camilyを便利に使おう

3つの質問に答えて、
自分にあった記事リストにしよう

会員登録はいりません

  • 1
  • 2
  • 3

2016年07月11日

子育てしやすいのはどっち? マンション派? それとも戸建て派?

結婚や子育てのタイミングで、引っ越しを考える家庭も多いもの。ライフスタイルに合った家探しをするのに、子育てしやすいのはマンションなのか、はたまた戸建てなのか。住宅ローンを組む場合、長い目で考えるとどちらが正解なのでしょうか。そこで、実際に子育てをしながら生活している家庭を調査してみました。先輩ママの意見から自分の生活に合うものを参考にしてみましょう!

階段問題、冷や汗ダクダク?! みんなの戸建てあるある

近年では2階建て、もしくは3階建てが主流の戸建て住宅。階段のある戸建ては、柵をつけて子供の安全を確保するなど工夫次第。時に忘れ物を3階まで取りにいくなど汗だくな日々もあるようです。しかし、子供の成長に合わせて兄弟別の子供部屋を用意したり、プライベートが守られるなどの利点も多くあるよう。

子供が走りまわったり飛び跳ねたりするのを気にしなくていいので、マンションの時より注意することが減りました(Iさん)。
別のフロアに子供が寝ているので、就寝後の家事も音を気にせずできます(Oさん)。
外遊び道具や大きな荷物はガレージにおけるので収納面が良いです(Iさん)。
駐車場と玄関がすぐなので週末の大量買い物や大きな家具を運ぶのが楽です(Kさん)。
トイレが2つあるので、子供たちが喧嘩せずにすんでいます(Aさん)。
目を離した隙に子供が階段から落ちたことがあり、本当に冷や汗が出ました(Iさん)。
抱っこの時期は階段の行き来は子供と荷物を同時にもって階段を行き来するので本当に辛かったです(Tさん)
お風呂が1階、子供部屋が3階なので忘れ物の往復が大変です(Mさん)。

乳児期は楽、けれど暴れ出したら地獄?! みんなのマンションあるある

戸建てと違って、マンションは下の階の住人へ騒音を気にする人も多いことが判明。近隣つき合いをしておかないと、クレームの対象になりかねません。しかし、悪いことばかりではなく、冬は暖かかったり、ゴミは24時間OKのところもあるなど、住みやすさの利点もあるのがマンションのいいところです。

ワンフロアなので子供に目がいき届きやすいですね。キッチンで料理をしていても、子供がリビングや廊下に移動するなど、良くわかります(Mさん)。
マンションは戸建てに比べて暖かいので冬のお風呂が楽です(Kさん)。
マンションのエントランスがあるので、雨の日のベビーカーや自転車の準備がしやすく助かっています(Mさん)。
管理人さんがいるので、トラブルがあった時もすぐに頼れて心強いです(Sさん)。
家の中で走り回られると、下の階の騒音が気になりつい子供を叱ってしまいます(Tさん)。
子供のものが増えて収納場所がない上、外遊びのおもちゃ置き場なく、別にトランクルームを借りました(Mさん)。
自転車の駐輪場に制限があるので、ママ友が来ても止める場所に困ります(Oさん)。
階段がないので掃除がしやすいです(Tさん)
最上階なので忘れ桃をした際、エレベーターを利用しても時間がかかり面倒です。絶対忘れ物をしたくないと毎回思います(Sさん)。
同じ子育て世代と情報交換ができる上、預け先がない時はお互いに行き来して助け合っています(Aさん)。
24時間ゴミ出しが可能なので、オムツの時期はため込まずに捨てれて良かったです(Iさん)

実際に引っ越すならどのタイミング?

ハイハイ期や歩き始めの1歳〜2歳と、目が離せない時期はワンフロアのマンションが過ごしやすい傾向にありますね。
しかし、2歳〜それ以上になり「走り回らないの! 」といってもニコニコ笑いながら走る時期は、マンションの1階、もしくは戸建ての方がご近所の騒音を気にしなくてすむようです。
戸建ては階段の行き来があるので、子供の安全性や生活動線の効率化を図るためにも、子供が一人で階段を昇り降りできる時期がベストのよう。
マンションから戸建てへ引っ越しを考えている人は、ぜひ参考にしてみてください!

(文・森 初世)

著者:森 初世

子育て歴8年目の2児の母。「ヨガ」「顔ヨガ」講師として産後より活動をスタートし「Lapure(ラープレ)」「ヨガスタジオ/Lapure」を主宰。定期レッスン他、企業やメディアなどで活躍。書籍『5年後も若いと言わせる顔ストレッチ~Smile Yoga』を上梓。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

他の記事を読む

子育ての記事

    ©camily 働くママとパパの仕事と育児をもっと自由に