camilyを便利に使おう

3つの質問に答えて、
自分にあった記事リストにしよう

会員登録はいりません

  • 1
  • 2
  • 3

2017年02月03日

ワンオペ育児を頑張るママにメッセージ

「ワンオペ育児」という言葉が流行っています。ワンオペはワンマンオペレーション。子育てのすべてをたった1人でこなさなければならない状況は本当に辛いですよね。今まさにワンオペ育児で頑張るママに伝えたいことがあります。

ワンオペ育児って?

核家族で夫が会社に行っている間は子どもと2人きり。頼れる人や相談できる人もいない…現在「ワンオペ育児」と言われている子育て環境。
これは今に始まったことではなく、かつては「密室育児」なんて言葉で問題になっていました。「ワンオペ育児」というと、なんだかライトな印象ですが、言葉が軽くなった分だけ逆に深刻さは増しているのではないかと思います。
「毎日子どもと遊んで暮らせるなんて幸せだね」と能天気に言えるのは、子育てを経験したことのない人です。

「子どもとの接し方が分からない」
「数日まともな会話をしていない」
「眠るどころかトイレも一人では行けない」
という状況の中で体力的にも、精神的に限界ぎりぎりなのに「私が油断をしたら子どもの命に関わる」とガチガチに緊張しながら子育てをしている人は少なくありません。この記事を読んでいるあなたも、そんなひとりかも知れませんね。

なぜワンオペ育児はブラックなのか

オペレーション(育児スキルそのもの)の未熟さだけでなく、責任の所在がすべてママ自身にかかっているということがワンオペ育児をブラックな現場にしていると私は考えています。
ワンオペで話題になった牛丼店よりも、ワンオペ育児の方が遙かにブラックです。
どんなに仕事が過酷で長時間労働でも、アルバイトなら勤務時間が終われば開放されますし、辞めるという選択肢もあります。でも子育てにはそれがない。
子育ては24時間フルタイムで、抜け出せない、辞められない職場です。終わりの見えない暗いトンネルをたださまよっているような、そんな気持ちになることだってあります。

体力的にもハードな上にメンタルも辛い。
私のワンオペ経験から察するに、いま現在ワンオペ育児にはまっているママはこんな感情にとらわれているのではないでしょうか。

「誰に頼ったらいいのか分からない」子育てに追われて、頼る先を探す気力もなくなってしまう無気力
「このくらいでSOSなんか出したらかっこ悪い」という見栄
「母親失格と言われてしまうのでは」という恐れ
「どうせ誰も助けてくれない」という諦めと孤独感
そして「いつまでも終わらない」という絶望

……なんだかもう書いていて、やるせなくなってきました。一緒に泣いてあげたい。

ワンオペから「降りる」方法はあるのか

いわゆる「マイナス感情」といわれる気持ちをどう処理したらいいのか。
「人に聞いたり周囲に頼ったり、SOSを発信すればいい」と気軽にアドバイスをしてくれる人がいます。出来る人はそれでかなり解決するでしょう。
それがカンタンに出来るようなら、ワンオペ育児で悩んでませんって!という人は、まず「自分はすごくつらい状況でがんばっている」と、自分のしていることを、自分で認めるところからはじめてみませんか。

(文・曽田 照子)

著者:曽田 照子

ライター生活25年、3人の娘の母、子育てNGワードの専門家。子連れお出かけガイドの編集を機に育児書執筆の道へ。著書『子どもが自信を失う66の言葉』学研パブリッシング、『子どもに言ってはいけない55の言葉』メイツ出版など多数。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

他の記事を読む

子育ての記事

    ©camily 働くママとパパの仕事と育児をもっと自由に