camilyを便利に使おう

3つの質問に答えて、
自分にあった記事リストにしよう

会員登録はいりません

  • 1
  • 2
  • 3

2017年02月07日

子どもが保育園で「変な言葉」を覚えてきた!どうしたらいいの?

この間までカタコトでかわいくおしゃべりしていたのに、保育園に通い出したら急に変な言葉を使うようになった…子どもの変な言葉、このまま放っておいていいんでしょうか…対処法を考えてみました。

子どもはなぜ変な言葉を覚えるのか

保育園に入園したとたん「えっ?そんな言葉どこで覚えてきたの?」と親がびっくりするような言葉が飛び出す…もちろん保育園で覚えてきたんでしょうね。
小学生のお兄ちゃんお姉ちゃんがいる子の「ちょいワル」な言葉に惹かれたり、みんなが使っている言葉を使いたいというのは普通のこと。
いいことも悪いことも同じように吸収する年頃ですから、保育園で変な言葉を覚えてくること自体は、心配はしなくてもいいのだろうと思います。
でも、できれば変な言葉は言わないでほしいですよね。
子どもの変な言葉の傾向と対策を考えてみましょう。

下品な単語を連発するときは、あえてスルー

「ウン◎」「チン◎」「おなら」などの単語を連発して大笑い…何が面白いのかまったく理解できません。男子に多いですが、女子でもゼロではありません。
下品な言葉を連発するときは反応しないのがいちばんです。子ども同士だとウケるため、本人はエスプリの利いたジョークのつもりで使っていますから、ママが「いやねえ」なんて反応すれば「効果があった」と喜んで連発するようになります。
「そういう汚い言葉はやめてください」と伝えて、あとは聞こえないふりをしましょう。
「大人にはこのセンスは分からない」と、つまらなくなってそのうち言わなくなります。

乱暴な言葉は注意して理由を教える

「てめえ」「ざけんなよ」…そういえばわが家でも、娘の一人称が「オレ」になったことがありました(女子です)。
僕ならまだしも、オレって…。ほかにも「やめろ」「あっち行け」「じゃまじゃま」など、人を人とも思わない言葉を覚えてくることもあります。子どもだからといって許していると、将来とんでもなく勘違いした大人に育ちそうで怖いです。
乱暴な言葉を言ったときに「そんな言葉を使っちゃダメだよ」とよくないことを伝えることは大切です。
さらに「そう言われた人は嫌な気持ちになるからやめようね」など理由を伝えると子どもも納得しやすくなります。
いつまでも続くとき、保育園のクラス全体が乱暴な言葉を日常的に使っていることも考えられます。担任に言葉づかいについて心配していることを伝えましょう。
娘が「オレ」と言いだしたときは、同じクラスの1人の男の子が家庭の事情で荒れていたため、みんなに伝染してしまったそうです。
その子が精神的に落ち着くと、クラス全体の言葉も平常通りに戻ったそうです。

人を侮辱・攻撃する言葉、差別用語を使うときは叱る

「バカ」「間抜け」「ブス」などの言葉は人を傷つけます。子どもは軽い気持ちで言っているのでしょうが、これは言ってはいけないですよね。
言葉は時に凶器にもなります。子どもが言葉で人を傷つける恐れがあるときは、暴力をふるおうとしているときと同じように叱り、善悪を教えた方がいいこともあるでしょう。
保育園では人を傷つける言葉が流行ることはあまりないとは思いますが、もしも子どもが覚えてきたときは、担任に伝えたほうがいいでしょう。

(文・曽田 照子)

著者:曽田 照子

ライター生活25年、3人の娘の母、子育てNGワードの専門家。子連れお出かけガイドの編集を機に育児書執筆の道へ。著書『子どもが自信を失う66の言葉』学研パブリッシング、『子どもに言ってはいけない55の言葉』メイツ出版など多数。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

他の記事を読む

子育ての記事

    ©camily 働くママとパパの仕事と育児をもっと自由に