camilyを便利に使おう

3つの質問に答えて、
自分にあった記事リストにしよう

会員登録はいりません

  • 1
  • 2
  • 3

2016年06月29日

【子どもの食育】農薬が子供に与える影響 構えずに付き合う方法。

なぜ無農薬野菜がいいの?手に入らないときはどうしたらいいのかその対処法も合わせてお伝えします。

農薬は人体に影響がないレベルを守って使われています

前回腸内環境と子供の情緒について書きましたが、その中で腸内環境を悪くする因子として農薬をあげました。 今では低農薬、無農薬のお野菜も出回っていますが、見た目の変わらない野菜、本当に高いお金を出す意味あるの?って思っていたママも多いはず。
農薬は悪い虫がつかないようにするために撒かれますが、使われる量は人体に影響がないレベルを守られているんですね。
その辺のラインはしっかりしているので、残留農薬が口に入ったから体調を崩すということはあまりないとは思います。

ただ、前回お話しした腸内細菌はその悪い虫と同じくらいまたはさらに小さな生体なんですよね。つまり、農薬がお腹に入って行った時に影響を受けてしまうんです。

でも腸内細菌は死んでしまうんです

腸内細菌は100兆以上いるといわれていますから、例えば善玉菌がひとつ死んでも私達は痛くも痒くもありません。でも、農薬が体に入り続けるとせっかく私達のために良い仕事をしてくれている腸内細菌の絶対数を減らしてしまうんですよ。

そうなると、長い目で見た時に、栄養の吸収が悪かったり、風邪をひきやすかったり、情緒が安定しなかったり、働くママにとっての心配やストレスの元がどんどん増えていってしまうんです。

オススメは宅配業者

今では便利な低農薬・無農薬の野菜の宅配業者がいっぱいあります。長い目で見た時の家族の心と体の健康のために、そういったものを使うのもいいですよね。

働くママにとって夕方仕事とお迎えの後のスーパーはなかなかのストレスですから、宅配業者をうまく使って楽できるなら一石二鳥。

無農薬野菜が手に入らない場合は?

私の地域にはないわとか、それでも高くて手が出ないという場合は、安いお酢を用意しておき、シンクにお水をためてそこに一割程度のお酢を混ぜて買って来た野菜や果物をつけておくと、残留農薬を流すことができます。流水でしっかり流すことで75%から80%の農薬を流せるとも言われています。

特に気をつけたい野菜や果物

特に残留農薬が多い野菜と果物はこちら

りんご、いちご、ぶどう、セロリ、ほうれん草、パプリカ、ネクタリン、きゅうり、ミニトマト、さやえんどう、じゃがいも

これらはできれば無農薬、もしくはよーく洗って食べたいですね。 個人的には、皮に栄養がぎゅぎゅっと凝縮されているし、皮ごとずぼらに料理したほうが時短になるので、皮をむく、以外の方法で農薬を避けて欲しいです。

まるごとかぶりつける野菜や果物を子供にあげたいですね。

(文・レシピ マーシャン祥子)

著者:マーシャン祥子

オーストラリア在住の2児の母でフランス仕込みの元シェフ。現在は子育てを楽にするフードコーチングをオンラインで展開しています。定期的に忙しいママの笑顔のための食育メール講座を配信中。安心、簡単、時短レシピとずぼら料理で子育てが楽になる無料講座のお申し込みはこちら⇒ http://eepurl.com/bINGlb

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

他の記事を読む

子育ての記事

    ©camily 働くママとパパの仕事と育児をもっと自由に