camilyを便利に使おう

3つの質問に答えて、
自分にあった記事リストにしよう

会員登録はいりません

  • 1
  • 2
  • 3

2016年10月05日

それって子供のストレスのサインかも。どう対処する?

ストレスは大人だけのものなのでしょうか?
言葉の意味こそ分からないだけで、どうやら「ストレス」は子供にもあるようです。
そういえば、かつて子供だった私たちにも身に覚えがありますよね。
つい見過ごしてしまいそうな「子供のストレス」についての話題です。

子供のストレスってどんなもの?

子供のストレスは、乳児期から存在しているそうです。乳児期には、暑い寒い、母乳やミルクのタイミング、抱っこのされ方など、親の作る環境によるものがメインとなります。
自覚の仕方や症状は年齢によって変化していきますが、ここでは幼児期に注目してみましょう。
幼児期のストレスは、トイレトレーニングや食事の躾、兄弟ができたことによるもの、親との関係、また保育園での人間関係にまで及びます。
大人と子供の違いは、ストレスをはっきり自覚できて、それを自ら意識的に解消しようと思えるかどうかの点です。
子供にはそれが出来ないからこそ、ストレスがサインとして表れるようです。
どんなサインがあるのでしょうか?

これがストレスのサインです

身体症状として分かりやすいのは「腹痛」です。
痛みだけではなく、下痢や便秘を繰り返す場合もあります。
また、嘔吐、おねしょ、だるさを訴える、ぜんそくやアトピー症状の悪化など。
小児科で診てもらっても原因が特定できない場合や、頻繁に繰り返す場合、それはストレスのサインかもしれません。
精神症状としては、イライラしていて反抗的、怒りっぽい、興味や関心が薄くなる、内向的になるなどが挙げられます。普段の性格と大きく傾向が異なってきたら要注意です。
行動に表れる場合は、爪を噛む、自分の髪の毛を抜く、ぐずる、泣く、食欲が落ちるなど。 「これはストレスに違いない」と思い込みで判断しては良くないと思いますが、ママの直感は当たることが多いので「あれ?」と思ったら、少し注意して様子を見てあげるといいですね。

対処法は?

さて、「もしかしたらストレスかもしれない…」と思った時にどうしたら良いのでしょうか?
話をゆっくり聞いてあげて、ストレスの原因を取り除くこと。これが出来るのが理想ですが、まだまだ上手く話せなかったり、話せるほど気持ちの整理がついていなかったりということもあるでしょう。また、仕事をしている私たちにとっては保育園を休ませるという選択は現実的に難しいこともあります。
そこで、短時間で簡単にできて、しかも親子で一緒に取り組めるストレス解消法を二つご紹介します。

1.夜の散歩で気分転換


保育園から帰ってきて夜ご飯を食べたら、思い切って夜の散歩に出かけます。
月や星を観察してもいいし、近くのカフェでお茶して帰ってきてもいいかもしれません。
いつものパターンを崩すことがポイントです。子供は非常に興奮して喜び、いつもよりたくさん、精一杯のおしゃべりをしてくれます。

2.ひたすら破く


新聞紙や広告紙を用意して「スタート!」
ママも一緒に全部ビリビリに細かく破ります。
普段「いけない」とされているはずの散らかすことや破くことを、完全にOKにすることがポイントです。はじめは(本当にいいの?)とお子さんは戸惑うかもしれませんが、ママが楽しんで一緒にやることでその不安は消えます。
終わった後の片付けは、ビニール袋をひとつ用意し、全部そこに集めて捨てるだけです。
そんな事で?と思いそうな二つの方法ですが、大人だってストレス解消には、あれこれ考えずに体を動かしてみたり、決まったパターンから外れてみたり、というアプローチをするものです。子供にも同じ効果があるのではないでしょうか。
そして、ママの中にも「こうでなければいけない」という思い込みがあり、気付かないうちに自分のストレスとなっていることもあるかもしれません。
一緒になってこの時間を楽しみ、2人の間に新しい関係が見えてきたら素敵ですね。

(文・亀山  美千代)

著者:亀山 美千代

ナレーター、MC、朗読家。「自分の存在と表現で人を幸せにする」が人生のテーマ。2児の子育てをしながら、フリーで活動中。心と美味しいものを探求するヨクバリな生き方はこちらで公開中。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

他の記事を読む

子育ての記事

    ©camily 働くママとパパの仕事と育児をもっと自由に