camilyを便利に使おう

3つの質問に答えて、
自分にあった記事リストにしよう

会員登録はいりません

  • 1
  • 2
  • 3

2016年05月12日

これだから保育園ってありがたい!働くママの声4選

保育園は子供にとって一日の大半を過ごす場所。先生やお友達とどんなことをして過ごしているのか、預ける親にとっては気になるものです。

お迎えに行くと先生から「○○ちゃん、今日はお友達におもちゃを貸せました!」「○○君、しっかりスプーンを使って、ご飯を食べれました!」など、家では考えられない成長ぶりをみせてくれます。

あれもこれもやらなきゃ、しつけなきゃと奮闘中のママにとって、保育園側が一緒に子育てしてくれることで、ママの負担も減り助かることが、実はたくさんあります!

1、給食バンザイ!季節の食材でしっかり栄養管理

「とにかく食事の面で助かりました。栄養面でバランスのとれた給食が出るので安心です(Hさん)」

「なかなか家では食べられなかった食材も給食では残さず食べていて、野菜好きの子供になりました(Tさん)」

家ではワンパターンになりがちな食事ですが、保育園では、季節のいろいろな食材を使って、毎日野菜、タンパク質、炭水化物、と栄養をバッチリ管理してくれます。

2、ママのイライラ解放!トイレトレーニングはみんなで大成功!

「トイレトレーニングや箸の持ち方など、気の長くなるようなことを保育園で一緒にやってくれて悩まずにすみました!(Mさん)」

「保育園が布オムツを導入し、トイレトレーニングにも積極的だったので本人もやる気に。おかげで早めにオムツがとれました(Hさん)」

保育園では、2、3人のお友達がオムツが取れると、ほかのみんなも刺激を受けて、オムツが取れていく効果も。オムツからパンツになったお友達が、ちょっぴりお兄さん、お姉さんになったようで、うらやましいんでしょうね。

3、0歳からお友達いっぱい!遊びから学ぶ適応能力

「人見知りがひどく集団生活でなじめるか心配でしたが、今はお友達もたくさんできて保育園が大好きになりました(Iさん)」

「たくさんのおもちゃや、手遊び、歌、外遊びなど、家ではできない体験がたくさんでき、人間関係も自然と学んでいて嬉しい(Mさん)」

0歳児クラスから、お友達とのかかわり合いは少しずつ増えていきます。おもちゃを取り合ったり、「はいっ」って貸してあげたり、核家族ではなかなか味わえない、大家族のなかで、人間関係を学んでいきますね。

4、保育園は子供だけじゃない!ママにも強い味方!

「子供のことはもちろんですが、仕事で疲れ果ててお迎えに行った私に、『お母さんお疲れ様!今日も○○ちゃん元気でしたよ! 』と笑顔で励ましてくれて涙が出そうになりました。私が先生に救われた気持ちです(Oさん)」

「子供といったん離れて仕事することで、ずっと一緒にいた時期より子供にイライラせず愛情をもって接しられるようになりました(Aさん)」

「色々なことを相談できるママ友がとにかく財産! 保育園のお迎え時にすれ違って一言話すだけでも、気持ちがリフレッシュします(Mさん)」

集団生活で身につける協調性だけではなく、しつけや関わり方に悩むママにも、保育園の先生や、そこで出会ったママ友は大切なもの。たくさんの人と一緒に子育てをすることができ、子供だけでなく、働くママにとっても保育園は心強い存在です。(文・森 初世)

著者:森 初世

子育て歴8年目の2児の母。「ヨガ」「顔ヨガ」講師として産後より活動をスタートし「Lapure(ラープレ)」「ヨガスタジオ/Lapure」を主宰。定期レッスン他、企業やメディアなどで活躍。書籍『5年後も若いと言わせる顔ストレッチ~Smile Yoga』を上梓。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

他の記事を読む

復帰の記事

    ©camily 働くママとパパの仕事と育児をもっと自由に