camilyを便利に使おう

3つの質問に答えて、
自分にあった記事リストにしよう

会員登録はいりません

  • 1
  • 2
  • 3

2016年06月23日

【専門家が語る!子どもの英語教育、いつ・何をすればいい?(2)】「小1の壁」は英語教育にも!小学校までに求められる英語スキルとは?

働くママにとって子どもを保育園から小学校に上がるときに直面する社会的な問題を、「小1の壁」といいますよね。実は英語教育においても、小学校の英語の授業が始まる前までに習得しておくべきことがあるんです。

小学校から英語の授業が始まり、成績がつくように

今も小学校では「外国語活動」という英語に親しむ時間がありますが、2020年の教育改革後からは、英語が必修科目になり、高学年からは成績もつくようになるのをご存知ですか?

さらに、小学校の授業は「聞く・話す」の音声中心。ネイティブやバイリンガルの先生が挨拶や自己紹介などを英語で話すような授業が行われます。
子どもたちにとって、急に知らない言語で話しかけられると英語嫌いの原因に・・・。

そうならないように、小学校入学前や家庭内での学習はとても大事になります。

では、幼稚園、保育園のうちに何ができるようになるべきなのでしょうか?

(1)英語に好奇心を持たせる、好きにさせる

英語に対する好奇心がないとそもそも語学の習得は難しいです。
絵本やDVDやテレビ、最近はYouTubeにも英語の歌などがたくさんあります。お母さんと一緒に読んだり見たり歌ったりすることで子どもは英語に対して興味を持つようになります。

「親が好きなことは子どもも好きになる」ということを意識して、英語に対する好奇心を養ってあげてください。

(2)子どもが好きなものを英単語で言える

数字、色、果物、野菜、食べ物、乗り物、天気・・・など、子ども自信が好きなものや興味があるものが望ましいです。
(1)の好奇心と同様に、興味がないものを一生懸命教えても習得はしにくいからです。

絵本や教材などを使ってまずは英単語学習を始めましょう。
ここで「お母さんに教えて!」と聞くなどして、“子どもを先生にする”のも効果的です。
自信をつけることで子どもの英語に対する好奇心が強くなり、習得が容易になります。

(3)簡単な挨拶やフレーズが言える

英単語が言えるようになったら次は挨拶です。
英語は言語であり、コミュニケーションツールなので単語ばかり知っていても使う機会がなく忘れて知ってしまいます。

How are you? I'm good/tired/hungry.
Nice to meet you.
How old are you? I'm ** years old.
What's your name? My name is ***.

程度で十分です。
さらに、英語で聞かれたら英語で答えられるようになるとさらにGoodです!

ここまでが小学校入学前までにできると英語の授業を楽しむことができるでしょう。

このように、母国語(=日本語)の習得と同じようにまずは「聞く・話す」を重点的にやることが大事です。
さらに、小学校では基本的なフレーズを使って会話ができる。中学校で道案内レベルの会話力や読み書き。高校でディベートなどの高度なスキルを習得していけば、将来困ることはないでしょう。
ステップを踏みながら少しずつ子どもの英語学習を考えてあげてください。

また、注意をしていただきたいのは、「発音にこだわりすぎないこと」です。
日本人は英語コンプレックスが強く、発音の良し悪しを気にしがちですが、母国語の音と第二外国語の音はまったく異なるため、両方を一気に習得するのはなかなか難しく、日本で生活する子どもにとってはやはり英語の音は馴染みがありません。

発音は聞くうちに徐々に慣れていきますので、まずは「英語を話すこと、言うこと」を心がけて子どもの英語に対する自信を持たせてあげてください。

(文・道村 弥生)


次回テーマは「英語教育の始めどきはいつ?」7/7更新予定です!

専門家:道村 弥生

株式会社ハグカム 代表取締役。子どもの「できた!」を育む。を理念に教育事業を展開。子ども向けのオンライン英会話「GLOBAL CROWN」を運営しており、3~10歳を対象に、1日20分バイリンガル講師とおうちでマンツーマン英会話を受けられる。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

他の記事を読む

連載の記事

    ©camily 働くママとパパの仕事と育児をもっと自由に