイミングもちょうどいい」と考えているママも多いと聞きます。たしかに、0歳児が一番募集人数も多いし、生後10ヶ月~1歳くらいでそこそこ身体もしっかりしてきた頃に入園できますよね。そんなワーママたち、保活も妊娠中~産後数ヶ月で始める方が多いようです。

 

住んでいる区が保育園激戦区だったので、妊娠6ヶ月から保活スタートしました。早いかな、と自分でも思いましたが、時間にも気持ちにもゆとりがあって、じっくり調べられましたね。〔Y.Sさん、子ども4歳6月生まれ、足立区〕

長男の時は、3ヶ月検診の際にたまたま話した人に「保活してますか?」と聞かれ、夏前くらいから全ての認証保育園に電話をしました。次男は妊娠中から保活スタート。長男が預けていた認証保育園に9月くらいから預けたいとお願いをしました。

〔H.Mさん、子ども6歳1月生まれ、2歳2月生まれ、世田谷区〕

長男が妊娠9ヶ月で保活スタート。まずは確実な入所を優先して、認定(東京都で言う認証)に申し込み受付開始日に専願で申し込み、内定を確保。0歳の1年はその園に通い、1歳4月から認可へ転園すべく、申し込み。認可以外へ預けたことで加点があり、内定を獲得できました。現在、妊娠中の子の保活中です。

〔M.Iさん、子ども1歳5月生まれ、現在妊娠中、川崎市〕

 

妊娠中から保活ってよく聞くけど、やっぱり早くない? なんて思ってしまいますが、妊娠中が実は一番動きやすいようです。産まれてからでは、赤ちゃん抱っこで荷物を抱えて…それだけでてんやわんやです。保育園見学や区役所でじっくり話を聞くのは、単身で行動できる妊娠中がいいのかも。

どうしても保育園に入れたいなら、認証・無認可にも早めに申し込みを!


いきなり認可に入れるのは、宝くじに当たるようなもの、なんて言われる昨今。認可に入れる前に、認証や無認可などに入れて、そこでポイントを上げて認可に転園するというパターンが多いようです。
 

認可に空きがなかったので無認可を予約し、生後6ヶ月から預け始め仕事復帰。それとほぼ同時に区役所に数回通い、無認可保育室の在園証明を添えて認可申請書類提出しました。認可に受かり4月に転園しました。

〔Y.Sさん、子ども4歳6月生まれ、足立区〕

認可に落ち、5月に引越し予定だったので、引越し先で4月頃から認証探し。空きがあった認証保育園に即応募し、入れました。そこは2歳クラスまでしかなかったので、新設認可園ばかりを狙って応募しまくりました。結局、2駅先の認可園に決まりました。〔A.Mさん、子ども7歳1月生まれ、2歳6月生まれ、1歳3月生まれ、調布市〕

認証は隣の隣の区や会社の近くも電話をし、順番待ちをしました。2月生まれのため、11月に認証か無認可に預け、3ヶ月の実績を作り加点も検討しましたが、スタートが遅く直近は定員オーバーだと、どこも断られました。結果、家から遠いのですが新設の認可に入ることができました。〔Hさん、子ども3歳2月生まれ、東京都内〕

 

認可が落ちてから慌てて認証や無認可を探しまくる、という方も。焦って決めて、預けるようになってから不安が残るより、認可と並行して認証や無認可もチェックすることも大切なこと。認証や無認可ならではのメリットがあったり、そこが子どもしっくりくる保育園だったりする場合も。それでもやはり認可へ移りたいという希望が強ければ、「すでに預けている」ということが加点になり、転園もしやすくなるようです。

保活をする前にこれは知っておけばよかった!


入ってから「ああ! しまった…」と思った経験のあるママも少なくないようです。ママの「後悔」も大きなヒントに!

 

どうやったら入りやすいかなど、子供を作る前から住む場所や、条件、産み月などを調べておけばよかったと…。また、延長保育が何歳からできるのか調べておけばよかった。私が通わせている保育園は、食事が幼児食にならないと延長NGなので、1歳半位まで延長が利用できず、とても不便でした。〔A.Mさん、子ども7歳1月生まれ、2歳6月生まれ、1歳3月生まれ、調布市〕

通わせている保育園には、基本的にはリトミックや英語などもあり、とても満足していますが、延長の年間契約のようなものが別紙で配られていたのに、それを完全に失念! 去年まで延料金を申請した時と比べ、倍近くの金額を払っていました。その説明は園からされるもので、区からではないそう。そういう園ごとに個別の注意などがあるところも多いので、保活の際には必ず確認を!〔Hさん、子ども3歳2月生まれ、東京都内〕

入ってみたら、父母会参加が全員義務づけられていて、夏祭りだのクリスマス会だの父母会主催のイベントも多くて。役員がかなり大変でした! 「保育園なのにー!」と思いましたね…口コミなんなり、調べておけばよかったです。〔T.Sさん、子ども18歳5月生まれ、船橋市〕

なるほど、確かに区役所では教えてくれない情報ばかり。保育園見学は、自分が聞いておきたいポイントをしっかりメモして行くといいと思います。口コミ的な話を聞きたいなら、ちょっと勇気がいりますが、お迎え時間などに在園ママにサクッと聞いてみるのもいいかもしれません。働くママ同士、きっと快く答えてくれるはず!

「保育園落ちた。日本死ね」「保育園落ちたの私だ」といったワードがニュースになり、世間で大きな話題になったことは記憶に新しいと思います。なんだか保活が勝ち負けを争うように思えてしまうのは悲しいことですよね。でも、子どもが楽しい園生活を送れるためにママが躍起になるのは当たり前のことだと思うんです。

だからこそ、いろんなところにアンテナを張り巡らせ、多くの有益な情報をキャッチしていきたいですよね。この記事がこれからの保活と情報収集に役立てば幸いです!

ライター 田崎美穂子
元大学出版会編集者、大学生向けのテキスト編集を担当。小学校5年、3年、1歳児の母。ママ友ネットワークを駆使した共感できる記事を執筆

他の記事を読む

子育ての記事

    ©camily 働くママとパパの仕事と育児をもっと自由に