camilyを便利に使おう

3つの質問に答えて、
自分にあった記事リストにしよう

会員登録はいりません

  • 1
  • 2
  • 3

2016年09月23日

どうすればいい?子ども靴の選び方

同じサイズの靴でも、子どもの肉付きで、きつかったり脱げやすくもあるもの。
「足長」「足幅」「足囲」をきちんと計り成長段階にあった靴を選ぶようにしましょう。
かかとで足を合わせ、中で指が自由に動き、踵と甲がしっかりしていて、指の付け根のところが曲がって蹴り出しができるものにしましょう。
そんな基準を満たしていて、先輩ママたちに人気のメーカーの靴の特徴と評判を調べてみました。

有名ブランド☆ミキハウス

出典:mikihouse.jp

お祝いでいただくことも多い、ミキハウス。
少しお高いですが、それ相応の満足機能があるようです。
シンプルなデザインは洋服を選ばず、子どもらしいかわいさがあると評判です。
マジックテープのベルトは大きくて、だっこしながらでも履かせやすいです。
ともかく軽くて柔らかい!との声をよく聞きます。
細かい縫い目など製法も丁寧ですね。
つま先が反り返っていて、よちよち歩きのベビーでも、底転びにくいという声が多数!
たっちからあんよのベビーにはぴったりのようです。
ただ柔らかいがゆえに、だめになるのも早いようでこまめにチェックが必要ですね。

コスパがいい☆イフミー

出典:/ifme.jp

日本の子ども靴専門メーカー。
お値段がお手頃で色やデザインがかわいらしい!という声が多いイフミー
。 周りの保育園キッズは履いている子が多いですね。
多いのにデザインがかぶらないという種類の多さがすごい。
早稲田大学スポーツ科学学術院といっしょに研究開発していて、駆け回るキッズでもつま先補強やムレ防止など、
元気なキッズの足までサポートしてくれます。
小さなベビーにも開口部が大きく開いて戻ってこない、履かせるのがとっても楽!というのはどのママからも絶賛です。
インソールが左右色が違ったり、かかとに引っ張るストラップがついているのも自分で履きたいキッズに嬉しい工夫。
また足にフィットする凹凸が土踏まずの形成を助けてくれます。
ただ高さが若干低めと幅広とのことで、やせ形のお子さんでは脱げやすいかもしれません。

おしゃれ親子に見えるかな?☆ニューバランス

出典:newbalance.co.jp
言わずとしれたシューズメーカー
今大人靴でも人気のスニーカー。
親子おそろいコーデもできてしまいます。
踵がしっかりしているので、しっかり踏みしめて走って遊ぶキッズに安心。
インソールが外して洗えることや、
人間の細胞膜と同じ成分でできたMPC(R)加工を採用。吸汗・速乾性に優れていて、子どもの足を優しく清潔に保ってくれます。
個人的にもよく使いましたが、一番丈夫でしたね。
ただ甲が高いお子さんだと入りにくい、との声も見受けられます。
ひもがついているタイプの靴がありますので、きちんと高さを合わせてあげたいですね。

(文・川里 富美)

著者:川里 富美

ネイリストや保険会社、広告代理店勤務などを経て産後DTPの仕事をしながら、ママ支援の活動団体「ライオンハウス」を設立。もっと多くのママに笑顔を、の思いから2013年保育やフリースペース付きネイル&リンパサロン「ハクナマタタ」をオープン。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

他の記事を読む

子育ての記事

    ©camily 働くママとパパの仕事と育児をもっと自由に