• {{ n }}

  • 戻る
  • 設定を変更する
  • 次へ
  • OK

2017年02月20日

「ママのお仕事ってなぁに?」〜ママの背中をみてごらん〜

保育園児は、幼稚園との差をあまり知りません。それは「ママとパパが働いているかどうか」ということの違いということを。
保育園へ預ける時、泣いている我が子を置いて職場に行き、それでも働きにいくママの背中を子供たちはどう見ていたのでしょうか?しばらくして成長すると「ママのお仕事ってなぁに?」と聞いてくる子もいます。
そんな時、どのように説明すると子供が興味をわく伝え方ができるでしょうか?

上手い下手は関係なし!イラストを描いてみる

子どもは絵を描くことも見ることも大好きです。
ということで、ママのお仕事を絵に描いてみましょう。どんなデスクで仕事をし、ミーティングはこんな感じ、とうように。同僚を可愛く、上司を面白おかしく書いて世界観を作れば大盛り上がり!
ママのストレス発散にもなります。上手い下手は関係ありません! 「ママが絵を描いてくれた」ということが子供は嬉しくて喜んでくれます。

職場の写真をみせてリアリティを!

どうしても絵は描けない、という人は職場の写真をとって子供にみせてあげましょう!
「人がたくさんいるね」
「みんな机に座ってパソコンをしているんだよ」
「こうやって商品を作って売るんだよ」というように。
実際手に取ってわかるものがあれば、それも一緒にみせたり、画像でピンとこなければ、普段の様子を実演するとなお感動してくれますよ。

この際、職場へ連れていっちゃおう!

子どもは親がどんな仕事をしているのか知りたいもの。
そして「ママかっこいいね」「ママ頑張ってるね」と思っています。そんな気持ちをより大切に温めるには、リアルなもの、場所を見せることです。なかなか職場へ子供を連れて行くことは難しいことですが、休みの日に会社のビルを見せにいったり、実際にお昼ご飯を食べているお店へ連れて行くなど、ママのお仕事と共有できたことが、子供の心に残るもの。細かく丁寧に伝えても理解するのは難しいものです。
些細なことでも子供は何かしら感じ取っています。そして、わかると安心してくれます。

ぜひママのお仕事を伝えてみてくださいね。

(文・森 初世)

著者:森 初世

子育て歴8年目の2児の母。「ヨガ」「顔ヨガ」講師として産後より活動をスタートし「Lapure(ラープレ)」「ヨガスタジオ/Lapure」を主宰。定期レッスン他、企業やメディアなどで活躍。書籍『5年後も若いと言わせる顔ストレッチ~Smile Yoga』を上梓。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

あなたにオススメの記事

人気記事

    子育ての記事

      ©camily 働くママとパパの仕事と育児をもっと自由に