camilyを便利に使おう

3つの質問に答えて、
自分にあった記事リストにしよう

会員登録はいりません

  • 1
  • 2
  • 3

2016年09月29日

乗り遅れても大丈夫! まだ間に合う「ラン活」事情

デザインや色、素材選びまで今やファッション感覚で選べるランドセル。その話題性もあって年々ランドセル購入の時期が早まっています。
巷では「急がないと欲しいものが買えない! 」と6月から事前検討し早々に購入する人も少なくありません。
しかし、殺到するのは販売がスタートした一時だけ。実は、それ以降の方がじっくりと見たり試着したりと、ノンストレスで購入できるのです。 出典:tsuchiya-randoseru.jp

二極化するランドセルの流行とは?

出典:tsuchiya-randoseru.jp

ひと昔前まで、黒と赤がメジャーだったランドセルも、今ではピンク、水色、オレンジといったカラフルなバリエーションが豊富に揃い、人気キャラクターやランストーンがつくなど、柄物や装飾のついたものも登場しています。
ランドセルは、もはやファッション感覚で選べる時代に!
 華やかでオリジナリティがあると、色や装飾付きのものを選ぶ親子さんが増える中、6年間飽きのこない方が良いと、シンプルなタイプも根強く人気のようです。特に、男の子は断線シンプルな「黒」が人気で、女の子の方がオシャレ心をくすぐるデザインや、内装や背中にピンクが施されたものが人気のよう。

本革とクラリーノ(合皮)、迷ったらどう選ぶ?

出典:tsuchiya-randoseru.jp

6年間毎日使うものだから、丈夫で長持ちするものを選びたい。本革とクラリーノの違いは、重さ、色のバリエーション、馴染みやすさや傷つきやすさにあります。
本革は使えば使うほど体に馴染み、革独特の柔らかさとともに丈夫で傷が目立ちにくいのが特徴。
(思い出とともに刻まれる傷も風合いもいいものです。)それに対し、クラリーノは革のような馴染みはありませんが、本革に比べ200g軽く、色も豊富に揃っています。本革の人気は根強いものですが、体が小さい、通学が遠いといったお子さんはクラリーノがおススメです。ちなみに、多くが防水加工されているので雨の日も安心です。

「ラン活」は、焦らずじっくりで間に合う

年々早まっている「ラン活」ですが、その理由として大量生産しない工房系が1つの理由としてあげられます。
6年間の小学校生活を共にするもの、いいものを持たせたいという親の思いから、ひとつひとつ手作りしている工房系のランドセルに人気が集中しているのです。
手作りのため生産数にも限りがあり、量販店に比べて完売するものも出てきます。生産数の少ない工房系で全選択肢の中から「これだ! 」というのを選ぶ場合、早めに購入すれば確実ですが、実は集中するのは販売スタートして1週間ほど。それ以降はさほど混雑しないので、じっくり選べる上、混雑の中待つこともなくスムーズに購入できるのです。
子供が主役の買い物。できれば人混みの窮屈さに、子供の機嫌を損ねて買い物をするのは避けたいものです。
また、工房系にこだわらずクラリーノ希望であれば、冬休み、入学前まで量販店で購入することもできます。これから「ラン活」という人も、慌てず納得のいくものに出会ってくださいね。

(取材協力:株式会社 土屋鞄製造所

(文・森 初世)

著者:森 初世

子育て歴8年目の2児の母。「ヨガ」「顔ヨガ」講師として産後より活動をスタートし「Lapure(ラープレ)」「ヨガスタジオ/Lapure」を主宰。定期レッスン他、企業やメディアなどで活躍。書籍『5年後も若いと言わせる顔ストレッチ~Smile Yoga』を上梓。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

他の記事を読む

子育ての記事

    ©camily 働くママとパパの仕事と育児をもっと自由に