camilyを便利に使おう

3つの質問に答えて、
自分にあった記事リストにしよう

会員登録はいりません

  • 1
  • 2
  • 3

2016年10月07日

多様な働き方を事業所内保育施設で後押し。LAXIC×Maffice新宿プロジェクト(イベントレポート)

提供元: laxic

多様な働き方を事業所内保育施設で後押し。LAXIC×Maffice新宿プロジェクト(イベントレポート)

2016年9月15日、株式会社ノヴィータ内で、LAXIC×Maffice新宿プロジェクト説明会が行われました。プロジェクトに対する熱い思いと、保活に悩む参加者の皆様の本音が語られた説明会の様子をレポートします。

「保育園に預けられないから仕事ができない」をなくしたい

まず、今回のプロジェクトの運営会社である株式会社ノヴィータの代表取締役社長 三好から、今回この施設を設置するにあたっての想いと、概要についての説明がありました。

プロジェクトへの思い

東京都で公表されている8,500人の2~3倍もいるといわれる待機児童。出産を機に離職する女性は6割。この切実な現状を受け、多様なニーズに対応できる認可外保育施設の需要が高まっています。実際、現在ワーママの3割近くが認可外施設を利用して、自分らしく仕事と育児を両立しています。

LAXICで実現したいことのひとつ、多様な働き方を認めること。「保育園に預けられないから仕事ができない」をなくしたい、そのために企業ができる解決策を提示したという思いで取り組んでいます。

施設概要

今回企画している事業所内保育施設は、内閣府が今年度・来年度に推進する企業主導型保育事業に基づく認可外保育施設です。認可外の保育施設でありながら、認可保育施設に準ずる施設整備・運営基準を求められ、保育料についてもかなり安価に抑えることが出来る予定です。

・利用定員

従業員枠2名、企業枠・地域枠10名

・保育従事者

0~2歳児4名受け入れにつき保育従事者は4人

・職員

半数以上が保育士資格を有します。

・保育に関する設備

乳児室(0・1歳児)、保育室(2歳児以上)、医務室、トイレ ※屋外遊技場は近隣公園を利用予定です。

・その他の設備

保育フロアとオフィスフロアを設置。オフィスフロアにはフリーデスク、会議室、オープンスペースを併設予定です。

・場所

新宿三丁目駅、新宿御苑駅からほど近いところを予定しています。改めて決定時にお知らせいたします。

プラン

・月額保育付きフリーデスクプランオフィス
 保育の定期利用。フリーデスク・会議室が利用可能。

・保育付きショートプラン
 月の上限時間までの利用。オフィス・保育の単独利用も可能。

・一時保育プラン
 月の上限時間まで1時間単位で保育。1日の保育時間は4時間まで。オフィス利用はなし。

*プランは現在企画中であり、決定ではございません

想定する利用シーン

・企業勤めだけれどリモートワークを取り入れたい
・フリーランスや在宅ワークOKの企業などにて子どもを見ながら働いているが、子どもの相手をしていると集中できない。より効率的に働きたい
・幼稚園にいずれ入れて働きたいと考えているが、ブランクを空けないようキャリアアップしたい

多様な働き方に応じて柔軟な対応ができる場所を目指しています。

今後について

2017年4月開所に向けて準備を進めています。2016年11月より、仮申込を開始し、内覧会を2017年2月に行う予定です。既存施設であるマフィス馬事公苑の様子をご見学いただくこともできます。

お子様の気配を感じながらお仕事。「職育隣接」を大切にしたい

マフィス馬事公苑の託児スペース

マフィス馬事公苑の運営会社であり、今回のプロジェクトをご一緒させていただくオクシイ株式会社 代表取締役の高田麻衣子さんからもプレゼンテーションがありました。

初めに、認可外施設で事故が起こるポイントとして、「助成金が下りない結果、人件費が削られてギリギリまでコストカットせざるを得ず、みんながゆとりをもって仕事をする環境が整わない」ことを原因として挙げていました。

一方、今回のプロジェクトでは、内閣府からの助成金を申請していて認可保育園なみに助成がおりる見込みであること、そしてマフィス馬事公苑は助成金に頼っていない認可外施設だが保育士比率を上げており(0歳児3人に1人以上を配置)、保育の質にもこだわっていることをご説明いただきました。

