camilyを便利に使おう

3つの質問に答えて、
自分にあった記事リストにしよう

会員登録はいりません

  • 1
  • 2
  • 3

2017年03月15日

トイレトレーニングはいつから?焦らず適切な時期に

歩くようになり、良く食べるようになると、オムツもパンパン! そろそろトイレで出来るようになるといいな、と思いながら外出時のことを思うとついオムツの便利さに頼ってしまうことも。子供がすんなりトイレに行けるようになるには、どんなコツがあるのでしょうか?

おむつを外す時期は?

おむつを外す時期は、1歳頃からはじめて2〜3歳程度で完了することが一般的です。実際に、乳児期は腹筋も弱いため、トイレに座ってウンチが出来るようになるのも時間がかかります。個人差があるので「うちの子はまだできない!」と焦ることはありません。

トイレトレーニングを始める適切な時期は?

適切な時期を見分けるポイントは3つ。
1つ目はおしっこの感覚が数時間空くようになること。
2つ目は歩いてトイレへ行き、さらにはトイレに興味を示すようになったこと。
3つ目は子供が「おしっこ出た」と伝えてくること。
この1つでもお子さんに見られたら、それはまさにトレーニング開始時期! まずはトイレに座って大人のマネからスタートしてみましょう。

おしっこの時期が数時間空いた時

トイレトレーニングのタイミングをみるなら、まずはオムツをチェック!
2〜3時間たってもオムツが濡れていなかったら、それはまさにスタート期。1〜2回の偶然ではなく、コンスタントに2〜3時間のおしっこ間隔になったらオムツ外れも近いはずです。

独り歩きができてから

何はともあれ、歩いてトイレへ行き、便座に座るという基本が出来なければなりません。そのため、まずは独り歩きが出来ることも大きなポイントです。月齢の早いお子さんは歩き始めも早いので、1歳からトレーニングする子もいます。

「おしっこ」と自分の気持ちを伝える事ができてから

トイレトレーニングは、トイレで用を足せるようになることと、「おしっこ」「ウンチ」がしたくなったらトイレという場所へ行く、という2つの課題があります。自分が「おしっこ」がしたいのか、したくなったらトイレへ行こう! というようにまずは自分の気持ちを伝えて行動することも大切です。

トイレトレーニングの前の準備は?

いざ始めよう! と思ったら前述したようにまずはトイレに座ることから。しかし、お子さんがトイレを嫌がったら? 座りにくくて姿勢がとれず上手にできなかったら?そんな心配を持つママも多いよう。そこでトレーニング前に準備しておくとより良いものをピックアップしてみました!

絵本などで子供の関心をもたせる

「トイレ」や「ウンチ」に関する絵本は子供の関心をひきやすい最大の味方。実際に保育園でもその手の本を読み聞かせるところもあり、子供たちからも人気があります。いざ教えようとしても、子供目線や子供の気持ちを忘れがち。絵本の世界で「トイレは楽しくてスッキリする! 」というのを楽しさと大切さを知ってみらいましょう。

トイレトレーニング用のパンツを用意する

トイレトレーニング用のパンツも市販で売られています。トレーニングを始めたころは、トイレへ間に合わなかったり、オムツをつけている習慣が抜けなかったりと、おもらしをしてしまいがち。そんな時、おしっこまみれを防いでくれるのが吸収性に優れた「トレーニングパンツ」です。ところが、オムツには変わりがないので、おもらしをしてしまった時の気持ちを覚えにくく、その危機感を覚えにくいという考えも。早くオムツを取りたい場合は、トレーニングパンツを使用せずに挑むのもおススメです。

おまるは絶対に必要なわけではない

お店などでトイレトレーニング用品をみていると「おまる」も必要アイテムとして登場します。というのも、一般的に自宅や公共施設のトイレは大人サイズのため、子供サイズのトイレとして「おまる」が活躍してくれるのです。しかし、絶対というものでもありません。おまるの洗浄という家事も増えます。足を広げて座れるだけの月齢であれば必要ない場合もあるので、お子さんの様子をみてからでも間に合います。

我慢強い心を持つべき

トイレトレーニングはお子さんだけでなく、親も一緒に行う参加型トレーニング。時間になったらトイレへ連れて行き、うまく出来てもできなくても、毎日根気よく続けていくことが近道でもあります。しかし、何度もおもらしをしてしまったり、トイレで用を足すのに時間がかかたっり、すんなりといかないことも多々あります。壁にぶち当たっても気長に我慢強く付き合うこと心構えが必要です。

トイレトレーニングを焦る必要はない

トイレトレーニングの時期は、よそのお子さんがトイレをできると「うちの子はまだ! どうしよう?」と比べてしまうもの。しかし、ここで焦りは禁物です。トイレができるようになるのは焦りを感じるママではなく、お子さんです。お子さんがトイレに対するプレッシャーを感じてしまうと、うまくいっていたことも失敗してしまいます。お子さんのペースに合わせて上手に付き合って乗り越えていきましょう!

トイレトレーニングはいつから行うべきかまとめ

トイレトレーニングを始める時期は、おしっこの間隔が2〜3時間空き、トイレへ歩いて行け、さらに「おしっこーー!!」と大人に伝えられることがポイントです。そんなタイミングがきたら、トイレトレーニングをスタート! 子供がトイレを嫌がったり、我慢したり、面倒くさがらないように、トイレへ行くことを大切に理解できる絵本を読み聞かせてみましょう。また、場合によっては大好きなキャラクターのおまるやトレーニングパンツを使って、子供の積極性や自信をつけてトイレを好きになってもらいましょう。子供のやる気を引き出したら、あとは失敗しても叱らず、ゆっくりと見守ってあげながらママも頑張り過ぎずに続けてみてくださいね。きっと楽しいトイレ生活が待っています!

(文・森 初世)

著者:森 初世

子育て歴8年目の2児の母。「ヨガ」「顔ヨガ」講師として産後より活動をスタートし「Lapure(ラープレ)」「ヨガスタジオ/Lapure」を主宰。定期レッスン他、企業やメディアなどで活躍。書籍『5年後も若いと言わせる顔ストレッチ~Smile Yoga』を上梓。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

他の記事を読む

子育ての記事

    ©camily 働くママとパパの仕事と育児をもっと自由に