camilyを便利に使おう

3つの質問に答えて、
自分にあった記事リストにしよう

会員登録はいりません

  • 1
  • 2
  • 3

2016年07月15日

【子どもの食育】ほんのりと香るインフューズドウォーターで水分補給

水ってどれくらい飲めばいいの?

暑い夏は子供の脱水症状が心配ですね。喉が渇いた時ではもうすでに脱水気味になっているって知っていましたか?遊びに夢中になっていると子供はお水を飲むことさえ忘れてしまいます。
人間の体の70%は水分でできています。脳の働きにも代謝にも水分は欠かせません。大人は1日に最低2リットルのお水を飲むようにと言われています。子供は年齢や体重によって変わってきますが小さい子供ほど体重に対して必要な水分量が多くなります。特に暑い夏や運動をしている時は汗で水分を失うのではこまめにお水を飲むようにしましょう。

ジュースは水分と考えていいの?

ジュースは糖分が多い為、水分が補えても体に良い影響を与えません。糖分が多いと血糖値を下げる為にもっと水分が必要になってしまいます。
ミネラルウォーターが一番ですが、ほんのり香りのついたインフューズドウォーターは飲みやすく水分補給が進みます。
フルーツや野菜、ハーブを入れて香りと色を楽しみましょう。

オススメの組み合わせ

オススメの組み合わせ

オレンジ、ライム、ミント
いちご、レモン、ミント
きゅうり、レモン

1リットルのお水にオレンジ、ライム、レモンなら1個分、いちごなら5個くらいスライスして30分ほどおいておくと香りがお水につきます。ミントを何本か入れてもすっきりした香りに。
見た目も涼しげでかわいらしいので、いつも用意しておくと水分補給が楽しみになりますね。


カフェイン、アルコールに注意

大人の場合、水分で注意したいのがコーヒー、緑茶、紅茶などのカフェインの入った飲み物。これらは水分ですが、体内に取り入れたカフェインを排出しようとして逆に水分を奪われてしまうのです。
なので、これらを飲む時は同じ量のお水を飲んで補ってあげると良いでしょう。ルイボスティーやミントティーなどのハーブティーはカフェインが含まれないので、水分とカウントされます。
ちなみに、アルコールも排出するために水分を奪われてしまうので、暑い夏に喉が渇いたからとビールでぐいっというのは危険です。必ずお水と一緒に飲んでくださいね。

(文・レシピ マーシャン祥子)

著者:マーシャン祥子

オーストラリア在住の2児の母でフランス仕込みの元シェフ。現在は子育てを楽にするフードコーチングをオンラインで展開しています。定期的に忙しいママの笑顔のための食育メール講座を配信中。安心、簡単、時短レシピとずぼら料理で子育てが楽になる無料講座のお申し込みはこちら⇒ http://eepurl.com/bINGlb

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

他の記事を読む

生活の記事

    ©camily 働くママとパパの仕事と育児をもっと自由に