マフィス馬事公苑とは

マフィスとは、ママを助けるシェアオフィス「Mama assist Office」の略で、以下のような方のためのオフィスです。

・保育園に入れずお子様がいる環境の中で在宅ワークをしている方。
・お子様を幼稚園に入れるまでは一緒にいたいが、自分のためにまとまった時間が欲しい方。
・在宅起業していて、執務をする環境とは分けたい方。
・育休中で、手当を受け取れる範囲で仕事をしたい方。
・仕事復帰したいけど母乳育児をしたい方。

設備内は、35平米(10坪ほど)が保育のスペースとなっており、執務スペースを完全に分けています。とはいえ壁で区切っているわけでなく、配置や装飾などを工夫し、お子様の気配を感じながら程よい距離感を保ち、執務に集中していただくことができるのが特徴です。

マフィス馬事公苑のユーザー様は立地やオフィスつきスペースという施設の関係上、6割程度がフリーランスの方です。

その他、育児休業中の方や、企業にお勤めでリモートワークの方もいらっしゃいます。

職育隣接の大切さ

マフィスでは、「職育隣接」を大切にしていらっしゃいます。家事と育児時間の国際比較をすると、家庭内のお仕事の大部分はお母さんの仕事であるという現実があります。お父さんは仕事のあまった時間で家事、一方で専業主婦は家事と育児のあまった時間で仕事…ワーキングマザーは言わずもがな、仕事も家事もやらなければいけないので、仕事&家事・育児の時間を作り出すことが必要になってきます。

例えば、通勤にかけるムダな時間を省けば時間はつくれます。子どもの存在を側で感じながら働く時間と場所も確保する「職育隣接」は、ワーママにとっては非常に合理的ともいえるのです。

そもそも家事や育児は「期限」も「ゴール」もない仕事であり、100%完璧を目指すことは不可能。さらに、子どもがそばにいるということは、能率と対極にあるということも忘れてはいけません。

マフィス利用者の声

自分の子どもが待機児童になって会社を辞めざるを得なかった利用者のKさん。その後個人事業主として独立されました。マフィスを使う前は、仕事の性質上家でもできるし、子どもが寝ている時間にやればいいという軽い気持ちだったそうです。

仕事を受けてみると、子どもはそれほど都合良く寝てくれる訳ではないし、子どもにDVDを見せて仕事をしなければいけないという状況で、申し訳なさがあったとのこと。お試しで1~2ヶ月やってみて合わなければやめてもいいなと思いマフィス馬事公苑の利用をしはじめたところ、ちゃんと仕事をすることの面白さに気付き、その後もマフィスを継続的に利用されています。

週2日はお子様と遊ぶ日を設けることができているそうです。収入だけで言うと以前と同じくらいで、生活面では、お子様との時間が持てるように変わっていました。

マフィスは、単に保育サービスと作業場所、にとどまらず、自宅ではないもうひとつの居場所として、フリーランスのママたちに喜ばれています。お子様の近くで子育てと仕事を楽しまれている人がたくさん集まるのもマフィスの特徴とのことです。

「これまでに出会わなかった人との付き合い。フリーランスだけど同僚ができる、子育てに対する罪悪感から解放されたなどの声も多い。今回のプロジェクトでも、同じような空気の場を作っていきたい。」と高田さんは説明を締めくくりました。

「すぐに復帰したい」「仕事に合わせて預けたい」…保育施設に求められる多様なニーズ

その後、説明会にいらした方とフリートークをし、現在のご状況や保育について要望することなどをヒアリングさせていただきました。

 

第一子。最初は認可と認可外という区別があることを知らず、保育園という言葉しか知らなかった。今までは保育園に入れなければ、仕事を辞めなければいけないという声が多く、さらには0歳児からでないと難しいという声を聞いていた。今回のものは認可と同等レベルの保育の質が保てる。(北区在住)

自宅が区境にある。認可に申し込んでおり、遠隔で作業をしているが、できれば早く復帰したい。(練馬区在住・お子様1歳2ヶ月)

フリーランス。子どもともう少し一緒にいたいなという気持ちが生まれてきた。とはいえブランクが自分としても不安。0歳児のお世話をしていると、頭が仕事から離れてしまう。5日絶対預けたいわけではないので、毎日午前中だけとか、週の半分だけとか、自分の仕事の兼ね合いで預けられるところがあればいいなと思っている。マフィスにいるママのような働き方があるんだなと思った。(江戸川区在住・お子様7ヶ月)

