camilyを便利に使おう

3つの質問に答えて、
自分にあった記事リストにしよう

会員登録はいりません

  • 1
  • 2
  • 3

2016年08月04日

授乳期の「でかパイ」が邪魔!スタイルを良くみせる方法教えます!

産後の授乳期は、2カップ以上バストが大きくなる時。胸の小ささに悩んでいた人は、とてもハッピーな時期になりますが、もともとバストが大きい人はさらに大きくなり、下着や洋服選びも一苦労。そこで華奢で可愛い服を着たくても、以前のように着られない悩みも浮上してきます。また、小さい人はメリハリボディになっても、大きい人は太った印象にみえてしまうことも。この時期、いやらしくなくスリムに見える着こなしとは、どんなものなのでしょうか?

授乳服はバストが垂れる?!

この時期は、おっぱいをあげやすい授乳服が人気です。しかし、大体がパット入り程度で正しい位置でバストを固定してくれません。
バストが大きくなっているということは、それだけ垂れる確率も高くなるということ。
授乳が終わった後、驚くほどしぼんで垂れさがるバストに驚かないように、この時期からメンテナンスをしておきましょう。胸を強調する必要はありませんが、できればノンワイヤーでカップに合った下着を身につけ、バストの垂れを防ぎましょう。

隠せば隠すほど陥る落とし穴

胸が大きく太ってみえることを気にするあまり、体型カバーする服ばかり選んでいませんか? 
実は、それだけで太った印象にみえてしまいます。
ビックTシャツやチュニックなどもいいですが、これらを選ぶ際はパンツやスカートは細身のものを着てスリムさをアピールしましょう。
スリムなものが苦手という人は、ワイドパンツやロングスカートも今年の流行です。
その際は、協調しない程度にトップスをコンパクトにしましょう。

出し過ぎもNG。程よい加減とは?

とはいえ、ぴったりしたTシャツや胸が開いた服を着ればいいということではありません。いやらしくなく、いかにスタイル良く見えるかというのは、胸元も空き具合が肝心です。
ポイントは「かがんだ時に胸が見えないこと」です。
赤ちゃんをベビーカーから抱っこしたり、よちよち歩きの子供に目線を合わせる際、授乳中のママは「かがむ」という仕草を1日の中で何度もします。
ですから、かがんでも胸が見えない程度の胸元の空き具合と、ジャストさが鍵。
出し過ぎず、程よい加減で洋服選びができます。

(文・森 初世)

著者:森 初世

子育て歴8年目の2児の母。「ヨガ」「顔ヨガ」講師として産後より活動をスタートし「Lapure(ラープレ)」「ヨガスタジオ/Lapure」を主宰。定期レッスン他、企業やメディアなどで活躍。書籍『5年後も若いと言わせる顔ストレッチ~Smile Yoga』を上梓。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

他の記事を読む

妊娠・出産の記事

    ©camily 働くママとパパの仕事と育児をもっと自由に