camilyを便利に使おう

3つの質問に答えて、
自分にあった記事リストにしよう

会員登録はいりません

  • 1
  • 2
  • 3

2016年08月22日

「かかりつけ医」が欲しい! そのポイントとは?

小児科はたくさんあるけど、どこに行けば我が子を安心してみてもらえるのか? そんな疑問を持ったことはありませんか? 仕事帰りに遅くまでやっている病院、家の近所の病院、予約が取りやすい病院など、家庭に合った病院選びはそれぞれ。でも、もしそこがお休みだったら? 信頼できる先生に出会うために、人気のある小児科ポイントを3つあげてみました!

予約制でも待合室が混んでいる

受付に行くと、いつも待合室が混んでいる病院ってありますよね。
オンライン予約しているのに、なかなか順番が来ない。この場合、急いでいるママにとっては不利な条件になりうるかもしれません。
しかし、それでも待ちたいという患者さんが多いということでもあります。順番がもうすぐなのに、なかなか自分の番が呼ばれないのは、先生が患者さんに丁寧に説明をしている証拠。業務的な診察ではなく、医療に詳しくない患者さんの不安を取り除く作業を省かないとすれば、とってもいい病院ですよね。

看護婦さんが陽気

診察をする時、先生のサポートをする看護婦さんが怖いと、診察時間もリラックスできません。
病院の先生とコミュニケーションがうまくとれている看護婦さんは、患者の子供たちにも親切で笑顔です。
先生のご機嫌取りばかりでなく、診察結果を先生とママが話している間に子供をあやしてくれたり、子供のことを覚えていてくれるなど、不安材料を取り除いてくれる看護婦さんがいる病院は、ママにとっても心強いものです。

先生が子供好き

小児科の先生なのに「怒ってませんか? 」と思わず威圧感を感じてしまう病院もありますよね。
お薬はくれるけど、なんだか行きずらいと思ったら、もう少し病院を探してもいいかもしれません。
基本的に子供相手になるので、子供の機嫌が良くなければ診察もしにくくなります。
子供を持つ親として、子供好きかどうかとうのは直感でわかるもの。
先生が子供好きであれば、子供も先生が好きになります。病院を嫌がらずに「先生に会いに行く」ぐらいに思ってくれる小児科はポイントが高いはずです。

(文・森 初世)

著者:森 初世

子育て歴8年目の2児の母。「ヨガ」「顔ヨガ」講師として産後より活動をスタートし「Lapure(ラープレ)」「ヨガスタジオ/Lapure」を主宰。定期レッスン他、企業やメディアなどで活躍。書籍『5年後も若いと言わせる顔ストレッチ~Smile Yoga』を上梓。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

他の記事を読む

子育ての記事

    ©camily 働くママとパパの仕事と育児をもっと自由に