リモートワークが認められていない会社で、フルタイム週5で働いていた。3人目の子ども。お兄ちゃん2人は近くの保育園に通っており、認可を待っている人の中では点数が高いが、最近新しいマンションができて状況が変わってきており、1歳の4月から預ける可能性を考えている。求めるものは安全性、かつ自分と合うかどうかを重視。今回の保育施設は可能性のうちの1つとして考えている。(新宿区在住・お子様10ヶ月)

子どもは3月末生まれ、産後1ヶ月から保活を始めている。認証と認可外を20ヶ所くらい回って、ほとんど全てが100人~200人待ち。保活に力を入れてきた保育ママでさえ、待ちがいる状況。育休は2年まで取れるのだが、なるべく早めに復帰したいと思っている。保育施設では安全性を重視している。(杉並区在住・お子様5ヶ月)

もし、実際に使うなら? 保育施設利用にあたってのご質問

最後に、「実際に申し込んで使うなら」という視点からご質問の時間を設けました。

・よくある利用シーンについて

フルタイムで働いている人も預けられます(ただし預けるのは保育サービス時間内に限り、19時までを予定)。オフィスフロアを使わなくても大丈夫です。また、旦那さんがオフィス利用でも大丈夫ですし、利用中の外出もOKです。

・オフィスフロアの機密情報について

オープンなスペースに人が出入りしますので、マフィス馬事公苑の場合、機密情報について勤務先が厳しい規定を設けている企業さんの場合はお使いにならないことがあります。

・お電話について

マフィス馬事公苑では、執務スペースで電話されている方もいらっしゃる一方で、授乳室などの個室を利用する方もいらっしゃいます。当プロジェクトでは会議室などを作る方向で考えています。また、パーソナルブースなども今後検討していきます。

・定員について

0~2歳のそれぞれの年齢につき各4名。保育時間は8時~19時です。基本的には定期ユーザーが優先で、枠が空いた時に一時保育枠を設ける予定です。

・保育士の人数について

1歳児の場合、「1歳児6人に保育士1人(規定)」プラス1名の保育士を入れなければいけないルールがありますが、お子様の様子をみながら、規定より多い人数の保育スタッフを配置するようにしています。

マフィス馬事公苑は、10名~12名のお子様に対し、4名の保育者を置いています。お子様は0歳児~1歳児が多いとのことです。

・入所可否の基準について

枠の中での先着順です。所属先の企業に賛同してもらえれば、企業枠でも入所が可能です(所定の手続きが必要です)。

・一時保育の申し込みについて

ピンポイントで時間帯を指定いただき専用のWEBサイトからの問い合わせ、もしくは電話で予約を想定しています。空きさえあれば当日予約も受け付ける予定です。

・マフィス馬事公苑の一日の運営スケジュール

10時までのお預けで、お散歩に行きます。お昼は11時15分〜12時過ぎ。食事も別料金にて対応しています。お昼寝を挟み、おやつは15時。不定期でリトミックなども行っています。16時〜17時までに帰られる方が多いですが、最大は19時まで利用可能です。

当プロジェクトについて、随時ご説明の機会を設けます

今回の説明会に参加できなかった方で、別途のご説明をご希望の方は、以下フォームよりお申し込みください。追って担当者より日程についてご連絡をさせていただきます。

説明お申し込みはこちらから。「事業所内保育施設の説明希望」と記載の上、送信してください。

説明会時点ではプロジェクトは始まったばかりで未定のことも多くありましたが、設置に向けて今後詳細を詰めていきます。説明ご希望のタイミングによっては、最新の情報についてお伝えできるかと考えています。

当説明会も、熱量の高いママが集まり、保活・保育施設に関するリアルな情報を得られる貴重な機会となりました。今後の施設運営の参考にさせていただきます。説明会にご参加いただきました皆様、お忙しい中ご足労いただきありがとうございました。

当プロジェクトで今後決まったことは、随時LAXIC等で公開させていただきます。引き続き当プロジェクトにご注目いただけますと幸いです。

他の記事を読む

子育ての記事

    ©camily 働くママとパパの仕事と育児をもっと自由に