camilyを便利に使おう

3つの質問に答えて、
自分にあった記事リストにしよう

会員登録はいりません

  • 1
  • 2
  • 3

2016年08月02日

驚愕! 男の子と女の子の違いから「パパ」を知る?!

お男の子と女の子、赤ちゃんの時から声の大きさや、骨格などからも「男の子らしい」「女の子らいし」といった違いがありますよね。男の子ママは「女の子っておとなしくて可愛いね」と言い、女の子ママは「男の子って元気でいいよね」と言うものです。いったい男の子と女の子はどんな特徴があるのでしょう?

犬のような男の子とは?

男の子は常に走り回っている生き物です。公園で走り、家の中でも動き回るため、食べている時と寝ている時以外は常に動き回っています。
何かを伝えたくて、柱やテーブルの回りをぐるぐるまわり「じっとしていなさい」と叱られるのもしばしば。
何とも犬のようです。その時点で叱られて謝っても、5秒後には違う話しをしたり笑ったりしているのも男の子。
「反省してるのかい? 」とこちらが疑ってしまうほど、上書き上手。素直な気持ちで謝っても、後腐れなく次に移れる才能を持ち合わせています。
お散歩大好き、遊ぶの大好き、ママ大好きなのが男の子です。

猫のような女の子とは?

女の子は幼少期からおままごとやおうちごっこがとても上手です。小さなお母さんは母性もたっぷり。
お人形のお世話をやくのが日課になるほどです。そんな女の子は、もっとも身近な大人がママです。おませな彼女たちは、ママに憧れを持ちお化粧やネイルにも興味を持ちます。
しかし、気分屋なので飽きてしまうとそっちのけ。それにはパパも振り回されます。スイッチが入ればパパに優しくじゃれますが、スイッチが入らなければ知らんぷり。
まるで猫そのものです。ふわふわで柔らかくて、可愛いものが大好き、それが女の子です。

男の子がわかればパパも一緒

男の子と女の子の違いを並べると、大人になっても本質は変わらないということに気づきます。
すなわちパパの中にも「小さな男の子」が存在するということです。
大人になると恋愛や結婚生活でお互いのことが分かり合えない部分がありますが、それもそのはず。ママが男の子の行動に理解ができないのと同じです。外では仕事で戦う大人なパパも、家に帰るとどうでしょう。
テレビに夢中で返事がかえってこなかったり、脱いだ靴下が置きっぱなしだったり。今まで「どうにかしてよ」と思っていたことも、「小さな男の子がいるんだな」と思うと意外に気が楽になるものですね。

(文・森 初世)

著者:森 初世

子育て歴8年目の2児の母。「ヨガ」「顔ヨガ」講師として産後より活動をスタートし「Lapure(ラープレ)」「ヨガスタジオ/Lapure」を主宰。定期レッスン他、企業やメディアなどで活躍。書籍『5年後も若いと言わせる顔ストレッチ~Smile Yoga』を上梓。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

他の記事を読む

子育ての記事

    ©camily 働くママとパパの仕事と育児をもっと自由に